飲茶フェア 休暇村南淡路ランチビュッフェ

スポンサーリンク

ランチビュッフェ「飲茶フェア」が開催されます。淡路島南西部にあるリゾートホテル「休暇村南淡路」で、毎年好評の中華メニューなど約40種類が並ぶビュッフェとなります。

小高い丘に建つホテルから、福良湾のオーシャンビューを眺めながら、優雅に点心とお茶でランチタイムを過ごせます。オープンキッチンでは焼きたて「淡路ポークのグリル」が登場します。

ランチビュッフェ「飲茶フェア」の開催期間は2020年2月1日(土)から3月31日(火)までの2カ月間です。開催時間は11時30分から13時30分までの2時間となります。

料金は大人1650円、小学生1100円、幼児4歳以上770円となります。

スポンサーリンク

飲茶フェアの基本情報

提供期間2020年2月1日(土)~3月31日(火)
提供時間11:30~13:30
休業日毎週火曜日(祝日を除く)
提供場所休暇村南淡路 2階レストラン
参加料金大人1650円、小学生1100円、幼児4歳以上770円
住所〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙870-1
電話0799-52-0291
公式サイトhttps://www.qkamura.or.jp/awaji/
座席数約150席(テーブル席)
駐車場約100台(普通車)
駐車料金無料
アクセス神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約20分

飲茶フェアの内容

2020年2月1日(土)から3月31日(火)まで、兵庫県南あわじ市にあるリゾートホテル「休暇村南淡路」の2階レストランで、毎年好評のランチビュッフェ「飲茶フェア」が開催されます。

肉しゅうまい、海老ニラまんじゅう、蒸し餃子、野菜春巻き、麻婆豆腐、胡麻団子、数種類の点心など飲茶・中華のメニューをはじめ、和食・洋食約40種類が並びます。

オープンキッチンでは焼きたて「淡路ポークのグリル」が登場します。淡路島玉ねぎを使用したスープ、グラタン、チキングリル、海鮮マリネなどもあります。

点心と相性の良い温かいウーロン茶、ジャスミンティーなどが用意されています。

デザートコーナーでは、3種のアイスやチョコフォンデュ、ケーキ、フルーツなどが提供されます。チョコフォンデュなどのデザートも充実しています。

休暇村南淡路のホテルは、港町福良の小高い丘に建っています。大きな窓から福良湾のオーシャンビューを眺められます。優雅に点心とお茶でランチタイムを過ごせます。

なお、飲茶(ヤムチャ)は、中国茶を飲みながら点心を食べる習慣です。中国の広東省、香港、マカオを中心に行われていました。チャイナタウンをはじめ、国内の一部ホテルの朝食で行われています。

味の濃い点心と中国茶などのお茶は相性が良い組み合わせとされています。消化を促進する作用があります。その他、中華メニューなど余分な油分の吸収を阻害する効果的な手段で知られています。

ランチビュッフェ「飲茶フェア」の開催時間は、11時30分から13時30分までの2時間制となります。料金は大人1650円、小学生1100円、幼児4歳以上770円となります。

なお、平日割引では、水曜日がレディースデーとして女性300円割引、木曜日が感謝デーとして全員200円割引、金曜日がシニアデーとして50才以上300円割引となります。

また、ランチビュッフェとセットで泉入浴を利用すると、温泉入浴が大人300円(通常料金820円)、小人300円(通常料金510円)で利用できます。

飲茶フェアの会場

ランチビュッフェ「飲茶フェア」が開催される会場は、リゾートホテル「休暇村南淡路」です。淡路島南あわじ市の南西端の瀬戸内海国立公園内となる高台にあります。

館内のあらゆる場所から、鳴門海峡と大鳴門橋、福良湾の2つのオーシャンビューの絶景が楽しめます。観潮船や漁船が航行している福良湾や大鳴門橋が架かる鳴門海峡が望めます。

客室は、福良湾が一望できる洋室ツイン(バス付き)、福良湾側と鳴門海峡側にある洋室ツイン、ゆとりのある和室10畳があります。全室禁煙です。トイレ洗面付き洋室と和室、バストイレ付き洋室があります。

