スポンサーリンク

宝生寺 淡路島七福神の寿老人とご利益

宝生寺は、淡路島七福神の六番霊場として「寿老人」をお祀りして達者で長寿を授ける寺です。寿老人は長寿の神さんと親しまれる神様で、幸福長寿や家庭円満などのご利益があります。境内の「長寿橋」を渡れば10年寿命が延びるといわれ、参拝後に戴けるお茶を飲むとさらに10年寿命が延びるといわれています。兵庫県淡路市里で、平山の裾野にあります。

淡路島七福神の宝生寺の詳細情報

  • 住所:〒656-2143 兵庫県淡路市里326
  • 電話:0799-62-2905
  • 営業時間:8:00~17:00
  • 定休日:無休
  • 御真言:おんばざらゆせいそわか
  • 御詠歌:玄鹿の命長きにあやかれと 杖を引きつつ世を救う神
  • 記念品:ぼけない五カ条が書かれた葉書
  • 駐車場:無料(普通車30台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名ICから車で20分

淡路島七福神で長寿の神様の寿老人

宝生寺は、淡路島七福神の「寿老人」をお祀りするお寺です。寿老人は、通称「寿老人さん」と呼ばれています。身長の約半分を占める長い頭と長い白髭が特徴です。頭に頭巾をかぶって、経典をぶら下げた杖と団扇や桃などを持ち、鶴や亀を従えた姿で描かれます。中国の中国三大宗教の一つである道教の神であり、竜骨座の中の南極老人星の化身です。中国では皇帝の寿命を支配する星と考えられました。

寿老神と呼ばれて、長寿の神様で老子の化身ともいわれています。老子が天に昇って南極老人星になったという道教の思想から、道教の三徳、福(子孫繁栄)、禄(財産)、寿(健康長寿)を備えて、人の寿命を知る神とされています。団扇は悪難を払い、桃は長寿の証で、鹿も長寿の象徴です。

淡路島七福神の寿老人のご利益

  • 幸福長寿
  • 家庭円満
  • 延命長寿
  • 福徳知恵
  • 諸病平癒

淡路島七福神の宝生寺の歴史

天平13年(740年)に、聖武天皇の勅命を受けて、僧侶が淡路島にお寺を建立するために刻んだ地蔵菩薩を安置したのが始まりです。「日限地蔵尊」と崇められており、ご利益ある尊像として人々に親しまれています。また、境内にある「長寿橋」を渡れば10年寿命が延びるといわれており、参拝後に戴けるお茶を飲むとさらに10年寿命が延びるといわれています。

淡路島七福神の宝生寺のアクセス

宝生寺は、津名一宮インターチェンジを下りて28号線に入り真っ直ぐ南に走ります。埋立地に観覧車が見えるあたりで、塩田交差点で右折して県道469号線に入ります。大きなお寺の見える交差点で左折して県道468号線に入ります。左手の山すそに見える境内の大きな屋根が目印です。

  • 住所:〒656-2143 兵庫県淡路市里326
  • 電話:0799-62-2905

淡路島七福神めぐり パワースポット巡り

淡路島七福神めぐりは、島全体を七福神が乗り合う大きな宝船に見立てています。七つの神様が祀られる七つのお寺を参拝しながら、淡路島を一巡りすると幸福になるというパワースポット巡りです。

古来より、淡路島で七福神めぐりをすると縁起が良、ご利益があり、皆が幸せになれることから人気です。

人気の理由は、国生み神話で淡路島が日本で最初に誕生した島であること、淡路島が昔から御食国といわれ食の宝庫であること、淡路島が山と海と花に囲まれた自然の宝庫であることに由来しています。

淡路島七福神めぐり まとめ
淡路島七福神めぐりは、七人の神様が祀られるお寺を参拝しながら淡路島を回ります。全てめぐると七つの幸福を授かるパワースポット巡りです。淡路島を七福神が乗り合う一つの宝船に見立てています。古来から、淡路島で七福神めぐりをすると縁起が良くて、ご利...
淡路島七福神めぐり
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!