カモメクルーズとサンセットクルーズ うずしおクルーズ冬限定

スポンサーリンク

「カモメクルーズ」と「サンセットクルーズ」が開催されます。淡路島の観潮船「うずしおクルーズ」で、寒い冬の期間だけの期間限定で、乗船すると体験できるクルージングとなります。

カモメクルーズでは、出港してから鳴門海峡まで野生のカモメとふれあえる体験となります。サンセットクルーズでは、夕方に乗船すると鳴門海峡の夕景が眺められる体験となります。

この他に、寒い冬の期間だけ防寒キャンペーンとして、乗船された全員に使い捨てカイロの無料配布とオリジナルベンチコートの有料貸出しを行っています。

スポンサーリンク

カモメクルーズとサンセットクルーズの基本情報

  • 開催期間:かもめクルーズ(冬場限定)、サンセットクルーズ(冬場夕方限定)
  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054
  • 乗船料金:大人2000円、子供(小学生)1000円
  • 駐車料金:無料(普通車100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約15分、淡路島南ICから車で約15分

カモメクルーズとサンセットクルーズの内容

淡路島の道の駅福良から出港している渦潮観潮船「うずしおクルーズ」では、冬の楽しみ方として「カモメクルーズ」と「サンセットクルーズ」があります。

カモメクルーズでは、出港してから港湾でかもめと触れ合える体験です。越冬のため飛来してくる百羽を超えるカモメたちが船のすぐ横を並走してくれます。エサやり体験も可能です。

サンセットクルーズでは、夕方に乗り込み鳴門海峡の夕景が眺められる体験です。鮮やかなグラデーションで彩られた空と海の絶景と鳴門海峡に出現する世界最大の渦潮の絶景を体験できます。

うずしおクルーズでは、寒い時期だけカモメクルーズとサンセットクルーズの体験が楽しめます。

サンセットクルーズ

鳴門海峡の絶景と言えば「うずしお」ですが、冬には16:10出港の最終便に乗船すると鳴門海峡の絶景サンセットが船上から楽しめるチャンスがあります。

燃えているように鮮やかなグラデーションの空、四国の山の奥に消えていく太陽、そして冷たく頬を撫でる海風と潮の香り、聞こえてくる潮騒と観潮船の汽笛、海面も燃え上がるような夕陽によって海面も眩いばかりにキラキラ輝いています。言葉が出ないほどの美しさです。

2018年のサンセットクルーズが体験できるのは、下記の日程の16時10分の便となります。

11月のサンセットクルーズ

6日(火)、12日(月)、13日(火)、14日(水)、19日(月)、20日(火)、21日(水)、22日(木)、23日(金)、27日(火)、28日(水)、29日(木)

12月のサンセットクルーズ

3日(月)、4日(火)、5日(水)、6日(木)、11日(火)、12日(水)、13(木)、14(金)、19(水)、20日(木)、21日(金)、22日(土)、26(水)、27日(木)、28日(金)、29日(土)

サンセットクルーズの参加方法

  • 乗船料金: 大人2000円(税込)、小学生1000円(税込)、幼児(大人1名につき1名無料)
  • 参加方法:予約は不要です。
  • 注意事項:安全上の理由で子供のみの乗船はできません。

カモメクルーズ

鳴門海峡の絶景と言えば「うずしお」ですが、冬から春にかけての寒い期間限定の特別に百羽を超える野生のカモメたちと船上でふれあえる体験を楽しめるチャンスがあります。

越冬のため飛来してくる100羽以上のカモメたちは、航海を象徴する鳥のいわれのとおり、福良港を出航してから大型船のすぐ横を並走してくれます。

船内でカモメ用の餌(パン)を100円で販売しています。鳴門海峡までのクルージングの時間を餌やりを通じて、数多くの野生のカモメたちとふえあえるという大変貴重な体験にしてくれます。

船上で飛んでいるカモメたちのふれあいはとても感動できる体験です。カモメと一緒に鳴門渦潮を目指すクルージングを楽しめます。なお、天候によりカモメたちが来ない場合もあります。

