野鳥会(秋)淡路島公園

スポンサーリンク

野鳥会(秋)が開催されます。淡路島北東部にある淡路島公園で、初秋の美しい公園を散策しながらバードウォッチングを楽しむイベントになります。季節毎に年4回の恒例の観察会となっています。

日本野鳥の会ひょうごの講師が、鳥に関する楽しいお話や知らない豆知識、生態などの解説をしながら案内します。初めての方でもお気軽に楽しく参加できるイベントとなっています。

秋の野鳥会では、ヒヨドリ、ウグイス、ホウジロ、コサメビタキからサシバなど渡り鳥まで、たくさんの野鳥を観察することができます。自然豊かな公園で、野鳥の写真撮影やイラスト模写なども可能です。

夏野鳥会(秋)の開催日時は、9月22日(日)の9時から12時までとなります。参加料金は1人300円です。事前申込制となっています。定員30名の先着順で定員になり次第終了となります。

スポンサーリンク

野鳥会(秋)の基本情報

  • 開催場所:兵庫県立淡路島公園
  • 集合場所:淡路ハイウェイオアシス オアシス館前
  • 開催日時:9月22日(日)9:00~12:00(雨天中止)
  • 開催住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 電話番号:0799-72-5377(管理事務所)
  • 定員人数:30名(先着順)
  • 参加料金:300円(日本野鳥の会100円、大学生以下無料)
  • 持ち物:双眼鏡・飲料水
  • 参加申込:電話、メール、FAXで要事前申込
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分
  • 最寄り駐車料金:F駐車場(無料)

野鳥会(秋)の申込方法

野鳥会(秋)に参加するための申込方法は、電話とFAX、メールとなります。参加を希望される方は、名前、住所、電話番号、大人と子供の人数を、淡路島公園の管理事務所まで連絡することになります。

なお、募集期間は、8月19日(月)から9月21日(土)までとなります。定員は30名で先着順となります。受付は、定員になり次第終了となります。

  • 募集期間:8月19日(月)~9月21日(土)
  • 定員人数:30名(先着順)
  • 電話番号:0799-72-5377
  • FAX番号:0799-72-5378
  • メールアドレス:info_awajishima@hyogopark.com

野鳥会(秋)の内容

9月22日(日)の9時から12時まで、淡路島北東部にある兵庫県立淡路島公園で、野鳥会(秋)が開催されます。初秋の美しい公園を散策しながらバードウォッチングを楽しむイベントになります。

野鳥会は、春・夏・秋・冬の季節毎に年4回の恒例の観察会となります。1年を通じて多くの野鳥が観察できる公園で、初めての方でもお気軽に楽しく参加できるイベントとなっています。

集合場所は、淡路ハイウェイオアシスのオアシス館となります。動きやすい服装と歩きやすい靴を用意することになります。また、双眼鏡と飲料水などは、各自で準備することになります。

日本野鳥の会ひょうごの講師が引率することになります。鳥に関する楽しいお話や知らない豆知識、生態などの解説をしてくれます。自然豊かな公園を歩きながら案内します。

秋の野鳥会では、たくさんの野鳥を観察することができます。普段の日常で見ることができない貴重な鳥を観察したり、鳴き声を視聴したりしながら自然と動物の共生を感じる体験となります。

これまで、同時期に観察された野鳥は、ヒヨドリ、ウグイス、ホウジロ、コサメビタキ、メジロ、スズメ、チョウゲンボウ、トビ、サシバ、ノスリ、キジバト、コゲラ、コシアカツバメなどがあります。

自然のままの公園で、野鳥の写真撮影やイラスト模写なども可能です。

夏野鳥会(秋)の開催日時は、9月22日(日)の9時から12時までとなります。参加料金は1人300円です。事前申込制となっています。定員30名の先着順で定員になり次第終了となります。

野鳥会(秋)の公園

野鳥会(秋)が開催される淡路島公園は、淡路島北部の丘陵地の約150ヘクタールという広大な敷地を誇る兵庫県立公園です。豊かな自然と楽しい遊具で楽しめます。

淡路サービスエリアから直接アクセスできます。入園料が無料です。

2017年7月にアニメパーク「ニジゲンノモリ」が誕生しました。現在では、淡路島の自然とアニメ・ゲーム・漫画・絵本など二次元コンテンツを融合した世界を満喫できるテーマパークとして人気があります。

広大な敷地は、「淡路ハイウェイオアシスゾーン」、「森のゾーン」、「交流ゾーン」という3つで構成されています。淡路ハイウェイオアシスゾーンは、オアシス館を中心にレストランやカフェ、物産店があります。

森のゾーンには、自然がそのまま残されており、桜やアジサイなど四季折々の花々が咲き誇ります。展望広場は一番の絶景スポットです。交流ゾーンには、木の遊び場や森の遊び場など多くの遊具で楽しめます。

野鳥会(秋)のアクセス

野鳥会(秋)が開催される淡路島公園のアクセスは、会場の芝生広場を目指すことになります。淡路島公園 芝生広場の交通手段として、交通手段として、自動車、高速バス、高速船と3つの手段があります。

また、高速バスと高速船の場合は、最寄り駅からニジゲンノモリ(淡路島公園)のF駐車場まで無料のシャトルバスが運行しています。自動車の場合は、芝生広場の最寄り駐車場となるF駐車場となります。

自動車の場合

自動車の場合は、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから下ります。淡路インターチェンジから約3分で淡路島公園(ニジゲンノモリ)のF駐車場に到着します。

  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425-2
  • 電話:0799-64-7061(受付時間:平日10:00~18:30)

高速バスの場合

高速バスの場合、ニジゲンノモリ(淡路ハイウェイオアシス)に直行するナルトラッピングバス「かけはしNARUTO号」があります。三ノ宮駅、新幹線の新神戸駅、JR大阪駅、JRなんば駅(湊町バスターミナル)、神戸空港、大阪(伊丹)空港からニジゲンノモリ(淡路ハイウェイオアシス)に直行します。

この他、三ノ宮駅、JR舞子駅、新幹線の新神戸駅、大阪阪急3番街から高速バスで淡路インターチェンジのバス停で降車して、ニジゲンノモリの無料シャトルバスを利用する方法があります。

本四海峡バス・西日本JRバス

ナルトラッピングバス「かけはしNARUTO神戸号」(2往復/日)

  • 神戸空港ーニジゲンノモリ(所要時間80分、運賃870円)
  • 新神戸駅ーニジゲンノモリ(所要時間55分、運賃670円)
  • 三ノ宮駅(三宮バスターミナル)ーニジゲンノモリ(所要時間40分、運賃670円)
  • 高速舞子ーニジゲンノモリ(所要時間10分、運賃410円)

ナルトラッピングバス「かけはしNARUTO大阪号」(3往復/日)

  • JRなんば駅(湊町バスターミナル)ーニジゲンノモリ(所要時間115分、運賃1,250円)
  • 大阪駅(大阪駅JRバスターミナル)ーニジゲンノモリ(所要時間85分、運賃1,250円)
  • 大阪空港(伊丹空港)ーニジゲンノモリ(所要時間60分、運賃1,150円)

※上記のほか、新神戸駅、三宮駅から運行する「かけはし号」で淡路インターチェンジのバス停で降車して、ニジゲンノモリの無料シャトルバスを利用する方法があります。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー淡路インターチェンジ(所要時間40分、運賃670円)
  • 高速舞子ー淡路インターチェンジ(所要時間10分、運賃410円)
  • 学園都市駅ー淡路インターチェンジ(所要時間20分、運賃460円)
  • 大阪阪急3番街ー淡路インターチェンジ(所要時間70分、運賃1,250円)

高速船の場合

高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港からニジゲンノモリ(淡路島公園)までは無料シャトルバスが運行しています。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)
ニジゲンノモリ(淡路島公園)
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!