牛丼「道の駅うずしお」

ジャンル

道の駅うずしおの牛丼のメニューは、「赤い炙肉丼」がおすすめです。ミスジ、ハネシタ、サンカク、ヘレ、ロースなど淡路牛から稀少部位となる4種類を厳選した牛丼となります。

  • 赤い炙肉丼(あぶりにくどん)~最後はキミといっしょに!~:2,970円

薄切り牛肉の稀少部位を炙りでシンプルに食べます。厚切り玉ねぎもステーキとして食べられます。淡路島産の藻塩、おろしわさび醤油、ポン酢を付けて肉の旨みと玉ねぎの甘さを味わえます。

ジューシーで柔らかい牛肉は、脂も赤身も美味しいです。他には、淡路米を使用したご飯、玉ねぎが入った味噌汁、オニオンスライスサラダ、淡路放し飼いたまご「生卵」、香の物が付きます。

ロース肉に割下をかけて豪快に焼き上げます。炊き立てのご飯に生卵をかけて卵かけご飯にします。焼きたてのお肉と一緒に食べます。モチモチのご飯とトロトロの卵と香ばしい肉が絶妙に絡み合います。

なお、淡路牛は、淡路島で生まれ育った黒毛和牛・交雑牛で日本を代表する神戸牛のルーツです。淡路島で優れた母牛を選定し計画的な交配を行う事で生まれた優秀な資質を保存継承しています。

「淡路放し飼いたまご」は、淡路島の自然環境で雄雌を放し飼いした鶏から生まれた卵です。 昔ながらの飼育方法でビタミンEとワカメと昆布など自家配合の飼料を食べさせた安全安心な卵です。

淡路島牛丼のおすすめ店は「淡路島牛丼おすすめ16選 島のソウルフード」の記事をご参照ください。

なお、道の駅うずしおは、淡路島南西端の鳴門岬にある道路施設です。日本で一番「鳴門の渦潮」に近いです。展望広場から、瀬戸内海と鳴門海峡、大鳴門橋と鳴門の渦潮が一望できます。

バーガーショップは、ご当地バーガーグランプリで全国1位と2位を獲得したバーガーが人気です。ショップは、淡路島玉ねぎドレッシングをはじめ、約700種類の商品を販売します。

レストランは、海鮮丼と牛丼が人気です。フォトスポットは、玉ねぎチェア、玉ねぎ自販機、玉ねぎツリーがあります。淡路島一周する「アワイチ」でドライブやツーリングの休憩スポットです。

道の駅うずしおの基本情報は以下のとおりです。

レストランの基本情報は以下のとおりです。

  • 営業時間:ランチ10:00~15:00(L.O.)、カフェ9:00~15:00(L.O.)
  • 休業日:木曜日
  • 座席数:約80席(テーブル席)、他に団体用200席

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました