ハロウィンを楽しもう 淡路島国営明石海峡公園

自然・体験

ハロウィンを楽しもうが開催されます。国営明石海峡公園の庭園や屋内で、ハロウィンをイメージしたフォトスポットが登場します。お化けカボチャ、オモチャかぼちゃなど約215個が飾られます。

庭園では、ハロウィンをイメージした寄せ植え、花壇と花車など、秋の花とハロウィンが楽しめます。ビジター棟では、ハロウィンの館となります。仮装用のマントの無料貸出のサービスもあります。

ハロウィンを楽しもうの開催期間は、2021年10月1日(金)から10月31日(日)までとなります。開催場所は、ビジター棟2階、花の丘道、タコトピアリー、レストラン花屋敷などです。

ハロウィン 明石海峡公園

ハロウィンを楽しもう

2021年10月1日(金)から10月31日(日)まで、兵庫県淡路市にある国営明石海峡公園で「ハロウィンを楽しもう」が開催されます。園内各所にハロウィンのフォトスポットが登場します。

園内各所にハロウィンスポットができました。ビジター棟は、ハロウィン一色に!ビジター棟2階の多目的ホールが「ハロウィンの館」になりました。

淡路島国営明石海峡公園

約40ヘクタールの広大な敷地のあちこちに合計215個の大小様々なカボチャが飾られます。ハロウィンムードを満喫できるインスタ映えする記念写真が撮影ができるフォトスポットが登場します。

直径50センチを越える大きな「お化けカボチャ」のアトランティックジャイアントから、直径5センチの「おもちゃカボチャ」を繋いだリースまで、模様や形の異なる多種多様なカボチャが見られます。

かぼちゃの色も、オレンジ色から黄色、茶色と色とりどりで鮮やかな色彩で秋の花々に映えます。

ハロウィンをイメージした寄せ植えや、ハロウィンがテーマの花壇と花の荷車など、園内の各所にフォトスポットがあり、秋の花に彩られた庭園を散策しながら、ハロウィンの記念撮影ができます。

ビジター棟は、全体がハロウィン一色です。2階の多目的ホールは「ハロウィンの館」となります。ハロウィンのフォトスポットが登場します。仮装用のマントなどの無料貸出のサービスもあります。

なお、期間中は秋のキャンペーン「秋のカーニバル」が開催されています。秋の花が咲く時期に合わせて、期間中の土日祝は楽しいイベントが企画されます。

フォトスポット

ハロウィンのフォトスポットは、タコピアリー周辺、レストラン花屋敷周辺、花の丘道周辺、淡路口ゲート周辺、ビジター棟2階などがあります。

レストラン花屋敷周辺は、ハロウィンフォトスポットが登場しました。東浦口ゲートを入って左手にあるレストラン花屋敷を取り囲む芝生周辺の花壇となります。タコトピアリーの花花壇もあります。

2つの大きなアトランティックジャイアントに挟まれた台座の花飾りの上には、ジャック・オー・ランタンが装飾されています。紫と白のお花が添えられてハロウィンの雰囲気を醸し出しています。

花の道周辺は、沿道にハロウィンフォトスポットが登場しました。タコトピアリーの花飾りからポプラの丘に向かう両サイドにたくさんの花壇が植えられた歩道にあります。

1つ目のロータリー花壇には、大きなジャック・オー・ランタンが2つに、中央上段ににリーフの花飾り、カボチャに合わせたオレンジ系統の花々に彩られています。大きなダリアも見ごたえがあります。

2つ目の連絡口ゲートにあるロータリー花壇には、黄色に赤色、橙色に紫色とカラフルなハロウィンの花の荷車が登場しています。リーフやカボチャなどの配置とともにピンクのダリアも飾られています。

