スポンサーリンク

淡路医療センターフェスタ 兵庫県洲本市

淡路医療センターフェスタが開催されます。淡路島洲本市にある兵庫県立淡路医療センターで、医療スタッフが監修した最新医療の世界を楽しく体験できるコンテンツが満載のイベントです。内視鏡外科手術の体験、ドクターカーの展示、人工臓器の展示、ちびっ子白衣体験、光学顕微鏡で細胞観察、骨密度の測定など盛りだくさんです。今年で第4回目を迎える子供から大人まで楽しめる恒例の人気イベントとなります。

「第4回淡路医療センターフェスタ~のぞいてみよう医療の世界~」の開催日時は、11月25日(日)の13時から16時までとなります。開催場所は、兵庫県立淡路医療センターの1階のロビーとホスピタルストリートとなります。入場料金は無料で、フェスタに参加者は駐車場が無料となります。

淡路医療センターフェスタの基本情報

  • 開催日時:11月25日(日)13:00~16:00
  • 開催場所:兵庫県立淡路医療センター 1階ロビー・ホスピタルストリート
  • 開催住所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-137
  • お問合せ:0799-22-1200(兵庫県立淡路医療センター)
  • 駐車場:フェスタ参加者は無料(普通車約400台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分

淡路医療センターフェスタの内容

11月25日(日)の13時から16時まで、淡路島洲本市にある兵庫県立淡路医療センターで、「第4回淡路医療センターフェスタ~のぞいてみよう医療の世界~」が開催されます。

兵庫県立淡路医療センターで活躍するスタッフが監修した最新の医療の世界を楽しく体験できるコンテンツが満載となったイベントです。ドクターカーの展示・乗車体験やちびっ子白衣体験などお子さんも楽しめます。

内視鏡外科手術の体験をはじめ、人工臓器の展示、医療機器清拭体験、医療用ウィッグ試着体験、光学顕微鏡で細胞観察、3D画像処理体験、骨密度の測定など大人も楽しめます。

看護師さんの制服を着たり、ドクターカーを展示したり、お子様からお年寄りまで楽しめる催しが用意されています。先着100名様に豚汁のふるまいがあります。ひょうご観光大使の「はばたん」が遊びにきます。

今年で第4回目を迎える恒例の人気イベントです。開催場所は、兵庫県立淡路医療センターの1階のロビーとホスピタルストリートとなります。入場料金は無料で、フェスタに参加者は駐車場が無料となります。

内視鏡外科手術体験

診療部では、腹腔鏡を使って手術体験ができます。テレビモニターを見ながら最新医療の手術器具を操作します。景品があります。大人気の体験コーナーとなっています。

ドクターカー展示・乗車体験

診療部では、ドクターカーの展示と乗車体験ができます。カッコイイといわれているドクターカーの内部を見学できます。ドクターカーの乗車体験は先着20名様となります。

ドクターカー乗車体験の基本情報

  • 受付時間:13:20~
  • 出発時間:15:00~

人工臓器展示と医療機器清拭体験

臨床工学室では、人工臓器の展示と医療機器の清拭体験ができます。病院の機械は常時清潔にしておく必要があります。ME機器の掃除グッズでスマホを掃除します。掃除前後のばい菌の数を測って比べてます。人工心肺シュミレーターもあります。

医療用ウィッグ試着体験と即興相談コーナー

がん相談支援センターでは、医療用ウィッグの試着体験ができます。即興相談コーナーでは、病気のことや心のことなど普段気になっていることを気軽に相談できます。景品があります。

ちびっ子白衣体験

看護部では、子供に大人気の「ちびっ子白衣体験」ができます、大きくなったら看護師さんになりたい子供たちが大集合します。

フットケア&リラクゼーション

看護部では、フットケアとリラクゼーションができます。極上の足の癒しを体験します。たまった足の疲れを癒します。

3D画像処理体験

放射線部では、3D画像処理体験ができます。3Dワークステーションを操作して箱の中身を見てみます。「手作りレントゲンしおり」がプレゼントされます。

骨密度測定

放射線部では、骨密度測定ができます。骨の健康状態をチェックします。

淡路島の病院紹介スタンプラリー

地域医療連携室では、淡路島の病院紹介スタンプラリーが開催されます。淡路島の病院のつながりを知ります。いろんな病院のブースを回りながらスタンプを集めて景品をゲットします。クイズ大会も開催されます。

光学顕微鏡で細胞観察

検査部では、学顕微鏡で細胞観察ができます。身近なものから病気の細胞まで、様々なものを観ます。病理医による解説があります。体験すると景品があります。

作業療法でエコバッグ作り体験

リハビリテーション科では、作業療法でエコバッグ作り体験ができます。楽しみながらリハビリ体験としてオリジナルエコバッグを作ります。エコバッグ作りは、数量限定で無くなり次第終了となります。

薬を正確に量ってみよう

薬剤部では、薬を正確に量る体験ができます。病気の治療に欠かせない薬は、適量を服用しないと効果がでません。薬剤師さんがどれくらい正確に測っているのかを体験します。

ジュースの糖分ってどれくらい

栄養管理部では、ジュースの糖分がどれくらいかを測ります。また災害時非常食の展示をします。

県立淡路医療センターの概要

兵庫県立淡路医療センターは、兵庫県洲本市にある県立病院です。淡路島の地元住民からは通称「県病(けんびょう)」と呼ばれています。淡路島で唯一の公立病院となり、地域完結型医療を実践しています。

