スポンサーリンク

覚住寺 淡路島七福神で毘沙門天のお寺とご利益

覚住寺は、淡路島七福神の三番霊場として「毘沙門天」をお祀りして勇気と決断を授ける寺です。聖徳太子の勅詔により創建されたといわれています。淡路島で最古の寺院の一つです。毘沙門天は毘沙門さまと親しまれる勇気の神様で、武道成就や家内安全などのご利益があります。七福神で唯一の武将の姿をした神です。

淡路島七福神の覚住寺の基本情報

  • 住所:〒656-0451 兵庫県南あわじ市神代社家343
  • 電話:0799-42-0436
  • 営業時間:8:00~17:00
  • 定休日:無休
  • 御真言:おんべいしらまんだやそわか
  • 御詠歌:魔を降す猛き姿にひきかえて 情にあまる福徳の神
  • 記念品:おはし
  • 駐車場:無料(普通車20台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で20分

淡路島七福神で勇気の神様の毘沙門天

覚住寺は、淡路島七福神の「毘沙門天」をお祀りするお寺です。毘沙門天は、通称「毘沙門さん」と呼ばれています。七福神で唯一の武将の姿をした神です。革製の甲冑に身を固めて、右手に宝棒、左手に宝塔、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつけている姿で描かれます。智恵と勇気の守り神で元々は古代インドの神話で、インドの北を守る善神とされています。仏教において天界の仏神で、持国天、増長天、広目天と共に四天王の一つに数えられる無敵の闘神であり、別名「多聞天」といわれています。財宝の象徴である北方の守護神です。古くは武運の神として上杉謙信ら戦国武将の信仰を集めていました。

淡路島七福神の福禄寿のご利益

  • 武道成就
  • 家内安全
  • 降魔厄除
  • 夫婦和合
  • 財運招福
  • 無病息災

淡路島七福神の覚住寺の歴史

推古天皇の頃(592年)に聖徳太子の勅詔により創建されたといわれれています。最盛期には。七堂伽藍を備えた広大な寺院で多くの塔が建っていました。淡路島で最古の寺院の一つです。

淡路島七福神の覚住寺のアクセス

覚住寺は、西淡三原インターチェンジを下りて県道31号線を福良方面に左折します。マクドナルド南あわじ店のある八幡交差点を左折して国道28号線を真っ直ぐ進みます。三原川を渡り進みます。立石交差点を右折して真っ直ぐ進みます。オニオンロードを越えて三叉路を右に進んでカーブを曲がった左手になります。

  • 住所:〒656-0451 兵庫県南あわじ市神代社家343
  • 電話:0799-42-0436

淡路島七福神めぐり パワースポット巡り

淡路島七福神めぐりは、島全体を七福神が乗り合う大きな宝船に見立てています。七つの神様が祀られる七つのお寺を参拝しながら、淡路島を一巡りすると幸福になるというパワースポット巡りです。

古来より、淡路島で七福神めぐりをすると縁起が良、ご利益があり、皆が幸せになれることから人気です。

人気の理由は、国生み神話で淡路島が日本で最初に誕生した島であること、淡路島が昔から御食国といわれ食の宝庫であること、淡路島が山と海と花に囲まれた自然の宝庫であることに由来しています。

淡路島七福神めぐり まとめ
淡路島七福神めぐりは、七人の神様が祀られるお寺を参拝しながら淡路島を回ります。全てめぐると七つの幸福を授かるパワースポット巡りです。淡路島を七福神が乗り合う一つの宝船に見立てています。古来から、淡路島で七福神めぐりをすると縁起が良くて、ご利...
淡路島七福神めぐり
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!