スポンサーリンク

大浜海水浴場 淡路島洲本市の人気ビーチ 遠浅で無料

大浜海水浴場は、洲本市にある慶野松原と並び淡路島を代表するビーチです。環境省の「快水浴場百選」に選定されています。南北750メートル、東西55メートルに見事なカーブを描きながら広がる白砂は美しいです。遠浅の海は波が穏やかで泳ぎやすいです。駐車場や入場料が無料です。淡路島でも人気のビーチの一つです。

「千本黒松」と呼ばれる立派な黒松が生い茂っています。遊歩道が整備されています。穏やかな海辺、美しい砂浜、立派な黒松、ふもとの山々を眺めながら散策を楽しむことができます。

洲本市新都心ゾーンと洲本温泉街を結ぶ間に位置しており、洲本市の市街地に隣接しており、観光には便利です。なお、2018年の海開き期間は、7月1日(日)から8月31日(金)までとなります。

大浜海水浴場 淡路島洲本市の人気ビーチ

大浜海水浴場は、淡路島の兵庫県洲本市にある人気のビーチです。湾曲した白砂と青い空と碧い海、緑の山々が織り成す景色は見事です。遠浅の海は波が穏やかで泳ぎやすく、入場料と駐車場が無料であることも良心的です。

大浜海水浴場の基本情報

  • 海開き期間:7月1日(日)~8月31日(金)
  • 住所:〒656-0022 兵庫県洲本市海岸通1丁目
  • 電話:0799-22-3321(洲本市役所商工観光課)
  • 定休日:無休
  • 入場料:無料
  • 駐車場:無料(普通車約100台)海岸沿い最奥
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分

環境省の快水浴場百選に選定

快水浴場百選は、「水質が美しさ」「水辺の清潔さ」「安全性」「利便性」「自然環境」などを総合的に評価して選ばれています。近畿地方では10カ所しかないうちの一つです。関西有数の海水浴スポットといえるでしょう。

快水浴場百選の評価

  • 美しい水辺:星4つ評価
  • 清らかな水辺:星2つ評価
  • 安らげる水辺:星4つ評価
  • 優しい水辺:星1つ評価
  • 豊かな水辺:星2つ評価

大浜海水浴場の施設内容

  • 海開き期間:7月1日(日)~8月31日(金)
  • 海水浴場の規模:長さ約750メートル、幅約55メートル(遊泳区域)
  • ビーチハウス2カ所:8:30~17:00
  • 海の家4カ所:8:30~17:00
  • 監視・救護所:1カ所:8:30~17:00
  • 更衣室(シャワーと併設4カ所):300円(男2、女2)
  • コインロッカー:300円
  • トイレ:3カ所
  • ペット:遊泳禁止
  • ペット:可能(マナー厳守)
  • キャンプ:禁止
  • 花火:禁止
  • バーベキュー:可能(直火禁止、マナー厳守)

大浜海水浴場の楽しみ方

遠浅の海で波も穏やかで子供にも安心

大浜海水浴場は、遠浅の海が魅力です。浅いところでは大人の膝丈くらい、深いところでは大人の腰丈くらいで遠浅が続いています。波も低く波打ち際も穏やかです。小さなお子様でも安心して水遊びを楽しめます。子供連れにおすすめです。

利用料が無料、駐車場が無料

大浜海水浴場は、入場料金が無料、駐車場が無料です。バーベキューの利用も無料です。淡路島にある海水浴場の駐車場は、海開きシーズンに入ると、だいたい相場としては500円から700円程度が標準となっています。このことからかなりお得です。大浜海水浴場が人気の理由の一つとなっています。

海水は透明で美しく魚やワカメが見える

大浜海水浴場は、日本の快水浴場百選に選ばれるほど、水質が良く透明度が高く、透き通っています。遠浅の海であるために、泳いでいる魚や波に漂うワカメが見えたりします。厚めの砂浜は清掃されてサラサラしています。気持ち良く楽しめます。

大きな白砂青松の松林で日陰に

大浜海水浴場は、遊歩道沿いに「千本黒松」と呼ばれる立派なクロマツが茂っています。現在700本の黒松が景観として植樹されています。「松林」が日陰として日除け代わりとなります。暑くなったり疲れた場合に、石のベンチに腰掛けて休憩できます。

ビーチハウスが2012年に完成

大浜海水浴場は、2012年に新しくビーチハウスが完成しました。砂浜の南にメインビーチハウス、北のサブビーチハウスがあります。それぞれシャワー室・更衣室・コインロッカー(有料)、トイレがあります。城下町と松並木に合わせた和風の外観です。屋根には淡路島の特産である淡路瓦が使用されています。清潔で快適です。