1956年の開院以来、淡路島の中核病院として地域住民の医療を支えてきました。2001年に兵庫県で初めて「地域医療支援病院」として認可されました。2013年5月に現在の場所に新築移転しました。淡路島の高次の救急医療に対応する救命救急センターが整備されました。

主な診療機能としては、救急医療を含む専門的な急性期医療等の提供、地域がん診療連携拠点病院としての専門的ながん医療の提供、災害時における医療、へき地医療や糖尿病医療等政策医療を兼ねています。

現在、効率的な医療提供を目的に病棟に臓器別診療体制を敷いて診療機能の充実を図っています。がん診療連携拠点病院におけるがん診療で緩和ケアの充実を図るために、緩和ケアセンターを立ち上げました。

糖尿病や透析患者の慢性の足の傷(難治性潰瘍・壊疽)を複数診療科・多職種で専門的に治療する「足のきず総合治療センター」を開設しました。

地域医療構想では、淡路島の高度急性期・急性期医療を担う基幹病院としての役割を担っています。現在、兵庫県立淡路医療センターの年間手術件数は200件を優に超え近畿一の手術件数を誇ります。

淡路医療センターフェスタのアクセス

第4回淡路医療センターフェスタが開催される兵庫県立淡路医療センターへのアクセスは、自動車もしくは高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターチェンジから下ります。洲本インターチェンジから約15分で兵庫県立淡路医療センターに到着します。専用駐車場は400台以上が停車可能です。フェスタ参加者は駐車料金が無料となります。

  • 住所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-137
  • 電話:0799-22-1200
  • 駐車場:フェスタ参加者は無料(普通車400台以上)

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りの高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。洲本高速バスセンターで降車します。

洲本高速バスセンターに到着すると、向かい側に兵庫県立淡路医療センターの巨大な茶色の建物があります。入口は、建物に向かって右側となる海側にあります。

淡路交通バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 学園都市駅ー洲本バスセンター(所要時間75分、乗車料金1600円)
  • 神戸三宮駅ー洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2350円)

阪急高速バス

  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2350円)

本四海峡バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 三宮BT-洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 新神戸駅ー洲本バスセンター(所要時間95分、乗車料金1850円)
  • なんば駅(OCAT)ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2350円)

淡路医療センターフェスタ周辺の観光スポット

第4回淡路医療センターフェスタが開催される兵庫県立淡路医療センターの周辺の観光スポットは以下の通りとなっています。

洲本市民広場 ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像

洲本市民広場は、市民憩いの広場です。洲本市はドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんの出身地です。洲本市民広場のイベント建物前には、ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像が建立されています。

主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、人気キャラクターのスライムが寄り添った銅像が建てられています。ふるさと納税でもドラクエのオリジナルグッズが返礼品となっています。

淡路島洲本市 ドラクエ記念碑 聖地巡礼4選 堀井雄二さん故郷
淡路島洲本市はドラクエ(ドラゴンクエスト)の聖地としての地位を確立しつつあります。ドラクエ(ドラゴンクエスト)生みの親である堀井雄二さんの故郷であることを最大限に活用して、現在では洲本市の名誉市民となった堀井雄二さんと一緒になって地元で展示...

旧益習館庭園 日本最大級の巨岩石が並ぶ武家庭園

旧益習館庭園は、淡路島洲本市にある武家庭園です。日本最大級の巨岩が用いられた江戸時代の池泉回遊式庭園となります。徳島藩の筆頭家老で洲本城代だった稲田氏の別荘の庭園で後に私塾学問所となりました。

淡路島が徳島県から兵庫県に編入されるきっかけとなった庚午事変で建物は焼失しましたが、庭園は維新当時の面影を残しています。2018年の11月には国の名勝に指定するよう答申されています。

旧益習館庭園 淡路島洲本市の名勝で日本最大級の巨岩石
旧益習館庭園は、淡路島洲本市にある武家庭園です。日本最大級の巨岩が用いられた江戸時代に発達した庭園様式の池泉回遊式庭園となります。江戸時代に徳島藩の筆頭家老であった稲田氏の別荘の庭園として造成されて、その後に私塾学問所となりました。 ...

大浜海水浴場 淡路島で人気のビーチ

洲本市の市街地に隣接する白砂青松の風光明媚な海水浴場です。南北75メートル、東西55メートルに伸びた砂浜は、見事な曲線を描いて広がっています。遊歩道が整備されて海浜公園となっています。

穏やかな海辺、美しい砂浜、立派な黒松、ふもとの山々を眺めながら散策を楽しむことができます。海水浴シーズンには、淡路島で人気のビーチとなります。遠浅の海で安心して水遊びが楽しめます。

大浜海水浴場 淡路島洲本市の人気ビーチ 遠浅で無料
大浜海水浴場は、洲本市にある慶野松原と並び淡路島を代表するビーチです。環境省の「快水浴場百選」に選定されています。南北750メートル、東西55メートルに見事なカーブを描きながら広がる白砂は美しいです。遠浅の海は波が穏やかで泳ぎやすいです。駐...
その他
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!