八浄寺 淡路島七福神の大黒天(大黒さん)とご利益

八浄寺は、淡路島七福神の二番霊場として「大黒天」をお祀りして、心身の裕福を授ける寺です。大黒天は大黒さんと親しまれる裕福の神様で、五穀豊穣や商売繁盛などのご利益があります。朱塗りの宝塔が目印です。淡路島七福神の総本山のお寺で、一年を通して様々なお祭りが催されています。兵庫県淡路市佐野にあり国道28号線を下ってすぐにあります。

淡路島七福神の八浄寺の詳細情報

  • 住所:〒656-2212 兵庫県淡路市佐野834
  • 電話:0799-65-0026
  • 営業時間:8:00~17:00
  • 定休日:無休
  • 御真言:おんまかぎゃらやそわか
  • 御詠歌:打つ槌に宝の雨をふらしつつ 無福の民を救う御神
  • 記念品:マッチと幸せの実る花の種
  • 駐車場:無料(普通車100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道東浦ICから車で約20分、津名一宮ICから車で15分

淡路島七福神で裕福の神様の大黒天(大黒さん)

八浄寺は、淡路島七福神の「大黒天」をお祀りするお寺です。大黒天は、通称「大黒さん」と呼ばれています。頭に頭巾、肥満と福耳といわれる大きな耳を持ち、体に狩衣をまとい、左手に大きな袋を持ち、右手に打出の小槌をかざし、二俵の米俵に立ち白ネズミを従えた姿で描かれます。

もとはインドのヒンズー教の創造と破壊を司るシヴァ神の化身です。インド密教に取り入れられた「マハーカーラ」のことです。「マハー」とは大(偉大)、「カーラ」とは黒(暗黒)を意味することから、日本には「大黒天」と伝わりました。

日本には仏法守護の神として伝来しましたが、日本神話の大国主命(おおくにぬしのみこと)と結びつきました。「裕福(五穀豊穣)」の神様として広く信仰されるようになりました。

大黒天がつけた頭巾は「上を見ない」という謙虚さを表しています。2つの米俵は「二表で満足をする」という欲張らない心を表しています。大黒天が左手に持っている大きな袋は「ふくろ」から「福労」と転じて、苦労をいとわず、苦労を買って出て、苦労の積み重ねを溜め込むための大きな袋といわれています。

大黒天が右手に持つ「打出の小槌」は、「怠け心」「よこしまな心」「弱い心」など「邪悪な心」を打ち振って、人の迷いを晴らします。左手の大きな袋に人生の苦労を積み重ねて溜め込んで、右手の打出の小槌を振ることによって、心身ともに裕福な人生が溢れ出るともいわれています。例えば、一寸法師は鬼退治をして、打ち出の小槌で1寸(約3センチ)だった身長を、6尺(約180センチ)にまで高くしてもらいました。

淡路島七福神の大黒天(大黒さん)のご利益

  • 五穀豊穣
  • 商売繁盛
  • 子孫繁栄
  • 出世開運
  • 家産増進
  • 福徳開運
  • 子孫愛育

淡路島七福神の八浄寺の歴史

応永年間(1394年~1427年)に開基心了法師による阿弥陀如来造立して創建されました。延宝年間(1673年~1681年)に盛奝上人が円融山浄満寺を中興されました。その後、八幡神社別当寺の平松山八幡寺と合併して、蓮台山八浄寺と改称されました。

七福神の総本山として瑜祇七福宝塔は1989年9月に建立しました。本堂に高さ2メートルの大きな大黒さんが安置されており、立派な朱塗りの「瑜祇七福宝塔」が鮮やかに立っています。室町時代から続く高野山真言宗の古刹で、弘法大師が御筆と伝えられる妙音弁財天を、年ごとに場所を移してお祀りする淡路島の奇祭「回り弁天」発祥の寺といわれています。

淡路島七福神の八浄寺のアクセス

東浦インターチェンジからのルート

八浄寺は、東浦インターチェンジを下りて28号線に入り真っ直ぐ南に走ります。海岸沿いから坂道を登ってトンネルの手前左手に見える朱色の宝塔が目印です。国道28号線から右折して坂道を下って高架下をくぐった先にあります。

  • 住所:〒656-2212 兵庫県淡路市佐野834
  • 電話:0799-65-0026

津名一宮インターチェンジからのルート

八浄寺は、津名一宮インターチェンジを下りて28号線に入り真っ直ぐ北に走ります。坂道を登ってトンネルを通過したすぐに右手に見える朱色の宝塔が目印です。国道28号線から左折して坂道を下って高架下をくぐった先にあります。

  • 住所:〒656-2212 兵庫県淡路市佐野834
  • 電話:0799-65-0026

淡路島七福神めぐり パワースポット巡り

淡路島七福神めぐりは、島全体を七福神が乗り合う大きな宝船に見立てています。七つの神様が祀られる七つのお寺を参拝しながら、淡路島を一巡りすると幸福になるというパワースポット巡りです。古来より、淡路島で七福神めぐりをすると縁起が良くてご利益があり、皆が幸せになれるということから人気を博しています。人気の理由は、国生み神話で淡路島が日本で最初に誕生した島であること、淡路島が昔から御食国といわれ食の宝庫であること、淡路島が山と海と花に囲まれた自然の宝庫であることに由来しています。

淡路島七福神めぐり まとめ
淡路島七福神めぐりは、七つの神様が祀られるお寺を参拝しながら淡路島を回ります。全てめぐると七つの幸福を授かるパワースポット巡りです。淡路島を七福神が乗り合う一つの宝船に見立てています。古来から、淡路島で七福神めぐりをすると縁起が良くて、ご利...

八浄寺(大黒さん、裕福の神様)

八浄寺 淡路島七福神の大黒天(大黒さん)とご利益
八浄寺は、淡路島七福神の二番霊場として「大黒天」をお祀りして、心身の裕福を授ける寺です。大黒天は大黒さんと親しまれる裕福の神様で、五穀豊穣や商売繁盛などのご利益があります。朱塗りの宝塔が目印です。淡路島七福神の総本山のお寺で、一年を通して様...
  • 住所:〒656-2212 兵庫県淡路市佐野834
  • 電話:0799-65-0026

宝生寺(寿老人さん、長寿の神様)

宝生寺 淡路島七福神の寿老人とご利益
宝生寺は、淡路島七福神の六番霊場として「寿老人」をお祀りして達者で長寿を授ける寺です。寿老人は長寿の神さんと親しまれる神様で、幸福長寿や家庭円満などのご利益があります。境内の「長寿橋」を渡れば10年寿命が延びるといわれ、参拝後に戴けるお茶を...
  • 住所:〒656-2143 兵庫県淡路市里326
  • 電話:0799-62-2905

智禅寺(弁天さん、知恵の神様)

智禅寺 淡路島七福神の弁財天(弁天さん)とご利益
智禅寺は、淡路島七福神の四番霊場として「弁財天」をお祀りして良妻賢母の道を授ける寺です。弁財天は弁天さんと親しまれる知恵の神様で、学徳成就や諸芸上達などのご利益があります。竜宮城を連想させるような鐘楼門があります。大変珍重な8つの腕を持つ「...
  • 住所:〒656-1556 兵庫県淡路市草香436
  • 電話:0799-86-1472

長林寺(福禄寿さん、大望の神様)

長林寺 淡路島七福神の福禄寿とご利益
長林寺は、淡路島七福神の五番霊場として「福禄寿」をお祀りして大望成就を授ける寺です。福禄寿は大望の神さんと親しまれる神様で、財運招福や延命長寿などのご利益があります。地名「都志」の由来は、菅原道真公が長林寺に参詣されたときに「都を志す」と誓...
  • 住所:〒656-1304 兵庫県洲本市五色町都志万歳975
  • 電話:0799-33-0121

護国寺(布袋さん、和合の神様)

護国寺 淡路島七福神の布袋尊とご利益
護国寺は、淡路島七福神の七番霊場として「布袋尊」をお祀りして家庭円満・和合を授ける寺です。行教上人が開創された由緒があります。布袋は布袋さんと親しまれる和合の神様で、夫婦円満や千客万来などのご利益があります。七福神で唯一実在する伝説の僧侶で...
  • 住所:〒656-0511 兵庫県南あわじ市賀集八幡732
  • 電話:0799-54-0259

万福寺(恵比寿さん、律儀の神様)

万福寺 淡路島七福神の恵比寿天とご利益
万福寺は、淡路島七福神の一番霊場として「恵比寿天」をお祀りして幸せの釣り方授ける寺です。恵比寿天は戎さんと親しまれる律儀の神様で、商売繁盛や五穀豊穣などのご利益があります。七福神で唯一の日本の神様である太神が奉られて1200年の歴史とされて...
  • 住所:〒656-0515 兵庫県南あわじ市賀集鍛治屋87-1
  • 電話:0799-54-0244

覚住寺(毘沙門さん、勇気の神様)

覚住寺 淡路島七福神で毘沙門天のお寺とご利益
覚住寺は、淡路島七福神の三番霊場として「毘沙門天」をお祀りして勇気と決断を授ける寺です。聖徳太子の勅詔により創建されたといわれています。淡路島で最古の寺院の一つです。毘沙門天は毘沙門さまと親しまれる勇気の神様で、武道成就や家内安全などのご利...
  • 住所:〒656-0451 兵庫県南あわじ市神代社家343
  • 電話:0799-42-0436
error:Content is protected !!