献上鯛まつり 淡路島南あわじ市の丸山漁港

スポンサーリンク

献上鯛まつりが開催されます。淡路島南あわじ市の丸山漁港で名産の鯛(タイ)が「令和の大嘗祭」に献上されることをお祝いするイベントです。入場は無料となります。

大嘗祭は、皇位継承の際に行われる伝統儀式です。天皇陛下が五穀豊穣や国民の安寧をお祈りします。供納の依頼を受けて11月に行う祭祀には5匹の鯛(タイ)を献上する予定です。

イベントでは、大正時代の献上鯛(干物)作成作業の復刻が行われます。秋が旬の「紅葉鯛」を使用した鯛めし、鯛の天ぷら、鯛の煮付け、鯛の酢の物、鯛のみそ汁などの無料ふるまいが行われます。

献上鯛まつりの開催日時は、10月20日(日)の9時30分から12時までとなります。開催場所は、南あわじ市阿那賀の丸山漁港内の魚彩館周辺となります。入場は無料です。

なお、当初10月12日(土)に開催予定でしたが、台風19号の影響で10月20日(日曜日)に延期となりました。

スポンサーリンク

献上鯛まつりの基本情報

  • 開催場所:丸山漁港内 魚彩館周辺
  • 開催日時:2019年10月20日(日)9:30~12:00
  • 住所:〒656-0661 兵庫県南あわじ市阿那賀1507-2
  • 電話:0799-39-0237
  • お問合せ:0799-39-0005(南あわじ市水交会)、0799-43-5243(南あわじ市水産振興課)
  • 駐車場:無料(約40台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから車で約12分

献上鯛まつりの内容

10月20日(日)の9時30分から12時まで、兵庫県南あわじ市阿那賀にある丸山漁港の魚彩館周辺で「献上鯛まつり」が開催されます。入場は無料となります。

11月に天皇陛下が皇位継承に行う祭祀で供納の依頼を受けて献上の準備を進める「献上鯛」のイベントです。大変めでたい鯛をお祝いするお祭りとなります。

当日に用意される鯛は、150キロ分にも及びます。

お祭りでは、大正時代の献上した鳴門海峡の鯛の干物(干しダイ)の作成作業が復刻されます。白装束を身にまとい「丸山献上隊(鯛)」が調理、運搬、乾燥までの作業を再現します。

全長40センチ前後の鯛10尾を調理します。「うろこひき」や「塩漬け」など6工程の作業を実演します。

めでたいということから、淡路島では恒例の餅まきが行われます。

秋が旬の「紅葉鯛」を使用した鯛めし、鯛の天ぷら、鯛の煮付け、鯛の酢の物、鯛のみそ汁など新鮮な鯛料理の無料ふるまいが行われます。5品で合計2000食分となります。

なお、当初10月12日(土)に開催予定でしたが、台風19号の影響で10月20日(日曜日)に延期となりました。

丸山地区は、大正、昭和、平成と3代にわたって天皇陛下の即位の「大嘗祭」などで鯛を献上してきた歴史があります。荒波で育つため身が引き締まっている絶品と称されています。

丸山漁港で水揚げされる鳴門海峡の鯛は、大正と平成の大嘗祭でも献上されました。昭和には神戸港に停泊中の艦船の中で陛下に提供されました。

令和の大嘗祭でも鳴門海峡の鯛を献上するために、漁協関係者で準備を進めています。鳴門海峡の急流で育った鯛は、身が分厚く引き締まって食べ応えがあると評判です。

丸山地区では、鳴門海峡の鯛を献上してきた歴史ある郷土を活性化するために、鳴門海峡の鯛を「献上鯛」としてアピールするために、丸山地区の住民で「丸山献上隊(鯛)」を結成しました。

地元の漁協では「令和の大嘗祭」に献上する鯛(タイ)の漁を11月末に行う予定です。

神戸元町商店街にある農産物アンテナショップ「元町マルシェ」で鳴門海峡の鯛などを販売する計画、丸山漁港の海産物直売所「魚彩館」でコミュニティーカフェを開催する計画を予定しています。

スケジュール

  • 9:30 あいさつ、来賓祝辞
  • 10:15 献上儀式(大正時代の献上鯛(干物)作成作業の復刻)
  • 10:45 餅まき・鯛料理の無料振舞い

献上鯛まつりの会場

献上鯛まつりが開催される会場は、兵庫県南あわじ市阿那賀にある丸山漁港の魚彩館となります。魚彩館は、丸山海釣り公園に隣接した漁協直営の海産物直売所となります。

旬の時期に美味しい海産物が並んでいます。タイ、タコ、ヒラメ、カサゴ、メバル、アナゴ、伊勢エビなど当日水揚げされた鳴門海峡で獲れる新鮮な魚介類を販売しています。

いけすには多くの魚が泳いでいて鮮度抜群です。漁港直営で値段も格安です。ワカメ、タコの塩辛などの加工品も販売されています。宅配便が利用できます。

献上鯛まつりのアクセス方法・行き方

献上鯛まつりが開催される丸山漁港の魚彩館までのアクセス方法・行き方は、自動車のみの交通手段となります。

神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジが最寄りのICとなります。淡路島南ICから車で約12分で到着します。

県道25号線を道なりに進みます。阿那賀交差点を左折します。県道25号線を道なりに進むと魚彩館に到着します。駐車場は無料で約40台が駐車できます。

献上鯛まつりの周辺の観光スポット

献上鯛まつりが開催される丸山漁港の魚彩館の周辺の観光スポットは、道の駅うずしお、うずの丘大鳴門橋記念館の2つとなります。

道の駅うずしおは、淡路島の南西端の渦潮岬にある道の駅です。世界三大潮流である鳴門海峡の絶景を眺められます。グルメでは、全国1位の淡路島バーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」が食べられます。

玉ねぎチェアや玉ねぎツリー、玉ねぎソフトや玉ねぎ自販機などがあります。土産では、玉葱ドレッシングや玉ねぎスープがあります。自転車やバイクで淡路島一周する通称「アワイチ」の休憩地点で人気です。

うずの丘大鳴門橋記念館は、淡路島の南西端の丘にある観光施設です。太平洋と鳴門海峡と瀬戸内海の大パノラマが眺められます。全国1位の淡路島バーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」が食べられます。

玉ねぎモニュメント、玉ねぎキャッチャー、玉ねぎカツラなどインスタ映えスポットが目白押しです。うにしゃぶで人気のレストランや子供に人気のうずしお科学館もあります。