淡路島キッズバイクレース イングランドの丘

淡路島でキッズバイクレース「LAGP2019 Awaji Round」が開催されます。淡路ファームパーク イングランドの丘で、全国各地でレースを開催するLAGPが主催する大会です。キッズバイクは、ブレーキとペダルのない幼児用乗用玩具で、バランス感覚や身体能力が向上すると人気です。レースは2才から10才未満が対象です。年齢別にクラスを分けて、オンロード特設コースで行われます。上位入賞者にはトロフィーと盾とメダルが授与されます。

淡路島でキッズバイクレースの開催日時は、2月24日(日)の8時から16時までとなります。開催場所は、淡路島の淡路ファームパーク イングランドの丘の特設コースとなります。

淡路島でキッズバイクレースのエントリー受付は、1月21日から2月16日までとなります。エントリー料金は3000円となります。なお、当日エントリー料金は4000円となります。

なお、淡路島のキッズバイクレース「LAGP2018 Awaji Round」は、昨年の7月8日に初開催を予定しておりましたが、西日本を中心に大雨警報や土砂災害の影響から中止となっていました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

淡路島キッズバイクレースの基本情報

  • 開催名称:LAGP2019 Awaji Round
  • 開催場所:淡路ファームパーク イングランドの丘 駐車場の特設コース
  • 開催日時:2月24日(日)8:00~16:00
  • 開催住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • レースに関するお問合せ:090-6971-0009(10:00~17:00)LAGP
  • 会場に関するお問合せ:0799-43-2626(10:00~17:00)イングランドの丘
  • 入園料金:大人(中学生以上)800円、小人(4歳~小学生)400円、3歳以下無料
  • 駐車料金:無料(1000台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分、西淡三原ICから車で約15分
  • 乗り物・アトラクションの料金:別途必要です。

淡路島キッズバイクレースのエントリー方法

淡路島キッズバイクレース「LAGP2019 Awaji Round」のエントリー期間は、1月21日から2月16日までとなります。エントリーは先着順となります。人数に達しますと早期に締め切りとなります。

エントリー方法は、公式ホームページのエントリーフォームに記入して送信すると先着順でエントリーが確定となります。エントリー完了日後、3日以内に決済が必要となります。

キャンセルは、エントリーフォーム送信後の3日以内だけ受付できます。それ以降はいかなる理由があってもキャンセルできません。また、エントリーが確定するとクラスの修正はできません。

淡路島キッズバイクレースの内容

2月24日(日)の8時から16時まで、淡路島の淡路ファームパーク イングランドの丘で、キッズバイクレース「LAGP2019 Awaji Round」が開催されます。全国各地でレースを開催するLAGPが主催です。

キッズバイクは、ブレーキとペダルのない幼児用乗用玩具です。子供が自分の足で蹴りながら、自分の手で操りながら走ります。歩き始めた頃の子供のバランス感覚や身体能力が向上すると人気です。

キッズバイクレースは、子供が夢中になるスポーツとして、子供の成長を感じられる場所として、家族の思い出作りできる機会として、最近注目されています。

マスコットキャラクターで子供に人気の「ぱんだちゃん」が登場します。顔の出ている着ぐるみを着た女性がレースの進行役を行います。楽しく明るく爽やかな会場となることでしょう。

キッズレースでは、最大で、のべ180人が表彰対象となります。子供が喜ぶ副賞も用意されています表彰されるチャンスが多いことから、子供が初めて表彰される機会となるかもしれません。

淡路島でキッズバイクレースのエントリー受付は、1月21日から2月16日までとなります。エントリー料金は3000円となります。なお、当日エントリー料金は4000円となります。

参加資格

参加資格は、キッズバイクの操作を自分で行えること、コースを自分で完走できることが条件です。年齢制限は、2歳から10歳未満の男女となります。

必要道具

キッズバイクには、必要道具として、キッズバイク本体、ヘルメット、プロテクター(肘用と膝用)、グローブ(軍手や手袋でも可)、スニーカー(サンダルやクロックスなどは不可)となります。推奨道具として、長袖長ズボンやスパッツなどがあります。