両ビーチハウスにはそれぞれ更衣室を備えたトイレ・シャワー棟と売店棟があります。メーンビーチハウスには救護所が入る管理棟があります。トイレは多目的トイレとなっており、おむつ交換台も設置されています。小さな子供連れの家族も安心して利用できます。

海の家で淡路島のご当地を堪能

大浜海水浴場は、毎年海開きすると「海の家」が4軒オープンします。淡路島のご当地グルメから昔懐かしいグルメまで堪能できます。淡路島カレーをはじめ、定番の焼きそばやうどんなどの軽食、ビールやソフトドリンクなどドリンクが販売されています。バナナボートやウェイクボード、浮き輪やパラソルなどがレンタルできます。リゾート気分を盛り上げてくれます。

海の家の主なメニュー

カレーライス、牛丼、おにぎり、焼きそば、天ぷらうどん、きつねうどん、冷やしうどん、ラーメン、オムライス、たこやき、やきとり、フライドポテト、冷やしあめ、かき氷、アイスクリーム、スイカ、ラムネ、ビール、ジュース、ウーロン茶

広大な砂浜で混雑せずに場所取りも不要

大浜海水浴場は、長さ650メートルの砂浜です。早めに到着して場所取りを行う必要がありません。大勢いても混雑することもありません。のびのびと楽しめます。家族連れなどに人気です。

ただ。駐車場が100台と少ないために満車の場合、高速バスセンターの駐車場など近隣の有料駐車場を利用することになるかもしれません。初回1時間以降1時間100円です。

バーベキューが無料で楽める

大浜海水浴場は、バーベキューが可能です。BBQは、ゴミは全て持ち帰る、22時までの利用、迷惑な場所や引火の恐れのある場所での利用禁止などのマナー厳守で許可されています。直火が禁止となっており、必ず足付きを使用することになります。

バーベキューは無料で予約も不要です。駐車場も無料です。バーベキューの道具や食材の調達から、火おこしや後片付けなど全て各自の責任で行います。

なお、海開きシーズンは海の家の周辺でのバーベキューは利用禁止です。基本的にバーベキューは、大浜海水浴場の南側駐車場に停車して、南側の砂浜で楽しむことになります。

大浜海水浴場のアクセス

大浜海水浴場へのアクセスですが、自動車、高速バスの2つの手段があります。自動車の場合は、洲本ICまたは淡路島中央スマートICから下りて一般道で大浜海水浴場の駐車場を目指します。高速バスの場合は、洲本高速バスセンターで降車して徒歩で大浜海水浴場を目指します。

自動車の場合

自動車の場合は、神戸淡路鳴門道の洲本インターチェンジもしくは淡路島中央スマートインターチェンジから降ります。洲本市街地に到着するとイオン洲本店の横を通過します。スーパーマルナカ洲本店の交差点を右折します。真っ直ぐ進むと松林が茂る大浜海水浴場が見えます。一番奥に駐車場の入口があります。

  • 〒656-0022 兵庫県洲本市海岸通1丁目
  • 駐車場:無料(普通車100台)

高速バスの場合

高速バスは、神戸三ノ宮駅、高速舞子駅、学園都市駅、新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅から発車しています。洲本高速バスセンターで降車します。洲本高速バスセンターから徒歩10になります。高速バスセンターと淡路医療センターの間の通りを海側に出て右折します。スーパーマルナカ洲本店の交差点を真っ直ぐ歩きます。ずっと進むと松林が茂る大浜海水浴場が見えます。次の信号付近手前に入口があります。

淡路交通バス

  • 高速舞子駅ー洲本BC(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 学園都市駅ー洲本BC(所要時間75分、乗車料金1600円)
  • 神戸三宮駅ー洲本BC(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

阪急高速バス

  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

本四海峡バス

  • 高速舞子駅ー洲本BC(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 三宮BT-洲本BC(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 新神戸駅ー洲本BC(所要時間95分、乗車料金1850円)
  • なんば駅(OCAT)ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

大浜海水浴場周辺の観光スポット

洲本市民広場 ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像

ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんの出身地として、洲本市民広場のイベント建物前に、ドラゴンクエスト30周年記念碑が建立されています。主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、人気キャラクターのスライムが寄り添った銅像が建てられています。

淡路島洲本市 ドラクエ記念碑 聖地巡礼4選 堀井雄二さん故郷
淡路島洲本市はドラクエ(ドラゴンクエスト)の聖地としての地位を確立しつつあります。ドラクエ(ドラゴンクエスト)生みの親である堀井雄二さんの故郷であることを最大限に活用して、現在では洲本市の名誉市民となった堀井雄二さんと一緒になって地元で展示...