淡路口ゲート周辺は、大きなハロウィンポットが登場しています。ジャック・オー・ランタンにほうき、リーフに秋の装飾が施されたハロウィンボードが登場しています。

カボチャが並べられたハロウィンベンチやハロウィン花壇、ジャック・オー・ランタンの花壇にダリアの花壇が配されており、家族の記念写真にはおすすめのスポットとなります。

ビジター棟2階は、子供におすすめのハロウィンスポットが登場しています。大きなエアの三段重ねのジャック・オー・ランタンが目を引きます。スケルトンとお化けの飾りも可愛いです。

ハロウィンの魔女帽子や黒マントなどの仮装用のグッズが無料で貸し出しを行っています。子供たちが帽子やマントを着用すると、まるでハロウィンの世界に飛び込んだかのような写真が撮影できます。

他の花の見頃情報

他の花の見頃情報として、フヨウ・スイフヨウ・サルビア・ケイトウ・パンパスグラス・ハギ・タカノハススキ・花火鳥の花飾り・タコトピアリーの花飾りなどが見頃となります。

コスモスは、10月上旬からポプラの丘で1万8700株と大地の虹北花壇で1万9000株、10月中旬から大地の虹南花壇で1万2600株のコスモスが見頃です。11月上旬まで楽しめます。

ダリアは、10月上旬から陽だまりの丘で24品種約8000株が見頃となります。赤色、黄色、白色、ピンク色などカラフルで華麗で豪華で色鮮やかに咲きます。11月中旬まで楽しめます。

フヨウは、花の丘道周辺で見頃です。ハイビスカスの仲間でピンクと白の大きなお花が咲きます。10センチから15センチの大輪の花を咲かせます。朝方に咲いて夕方にしぼむ一日花です。

スイフヨウは、ポプラの丘周辺で見頃です。一日の咲き始めは白色で時間の経過でピンク色に色変わりします。白色から紅色へとほろ酔い顔になります。お酒を飲み顔色が変わる様子を例えています。

サルビア・レウサンカは、花の丘道周辺で見頃です。紫色でフワフワしたお花です。サルビア・インディゴスパイヤも見頃です。青紫色のお花が咲きます。ケイトウ(鶏頭)も見頃です。花穂が綺麗です。

パンパスグラス(シロガネヨシ)は、移ろいの庭周辺で見頃です。細い葉と高く伸びた大きな白い穂が特徴です。ハギ(萩)も見頃です。枝垂れるように赤紫色のお花が咲きます。

タカノハススキ(鷹の羽薄)が見頃です。長く伸びた穂で、葉には白色の縦じまや横じま模様が入ります。ランタナも見頃です。オレンジ色から赤色へ色変わりします。

花火鳥は、大地の虹の南花壇で見頃です。赤と黄色に鮮やかに紅葉したカラーリーフのアキランサスで装飾されています。花火鳥周辺には、ピンク色紫色の星型をした可愛い花のペンタスが咲いています。

タコトピアリーは、東浦ゲート前で見頃です。赤い胴体にピンクの鉢巻で花飾りで装飾しています。タコトピアリー周辺には、オレンジ色と黄色で大きなお花のアフリカンマリーゴールドが咲いています。

なお、コスモスは10月上旬からポプラの丘で1万8700株と大地の虹北花壇で1万9000株、10月中旬から大地の虹南花壇で1万2600株のコスモスが見頃です。11月上旬まで楽しめます。

また、ダリアは10月上旬から11月中旬まで陽だまりの丘で24品種約8000本が見頃です。

詳細・基本情報

  • 見頃期間:2021年10月1日(金)~10月31日(日)
  • 見頃場所:淡路島国営明石海峡公園 ビジター棟2階
  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000
  • 公式サイト:https://awaji-kaikyopark.jp/
  • 開園時間:10月9:30~17:00、11月9:30~16:00
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、小中学生無料
  • 駐車場:淡路夢舞台地下駐車場(500台)、淡路口駐車場(240台)
  • 駐車料金:普通500円、二輪100円(レストランとショップの利用で無料券配布)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました