洲本市が「新生児特別臨時給付金」新型コロナ対策

ニュース

洲本市が新生児特別臨時給付金を開始しました。新型コロナウイルス対策として、国の特別定額給付金の基準日後に出生した新生児を給付対象とした洲本市独自の支援策となります。

2020年4月28日から2021年3月31日に出生した洲本市に住民登録のある新生児の世帯に対して、新生児1人につき10万円が給付されます。申請期限は、2021年3月31日までとなります。

4月28日生まれから8月16日生まれの給付対象となる新生児の保護者には、洲本市から給付申請書が送付されます。8月17日生まれから給付対象となる世帯には、直接市役所総務課での受付が可能です。

洲本市新生児特別臨時給付金事業

洲本市新生児特別臨時給付金事業は、新型コロナウイルス対策として、国の特別定額給付金の基準日後に出生した新生児も給付対象に、制度の公平性維持と経済的負担軽減を目的に制定された独自の支援策です。

新型コロナウイルス感染症の影響の長期化が見込まれる中、国の特別定額給付金の基準日(令和2年4月27日)後に出生した新生児も給付対象とし、制度の公平性の維持と、平素の市民生活に生じる経済的負担の軽減を図る目的で制定された洲本市独自の支援策です。

給付額

2020年4月28日から2021年3月31日に生まれた洲本市に住民登録のある新生児の世帯に対して、新生児1人につき10万円が給付されます。

対象要件

洲本市新生児特別臨時給付金の対象要件は以下の通りです。

  • 2020年4月28日から2021年3月31日の間に出生して、「新生児特別臨時給付金事業」の給付申請日時点で洲本市に住民登録のある新生児の父親もしくは母親であること。
  • 洲本市で国の特別定額給付金の給付対象者でかつ給付申請日時点で洲本市に住民登録のある場合、もしくは6か月以上洲本市に住民登録がある場合。

受給権者

洲本市新生児特別臨時給付金の受給権者は、対象要件を満たす方の給付申請日時点の世帯の世帯主となります。

申請期限

洲本市新生児特別臨時給付金の申請期限は、2021年3月31日です。ただし、出生届日もしくは洲本市の住民登録が6か月以上経過する日により、2021年4月以降の申請になる場合もあります。

申請方法

洲本市新生児特別臨時給付金の申請方法は、給付申請書と必要書類を提出することになります。

国の特別定額給付金を世帯主として給付申請、受給された方で同じ振込先を指定する場合

  • 新生児特別臨時給付金申請書
  • 住民票

国の特別定額給付金を世帯主として給付申請、受給された方で別の振込先を指定する場合

  • 新生児特別臨時給付金申請書
  • 住民票
  • 振込先金融機関口座確認書類(通帳もしきはキャッシュカード)

国の特別定額給付金を世帯主として給付申請されていない場合

  • 新生児特別臨時給付金申請書
  • 住民票
  • 受給者本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証・健康保険証)
  • 振込先金融機関口座確認書類(通帳もしきはキャッシュカード)

申請場所

洲本市新生児特別臨時給付金の申請場所は、洲本市役所もしくは五色庁舎となります。

  • 洲本市役所4F 総務部総務課:0799-22-7067
  • 洲本市役所 五色庁舎窓口サービス課

なお、淡路島の新型コロナウイルス感染状況と防止対策は以下の記事をご参照ください。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました