国史跡指定20年記念「御城印」洲本城

スポンサーリンク

御城印(ごじょういん)が登場しました。淡路島にある洲本城で、史跡指定20年を記念して「御城印」を作製しました。2019年8月24日から洲本市立淡路文化史料館で販売が始まりました。

三熊山にある洲本城は。1999年に国の史跡指定されました。2017年に日本城郭協会の「続日本100名城」に選定されました。登城の記念に洲本市教育委員会が作製しました。

販売開始日の当日は先着100名様に無料配布されます。通常販売は1枚200円(税込み)となります。

スポンサーリンク

国史跡指定20年記念「御城印」の基本情報

  • 販売商品:御城印(ごじょういん)
  • 観梅開始日:2019年8月24日~
  • 販売価格:200円(税込)
  • 開催場所:淡路文化史料館
  • 開催日時:8月12日(月祝)9:00~17:00
  • 開催住所:〒656-0024 兵庫県洲本市山手1-1-27
  • 電話番号:0799-24-3331
  • 入場料金:大人400円、高校大学生250円、小中学生100円、障がい者・幼児無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターチェンジから車で約15分
  • 駐車場:無料(普通車30台)

国史跡指定20年記念「御城印」の内容

2019年8月24日から、淡路島の洲本市立淡路文化史料館で洲本城の史跡指定20年を記念して「御城印」の販売が始まりました。登城の記念として洲本市教育委員会が作製しました。

三熊山にある洲本城は。1999年に国の史跡指定されました。2017年に日本城郭協会の「続日本100名城」に選定されました。

三熊山の山頂にある洲本城は、西日本最大級の水軍の山城といわれています。洲本市の旧城下町を見渡せる絶景で人気の観光名所となっています。主に脇坂安治が城主として増改築したとされています。

御城印は、寺社の御朱印ブームにあやかりたいと企画されました。御城印では、長野県松本市の松本城で作製されて人気となっています。収集する愛好家も多くいることから作製されました。

販売開始日の当日は先着100名様に無料配布されます。通常販売は1枚200円(税込み)となります。

洲本城の御城印は、はがきサイズで2種類あります。「国史跡・続日本100名城 淡路水軍の城 洲本城」と毛筆で書かれています。脇坂安治の家紋が入っています。

一枚は背景が真っ白で、もう一枚は、背景に洲本城と洲本の城下町を移した写真が掲載されています。日付は自分で書き込む形式です。登場記念としておすすめの商品となります。

国史跡指定20年記念「御城印」の会場

国史跡指定20年記念「御城印」が販売されるのは淡路文化史料館です。淡路島の歴史と文化を集めた博物館です。江戸時代に築かれた洲本城の平城部分にあります。洲本城の石垣と堀に囲まれています。

淡路島ガイドコーナーでは、淡路島の自然、第一次産業、文化財、地場産業をはじめ、洲本市の自然や文化財などの情報をカラーディスプレイで紹介しています。

大展示室では、国の重要無形民俗文化財の指定を受ける淡路島の伝統芸能である淡路人形浄瑠璃の人形の頭や、太夫が使う見台・や三味線などを復元舞台と展示しています。

歴史展示室では、出土遺物、金工品、文書、模型、写真パネルなど展示しています。民俗展示室では、民具・絵馬、昔の農耕具、庶民の日常生活用具などを展示しています。

直原玉青記念美術館では、幼少年期を洲本市で育った南画の大家直原玉青画伯から画伯の作品とコレクションを展示しています。寄贈により設置されました。

屋外展示では、奥田雀草、岩野泡鳴、高田蝶衣、直原玉青などの句や詩の文学碑、洲本城や成山城の石垣の刻印石などの石造文化財を展示しています。

三熊山の山頂にある洲本城には徒歩20分となります。洲本城は、淡路島洲本市の南にある標高133メートルの山城です。東西800メートル、南北600メートルに総石垣造の郭があります。

かつて西日本最大級の水軍の山城といわれていました。本丸の石垣と大石段が壮大です。淡路水軍の拠点から、本丸から海と城下町と山の180度の大パノラマの絶景を眺めることができます。

国史跡指定20年記念「御城印」のアクセス

国史跡指定20年記念「御城印」が販売される淡路文化史料館へのアクセスですが、自動車もしくは高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合は、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターチェンジから下ります。約15分で洲本市中心部に到着します。

最寄りの駐車場は、大浜海水浴場の駐車場になります。イオン洲本店の横を通過して、スーパーマルナカ洲本店の交差点を右折します。真っ直ぐ進むと松林が茂る大浜海水浴場が見えます。中央と一番奥に駐車場があります。

なお、大浜海水浴場の駐車場が満車の場合、洲本高速バスセンターの駐車場もしくは洲本市役所前駐車場に停車します。それぞれ有料で初回無料その後1時間毎100円となります。

  • 〒656-0022 兵庫県洲本市海岸通1丁目
  • 駐車場:無料(普通車100台)

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。洲本高速バスセンターで降車します。

洲本高速バスセンターから淡路文化資料館まで徒歩で約10分となります。高速バスセンターと淡路医療センターの間の通りを海側に出て右折します。スーパーマルナカ洲本店の交差点を真っ直ぐ歩きます。

松林が茂る道を進むと斜め前に石垣が見える信号があります。信号を渡って右折すると石垣と堀に囲まれた淡路文化資料館が見えます。

淡路交通バス

  • 高速舞子駅ー洲本BC(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 学園都市駅ー洲本BC(所要時間75分、乗車料金1600円)
  • 神戸三宮駅ー洲本BC(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

阪急高速バス

  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

本四海峡バス

  • 高速舞子駅ー洲本BC(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 三宮BT-洲本BC(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 新神戸駅ー洲本BC(所要時間95分、乗車料金1850円)
  • なんば駅(OCAT)ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
洲本市のイベント
スポンサーリンク
あわじしま観光ナビ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました