伊弉諾神宮 ライトアップ「特別参拝と国生み神楽」夫婦の故郷 淡路島

毎月22日の夜間、19時から20時30分まで、伊弉諾神宮(いざなぎ神宮)で「夜間特別参拝ライトアップと創生国生み夜神楽」を開催しています。日本で最初の夫婦「イザナギ」と「イザナミ」の2神を祀る神社です。夫婦の故郷(ふるさと)として毎月22日を「夫婦の日」と定めています。

この日は、ライトアップされた境内で、お香で清めて語り部(コンシェルジュ)の案内で拝殿の特別正式参拝を体感できます。「創生国生み神楽」の舞を鑑賞できます。日本誕生の原点、国生みの地、淡路島のパワースポットである伊弉諾神宮で奉納される創生国生み神楽で最高のパワースポット体験を楽しめることでしょう。

特別参拝と創生国生み神楽の詳細情報

  • 開催場所:伊弉諾神宮
  • 開催住所:〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740
  • 電話番号:0799-70-1010
  • 開催日時:毎月22日19:00~20:00
  • 特別参拝祈願(約50分)創生国生み夜神楽の舞(約40分)
    ※4月は春大例祭のためにお休みとなります。
  • 受付場所:伊弉諾神宮の土産店「せきれいの里」
  • 参加料金:3800円
  • HP:伊弉諾神宮(いざなぎ神宮)
  • 駐車場:無料(25台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名ICから車で約10分

「夫婦」の故郷として夫婦の日

伊弉諾神宮は、日本で最初の夫婦「イザナギノミコト」と「イザナミノミコト」の2神を祀る日本最古の神社です。「夫婦」の故郷(ふるさと)として、「毎月22日」を夫婦の日と定めています。「毎月22日」にライトアップした神宮での特別参拝と創生国生み神楽の鑑賞という体験メニューをご用意しています。

特別参拝ライトアップの内容

拝殿や正門、大鳥居、夫婦大楠など10基のライトで照らして、参道も300個のローソクが灯されてライトアップされます。非日常的で厳かな雰囲気になります。お香で清めて語り部(コンシェルジュ)の案内により、拝殿の特別正式参拝を体感できます。

創生国生み神楽の内容

伊弉諾神宮では、「創生国生み神楽」の舞を鑑賞できます。国生み神楽は、日本の国生みを伝える神話「国生み神話」を元にした演目の神楽となります。2012年の古事記1300年の記念として、淡路市の一宮地区の住民グループ「くにうみ神話のまちづくり実行委員会」が制作しました。2018年7月で国生み神楽の上演が100回に達しました。初披露から7年目で節目を迎えました。なお、「創生国生み神楽」の演目となる「国生み神話」の内容は次の通りとなります。

国生み神話

「イザナギ」と「イザナミ」の二神が、日本の国土創世のために遣わされました。「天の橋」に立って「天の沼矛」で混沌をかき混ぜました。矛を上げると矛の先より滴が落ちました。一滴から於能凝呂島(おのごろじま)という島ができました。

「イザナギ」と「イザナミ」は於能凝呂島に降り立ち、結婚して次々と島を生み出しました。最初に生まれたのが淡路島です。続いて四国、隠岐、九州、壱岐、対馬、佐渡、最後に本州を生みました。八つの島を合わせて大八島国といわれています。

特別参拝と創生国生み神楽のアクセス

特別参拝と創生国生み神楽が開催される伊弉諾神宮へのアクセスは、夜間開催となるために自動車のみとなります。自動車の場合は、神戸淡路鳴門道の津名一宮インターチェンジより約10分で到着します。駐車場は、伊弉諾神宮前の信号を右折して進んだ右側約25台と、伊弉諾神宮前の信号を通過して進んだ右手に約50台あります。

伊弉諾神宮の概要

伊弉諾神宮(いざなぎ神宮)は、全国でも知る人ぞ知る歴史と格式を誇る神社です。日本に現存する最古の書物「古事記」と「日本書紀」に創祀の記載がある日本最古の神社です。格式は、「神宮」を名乗ることができる全国24社しかない1社になります。神位は一品という極位、社格は官幣大社です。祭神は伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)という日本神話の「国生み」に登場する二神です。

伊弉諾神宮 日本最古の神社で国生み神話ゆかりの淡路島
伊弉諾神宮(いざなぎ神宮)は、日本最古の書物「古事記」と「日本書紀」に創祀の記載がある日本最古の神社です。格式は「神宮」を名乗る全国24社の1社です。神位は一品という極位、社格は官幣大社です。祭神は伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)...

一の鳥居、二の鳥居、手水舎、表神門、拝殿、本殿とそれ以外にも、樹齢900年の「夫婦の大楠」、神の島を司る「陽の道しるべ」、放生神事が行われた「放生の神池」、リーブ21奉賛の「頭髪感謝碑」などパワースポットが目白押しです。現在では、関西有数のパワースポットとなっています。

error:Content is protected !!