カモメクルーズの参加方法

  • 乗船料金: 大人2000円(税込)、小学生1000円(税込)、幼児(大人1名につき1名無料)
  • 参加方法:予約は不要です。
  • カモメのエサ代:100円
  • 注意事項:安全上の理由で子供のみの乗船はできません。

防寒キャンペーン

寒い冬のシーズンに、うずしおクルーズに乗船するにあたって、少しでも暖かく過ごしていただくために「防寒キャンペーン」を開催しています。

防寒キャンペーンは、冬のおもてなしとして、うずしおクルーズに乗船されたお客様全員に使い捨てカイロを無料で配布しています。オリジナルベンチコートの有料貸出しを実施しています。

なお、うずしおクルーズの観潮船は船内でエアコンを完備しており、快適なクルージングとなります。しかし、鳴門海峡の渦潮を見学する際には、船外に出る必要があります。

防寒キャンペーンの基本情報

  • うずしおクルーズに乗船されたお客様全員に「使い捨てカイロ」を無料でプレゼント
  • うずしおクルーズで希望されたお客様にオリジナルベンチコートを100円で貸し出し

サンセットクルーズとカモメクルーズの観潮船

サンセットクルーズとカモメクルーズが開催される淡路島の観潮船「うずしおクルーズ」は、淡路島の道の駅福良から出港する観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験できます。

500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船となります。世界最大の大きさを誇る「うずしお」の間近まで迫ります。古来より名立たる人々を絶景と言わしめた脅威の自然現象を体感することができます。

観潮船は、定員500名の「咸臨丸」と定員700名の「日本丸」の2種類の大型船です。室内は広く冷暖房完備です。福良港から鳴門海峡まで往復します。約1時間のクルージングを楽しめます。

うずしおクルーズ 淡路島の観潮船
うずしおクルーズは、淡路島の観潮船です。世界三大潮流の鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験できます。兵庫県南あわじ市の道の駅福良から出港します。所要時間が約1時間のクルージングとなります。 500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船と...

サンセットクルーズとカモメクルーズのアクセス

サンセットクルーズとカモメクルーズが開催される淡路島の観潮船「うずしおクルーズ」へのアクセスは、自動車もしくは高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、最寄りとなる高速道路のインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。約15分で道の駅福良うずしおクルーズに到着します。

道の駅福良は、本館「うずしおドームなないろ館」前の駐車場以外にも駐車場が多く全て無料です。道の駅福良の本館前で係員が案内してくれます。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジから下ります。約15分で道の駅福良うずしおクルーズに到着します。

道の駅福良は、本館「うずしおドームなないろ館」前の駐車場以外にも駐車場が多く全て無料です。道の駅福良の本館前で係員が案内してくれます。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から発車しています。福良バスターミナルで降車します。福良バスターミナルから道の駅福良うずしおクルーズまでは徒歩約3分で到着します。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

神姫バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

サンセットクルーズとカモメクルーズの周辺の観光スポット

サンセットクルーズとカモメクルーズが開催される淡路島の観潮船「うずしおクルーズ」の周辺の観光スポットは、淡路人形座、道の駅うずしおとなります。

淡路人形座は、重要無形民俗文化財に指定される淡路人形浄瑠璃を上演する劇場です。淡路人形浄瑠璃は、淡路島で約500年の歴史を誇る伝統芸能です。人情の機微を謳い哀歓の人間模様が演じられます。

3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居は、江戸時代に文化の華ともてはやされました。世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させた古典芸能となります。

道の駅うずしおは、淡路島の南西端の渦潮岬にある道の駅です。世界三大潮流である鳴門海峡の絶景を眺められます。グルメでは、全国1位の淡路島バーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」が食べられます。

玉ねぎチェアや玉ねぎツリー、玉ねぎソフトや玉ねぎ自販機などがあります。土産では、玉葱ドレッシングや玉ねぎスープがあります。自転車やバイクで淡路島一周する通称「アワイチ」の休憩地点で人気です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
うずしおクルーズ
スポンサーリンク
あわじしま観光ナビ
error: Content is protected !!