キッズバイクの車両は12インチ以下となります。ブレーキ付きのバイクでも可能です。

クラス分け

レースは、年齢別と男女別でクラスを分けて行われます。2歳クラス男女、3歳クラス男女、4歳クラス男女、5歳クラス男女、6歳クラス男女、オーバークラス男女の12クラスです。

エントリーがクラスで10人以上の場合は、予選、敗者復活、準決勝、決勝の順にレースが行われます。勝ち上がり方式で順位を決定します。エントリーが少ない場合は、順位決定戦となり、全員で3回走って3回の合計ポイントにて順位を決定します。

表彰

表彰は、各クラスの上位入賞者にトロフィーと盾とメダルが授与されます。

コース

コースは、イングランドの丘の駐車場でオンロード特設コースです。

保険

キッズバイクレースは、損保ジャパン日本興亜株式会社のレクリエーション損害保険に加入しています。エントリーした全員の参加費に含まれています。万が一、怪我をされた場合は適用されます。

キッズバイクの概要

キッズバイクとは、ブレーキとペダルのない幼児用乗用玩具です。バイクに乗って自分の足で地面を蹴りながら走ります。ランバイク、ランニングバイク、バランスバイクとも呼ばれています。

キッズバイクは、2歳前後から乗ることが可能です。幼児用の乗り物といえば、三輪車が主流でした。最近は、三輪車に比べて軽量で、子供が自分で車体をコントロールできるキッズバイクが人気です。

キッズバイクに乗るとバランス感覚が養われるために、補助輪なしの自転車に早く乗れるようになります。

これまで、補助輪なしの自転車に乗れるようになる平均的な年齢は5歳から6歳といわれていました。キッズバイクに乗っている子供は、早いと3歳程度で乗れるようになります。

歩き始めた子供が、キッズバイクを体験すると自然に乗れるようになるともいわれています。乗り始めた直後から、乗る楽しさが実感しやすく、扱いやすく夢中になることから上達するそうです。

キッズバイクは、足を使ってたくさん走ることで、バランス感覚をはじめ、体幹、脚力、腕力、体力、精神力、判断力などスポーツに必要となる身体能力を高めることができます。

キッズバイクは、全国各地でレースが開催されています。初心者向けのレースから、上級者向けのレースまであります。2歳から8歳までの子供であれば、誰でも参加することができます。

小さな子共が走って乗りながらる楽しむキッズバイクは、親子で一緒に楽しめるスポーツです。公園や広場で一緒に出かけたり、レースに出場したり、子供が夢中になる時間を共有できます。

 

淡路島キッズバイクレースのアクセス

淡路島でキッズバイクレース「LAGP2019 Awaji Round」が開催されるイングランドの丘へのアクセスは、自動車もしくは高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、高速道路の神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、最寄りのインターチェンジが異なります。

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合は、神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターチェンジから下ります。車で約15分でイングランドの丘に到着します。

  • 住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話:0799-43-2626
  • 駐車場:無料(普通車1000台)

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合は、神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。車で約15分でイングランドの丘に到着します。

  • 住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話:0799-43-2626
  • 駐車場:無料(普通車1000台)

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅に直結する神戸三ノ宮駅もしくはJR舞子駅に直結する高速舞子駅から発車しています。洲本インターチェンジで降車します。洲本インターチェンジから淡路交通の路線バスに乗り継ぎます。イングランドの丘で降車します。接続時間が合わない場合もあります。事前に時刻表をご確認ください。

高速バス(淡路交通バス・神姫バス)

  • 三ノ宮駅ー洲本インターチェンジ(所要時間65分、乗車料金1800円)
  • 高速舞子駅ー洲本インターチェンジ(所要時間45分、乗車料金1500円)

路線バス(淡路交通バス)

  • 洲本インターチェンジーイングランドの丘(所要時間15分、乗車料金380円)

淡路島キッズバイクレースの会場

淡路島でキッズバイクレース「LAGP2019 Awaji Round」が開催されるイングランドの丘は、イギリス湖水地方をテーマにした、動物施設と植物施設と農業施設がドッキングした淡路島の自然いっぱいのファームパーク(農業公園)です。甲子園球場14個分という広大な敷地は、「イングランド」エリアと「グリーンヒル」エリアに分かれています。無料シャトルバスで往来しながら自然が満喫できます。

淡路ファームパーク イングランドの丘 淡路島で動物と植物と農業
淡路ファームパーク イングランドの丘は、淡路島の南あわじ市にある観光施設です。動物施設と植物施設、農業施設がドッキングした農業公園(ファームパーク)です。コアラやウサギをふれあえたり、花畑で四季折々の花々を楽しめたり、野菜や果物の収穫を体験...

全国有数のたくさんのコアラを飼育する看板施設のコアラ館があります。最近、コアラのだいちくんによる究極の寝相「エアD」を披露したことで注目されています。世界のウサギが大集合したラビットウォーレンやうさぎのくに、ひつじのくに、いろとりどり舎、バードゲージ、ワラビー広場があります。

この他にも、ひまわりやネモフィラ、コスモスなどが満開となる大花畑、淡路島玉ねぎなど野菜の収穫体験、パンやスイーツ作りなど体験メニューが盛り沢山です。子供と遊べるゴーカードやサイクルボート、池の周りを周遊するユメハニー号があります。淡路島の美味しいグルメが楽しめるレストランも数カ所あります。

淡路島キッズバイクレース周辺の観光スポット

淡路島でキッズバイクレース「LAGP2019 Awaji Round」が開催される淡路ファームパーク イングランドの丘の周辺の観光スポットは以下の通りとなります。

おのころ島神社 日本三大鳥居で縁結びのパワースポット

おのころ島神社は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘にあります。鶺鴒石に結ばれる縄は、縁結びの願いが叶うと評判です。南あわじ市で「オノゴロ島」伝承地の一つとされています。

おのころ島神社 淡路島に日本三大鳥居 縁結びのパワースポット
おのころ島神社(自凝島神社)は、淡路島で屈指の縁結びパワースポットです。日本三大鳥居の一つである高さ21.7メートルの大鳥居がある神社です。国生み神話に登場する伊奘諾尊と伊弉冉尊が降り立ったとされる丘にあります。鶺鴒石での特徴あるお祈りの方...

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲ませで淡路島牛乳を体験

淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミルクソフトクリームを堪能できます。淡路島牧場は、淡路島で乳牛とふれあい、牛乳を用いた自然体験が楽しめます。

淡路島牧場 乳しぼりと乳飲まし体験 牛乳試飲にソフトクリーム
淡路島牧場は、淡路島牛乳に関する自然体験ができる施設です。牧場が飼育する乳牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験でふれあうことができます。淡路島牛乳を使ったバターの手作り体験もできます。淡路島牛乳を無料で試飲できるコーナーもあります。絶品のミ...

道の駅うずしお 全国1位の淡路島玉ねぎバーガー

道の駅うずしおは、淡路島で鳴門海峡と大鳴門橋の絶景を眺められる観光スポットです。ご当地バーガーグランプリで全国1位となった「あわじ島オニオンンビーフバーガー」を販売していることでも有名です。淡路島南西の先端にあることから、自転車やバイクで淡路島一周をする通称「アワイチ」の休憩地点として人気です。

淡路島玉ねぎバーガー全国1位 道の駅うずしおオニオンキッチン
淡路島バーガーはご当地グルメとして有名です。そんな数多くある淡路島バーガーの中でも、全国ご当地バーガーグランプリで全国1位に輝いた道の駅うずしお「あわじ島オニオンビーフバーガー」です。淡路島玉ねぎバーガーといっても過言ではないくらい、淡路島...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イングランドの丘
記事をシェアする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!