料理は、淡路島の旬の新鮮食材を堪能できる会席料理と、ご当地グルメがいっぱいのビュッフェから選択できます。会席ではは、春の天然桜鯛、夏のハモ、冬のフグなど季節の特別味覚コースがあります。

温泉は、大きな窓の展望大浴場と露天風呂があります。鳴門海峡が眺められる美しい眺望が自慢です。ジャグジーも楽しめます。休暇村の温泉「潮騒の湯」は療養泉として知られる南淡温泉が源泉となります。

淡路島で唯一の天文台となる展望台ポラリスがあります。星空案内人「星のソムリエ」によるスターウォッチングを毎晩開催しています。直径400ミリの大型望遠鏡で天体観測を楽しめます。

目の前に福良湾が広がる開放的なシーサイドオートキャンプ場があります。2016年10月にリニューアルして芝のオートサイトとなりました。

飲茶フェアのアクセス

ランチビュッフェ「飲茶フェア」が開催される淡路島南あわじ市にあるリゾートホテル「休暇村南淡路」へのアクセスは、自動車のみとなります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

神戸方面からお越しの場合

神戸方面がらお越しの場合、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。西淡三原インターチェンジから車で約20分で休暇村南淡路に到着します。

西淡三原インターチェンジの出口を左折します。県道31号線を進みます。八幡交差点を右折します。国道28号線を進みます。福良交差点を右折します。

Hotel & Resorts MINAMIAWAJIの入口を通過して左折します。坂道を下ります。突き当たりを右折します。道なりに約1キロ進むと休暇村南淡路に到着します。

徳島方面からお越しの場合

神戸方面がらお越しの場合、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジから下ります。淡路島南インターチェンジから車で約15分で休暇村南淡路に到着します。

淡路島南インターチェンジの出口を左折します。県道25号線を進みます。ジグザグとアップダウンを進みます。しばらく進むと左折する道があります。

坂道を下ります。突き当たりを右折します。道なりに約1キロ進むと休暇村南淡路に到着します。

飲茶フェアの周辺の観光スポット

ランチビュッフェ「飲茶フェア」が開催される淡路島南あわじ市にあるリゾートホテル「休暇村南淡路」の周辺の観光スポットは、うずしおクルーズ、淡路人形座、道の駅うずしおとなります。

うずしおクルーズは、淡路島南あわじ市にある福良港から出港する大型遊覧船です。世界三大潮流の一つに数えられる鳴門海峡で発生する世界最大のうずしお「鳴門の渦潮」を周遊します。

川のように流れ込む潮流と、直径20メートルの渦の迫力を間近で体験できます。快適なクルージングは、自然が作り出す美しさと潮風の心地よさを感じる約1時間の海上散歩となります。

うずしおクルーズ 淡路島の観潮船
うずしおクルーズは、淡路島の観潮船です。世界三大潮流の鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験できます。兵庫県南あわじ市の道の駅福良から出港します。所要時間が約1時間のクルージングとなります。 500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船と...

淡路人形座は、重要無形民俗文化財に指定される淡路人形浄瑠璃を上演する劇場です。淡路人形浄瑠璃は、淡路島で約500年の歴史を誇る伝統芸能です。人情の機微を謳い哀歓の人間模様が演じられます。

3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居は、江戸時代に文化の華ともてはやされました。世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させた古典芸能となります。

https://kankouawaji.com/awajiningyoza/

道の駅うずしおは、淡路島の南西端の渦潮岬にある道の駅です。世界三大潮流である鳴門海峡の絶景を眺められます。グルメでは、全国1位の淡路島バーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」が食べられます。

玉ねぎチェアや玉ねぎツリー、玉ねぎソフトや玉ねぎ自販機などがあります。土産では、玉葱ドレッシングや玉ねぎスープがあります。自転車やバイクで淡路島一周する通称「アワイチ」の休憩地点で人気です。

道の駅うずしお 淡路島で鳴門海峡の絶景とご当地グルメとお土産
道の駅うずしおは、淡路島の南西端の鳴門岬にある道の駅です。世界三大潮流の鳴門海峡の絶景を眺められます。グルメでは、全国1位の淡路島バーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」が食べられます。 玉ねぎチェアや玉ねぎツリー、玉ねぎソフトや玉...