洲本市民広場の基本情報

  • 住所:〒656-0021 洲本市塩屋1丁目1-17
  • 入場料:無料
  • 駐車場:洲本バスセンター駐車場、イオン洲本店、エディオン洲本店
  • 最初1時間無料、その後1時間毎に100円
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分

洲本レトロこみち 城下町の風情が残るショップが並ぶ通り

淡路島洲本市に城下町の風情が残る「洲本レトロこみち」があります。江戸時代以降の古い町家や小民家や空き家などをリノベーションしたオシャレな店舗が並ぶ通りです。週末に、個性的なカフェやレストランやショップなど20店舗以上が営業します。レトロな「まち歩き」が楽しめます。

洲本レトロこみち 淡路島で城下町の風情が残る通り
洲本レトロこみちは、淡路島の洲本市にある城下町の風情が残るレトロな通りです。洲本レトロこみちには、江戸時代から残る古い町家や小民家、空き家を利用したお店が並んでいます。洲本レトロこみちでは現在、おしゃれなカフェやレストラン、ショップなど個性...

洲本レトロこみちの基本情報

  • 場所:洲本レトロこみち
  • 住所:〒656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-8(洲本オリオン周辺)
  • HP:城下町洲本レトロなまち歩き
  • 駐車場:洲本バスセンター駐車場、イオン洲本店駐車場、エディオン洲本店駐車場
  • 駐車料金:最初1時間無料、その後1時間毎に100円

洲本城 淡路島にある西日本最大級の水軍の山城

洲本城は、淡路島洲本市の標高133メートルの三熊山の山頂にあります。東西800メートル、南北600メートルに総石垣造の曲輪があります。西日本最大の要塞といわれた山城です。本丸を取り囲む石垣と本丸へ通じる階段が壮大です。淡路水軍の拠点だったこともあり、本丸石垣の上からの眺望は見事です。

洲本城 淡路島に西日本最大級の水軍の山城
洲本城は、淡路島洲本市の三熊山にある山城です。戦国時代から江戸時代にかけて淡路国の統治の拠点となりました。周囲には広大な総石垣造の曲輪が残されています。かつて、西日本最大級の水軍の山城といわれていました。洲本城は国の指定史跡、兵庫県の指定文...

洲本城の基本情報

  • 住所:〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1272-1
  • 電話:0799-25-5820
  • 入場料:無料(現在、天守閣の入場不可)
  • 駐車場:無料(普通車約70台)
  • 本丸の最寄り駐車場:大手門跡脇(馬屋曲輪跡)約20台
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約25分

淡路ごちそう館 御食国 淡路島グルメの大型レストラン

洲本市中心部で食事とショップが一体の100名を収容できるレストランです。大正時代の赤レンガ造りの建物は、約14.5メートルの吹き抜けが開放感を演出します。淡路牛、淡路島玉ねぎ、淡路米など名産による多彩な料理が心を和ませます。ショップは数百種類の淡路島のお土産が揃っています。

ごちそう館 御食国(みけつくに)淡路島洲本市の大型レストラン
淡路ごちそう館 御食国は、淡路島洲本市にある大型レストランです。大正時代の赤レンガ造りの建物に100名収容のレストランとお土産ショップが併設されています。淡路牛や淡路島玉ねぎなどの料理と、淡路島の名産や特産を販売しています。名前は、淡路島が...

ごちそう館 御食国の基本情報

  • 住所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1丁目1-8
  • 電話:0799-26-1133
  • 営業時間
    ランチ:11:30~14:30(ラストオーダー)
    ディナー:17:00~20:00(ラストオーダー)
    特産品店:10:00~20:00
  • 休業日:水曜日
  • HP:ごちそう館 御食国(みけつくに)
  • 駐車場:洲本バスセンター駐車場(最初1時間無料、その後1時間毎に100円)
    (※利用合計4000円以上で1時間分駐車無料券をプレゼント)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道洲本ICから車で約15分

淡路島観光おすすめスポットまとめ2018

淡路島は、自然が豊富で、食材の宝庫で、歴史ある観光地です。明石海峡大橋、鳴門海峡の渦潮、伊弉諾神宮、イングランドの丘、慶野松原、洲本城、おのころ島神社は全国有数です。明石海峡公園、あわじ花さじき、淡路夢舞台、奇跡の星の植物館、遊園地ONOKOROなどは定番です。最近、ハローキティのレストラン、クレヨンしんちゃんのアスレチックで注目されています。淡路島観光でおすすめをまとめてご紹介します。

淡路島観光スポットまとめ
淡路島の観光スポットをまとめました。淡路島は、兵庫県の瀬戸内海で最大の島で人気の観光地です。淡路島には、海に囲まれて緑が豊かで自然を満喫できる観光スポット、淡路島玉ねぎをはじめ、淡路牛に鱧に鯛と新鮮な食材を堪能できるグルメスポット、国生み神...
洲本市
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!