バーガー「淡路サービスエリア」

ジャンル

淡路サービスエリア「Cafe a too(カフェエートゥ)」のバーガーのメニューは、「淡路玉葱ハムカツバーガー」と「淡路玉葱メンチカツバーガー」のセットがおすすめです。

淡路島玉ねぎを堪能できるこだわりのバーガーです。

淡路玉葱ハムカツバーガーは、ハムのフライをサンドしています。パティは、豚ロース肉をスライスして揚げられています。油にこだわってジューシーな仕上がりです。サクサク食感で食べ応えがあります。

ソースは、てりやきソースです。甘くて美味しいです。玉ねぎは、厚切りがのせられています。ボリュームがあり甘みと旨みが感じられます。ハムカツとテリヤキに良く合います。レタスでさっぱりします。

バーガーのメニュー

  • 淡路玉葱ハムカツバーガー:単品880円、セット930円
  • 淡路玉葱メンチカツバーガー:単品830円、セット880円
  • えびカツバーガー:単品960円、セット1010円

淡路玉葱メンチカツバーガーは、メンチのフライをサンドしています。パティは、合挽き肉に玉ねぎが混ぜ込まれたメンチカツです。ふっくらしてボリューム満点で美味しいです。ソースは、とんかつソースです。

玉ねぎは、トンカツ味に合うように焼き目が入っています。玉葱の甘みとメンチカツの玉葱の甘みが融合します。肉本来のの旨みを引き立てます。バンズは、ふっくら仕上がりです。レタスでさっぱりします。

他には、えびカツバーガーがあります。えびカツには淡路島玉ねぎが使用されています。タルタルソースが濃厚です。プリプリ食感のエビがやみつきになります。玉葱とエビとタルタルの組み合わせが楽しいです。

お店のショーケースに作り置きで袋に入れられた状態で販売されています。その場で食べる場合はレンジで温めてくれます。見た目はシンプルですが、淡路島玉ねぎにベストマッチな組み合わせとなっています。

テイクアウト形式です。店頭で注文して商品を受け取ります。フードコートでテーブルとイスが並んでいます。天井高の片面ガラス張りで解放感があります。明石海峡大橋の絶景が眺められます。

おすすめの食べ方は、海が眺められるカウンター席で座って食べます。明石海峡大橋、行き交う船、大阪湾に広がる海、対岸に並ぶ神戸の街並みを眺めながら、淡路玉葱のバーガーが食べられます。

淡路島のハンバーガー「淡路島バーガー」でおすすめのお店は「淡路島バーガーおすすめ10選 2020年最新」の記事をご参照ください。

なお、Cafe a too(カフェエートゥ)は、淡路島の玄関口にある淡路サービスエリア上り線にあるカフェです。バーガーをはじめ、淡路島牛乳使用のシュークリームとプリン、淡路島コーヒーが人気です。

淡路サービスエリア上り線は、明石海峡大橋を渡ってすぐの淡路サービスエリア下り線と連絡道路でつながれて往来が自由です。「橋の見える丘」広場は「恋人の聖地」に選ばれています。

夜景スポットとして、明石海峡大橋のライトアップと畜光石による光の演出があります。

また、Cafe a too(カフェエートゥ)淡路SA上り線店の基本情報は以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました