牛丼「うずの丘大鳴門橋記念館」

ジャンル

うずの丘大鳴門橋記念館「絶景レストラン」の「牛丼」は「淡路牛にくひつまぶし」がおすすめです。

  • 淡路牛にくひつまぶし:2,530円

「淡路牛にくひつまぶし」は、肉質の良い淡路牛をステーキにすることで本来の肉の甘みや旨みを引き出した「ひつまぶし」となります。まずは、そのままステーキ丼としてお肉の旨味を味わいます。

次に、アツアツのお出汁を注いで、お茶漬けとしてさっぱりと食べます。タレは、淡路島たまねぎをじっくり炒めて、ステーキと白ご飯に合うように野菜の甘みで作り上げた特製たまねぎタレです。

ご飯と一緒に頬張ると淡路牛の甘みが強い「脂質」、たまねぎタレの醤油の「うま味」、ご飯のまろやかな「糖分」がバランスよく混ざり合います。牛肉・玉ねぎ・お米の旨みを全て堪能できます。

他に「淡路牛のローストビーフ丼」があります。

  • 淡路牛のローストビーフ丼:1,760円

淡路牛のローストビーフ丼は、淡路島産の塩と香辛料をブレンドしてサシのある赤身部位を厳選して仕入れた牛肉になじませて味入れして、低温のオーブンで焼き上げた特製ローストビーフです。

ご飯は、淡路島の土壌と気候と水にこだわって「お米コンクール」受賞者の粂川さんのお米を使用しています。トッピングの黄身は、淡路島産の濃厚な「島たまご」を使用しています。逸品揃いです。

醤油ダレは、淡路島最高峰の諭鶴羽山系の麓で醤油を原料から一貫生産されている秦組本店のセンザン醤油を使用しています。アクセントの七味がクセになります。逸品揃いの牛丼となります。

なお、牛丼は、肉質が良く口溶けの良いサシと味に深みのある赤身が特徴です。淡路島で優れた母牛ばかりを選定して計画的な交配を行うことで優秀な資質を保存継承しています。

淡路島牛丼については「淡路島牛丼おすすめ4選 島のソウルフード」の記事をご参照ください。

うずの丘大鳴門橋記念館は、淡路島南西部の丘にある観光施設です。展望広場は、大鳴門橋と鳴門海峡と瀬戸内海の絶景と巨大玉ねぎモニュメント「おっ玉葱」のフォトスポットで人気です。

バーガーショップは、ご当地バーガーグランプリで全国1位と2位を獲得したバーガーが人気です。ショップは、淡路島ビスケット島ビスケ玉ねぎはじめ、約300種類の商品を販売します。

レストランは、淡路島の魚介類を使用した海鮮料理を堪能できます。他にも、鳴門の渦潮の展示学習施設、玉ねぎUFOキャッチャー、玉ねぎカツラ、玉ねぎピアノ、玉ねぎチェアで人気です。

うずの丘大鳴門橋記念館の基本情報は以下のとおりです。

絶景レストランうずの丘の基本情報は以下のとおりです。

  • 営業時間:11:00~15:00
  • 定休日:月曜日、火曜日
  • 座席数:180席

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました