淡路島ナイトクルーズ うずしおクルーズ

自然・体験

淡路島ナイトクルーズが開催されます。淡路島の遊覧船「うずしおクルーズ」で、夜の鳴門海峡に出港します。船から海に向けてLEDライトを照射することで渦潮と光と星の共演を楽しめます。

鳴門の渦潮が青や赤にライトアップされます。水面から浮かび上がります。運行日には大鳴門橋も特別にライトアップされます。空には星が輝きます。鳴門海峡の幻想的な光景を鑑賞できます。

淡路島ナイトクルーズの開催日程は、2021年9月22日(水)、23日(木)、10月8日(金)、9日(土)の4日間限定です。乗船時間は19時から20時までの約60分の船旅です。

ナイトクルーズ 淡路島うずしおクルーズ

淡路島ナイトクルーズ

2021年9月22日(水)、23日(木)、10月8日(金)、9日(土)に、兵庫県南あわじ市の道の駅福良から出港する遊覧船「うずしおクルーズ」で、淡路島ナイトクルーズが開催されます。

鳴門海峡では、これまで夜に渦潮を見ることは不可能と言われていました。誰も見たことがありません。船上から海に向けて照度の高いLEDライトを照射することで渦潮を見ることが可能となりました。

普段は昼間に運行する「うずしおクルーズ」が幻想的な夜の鳴門海峡に出港します。頭上には、満月や三日月に照らされた星空が眺められます。静まり返った淡路島の山々も映し出します。

鳴門海峡では、大鳴門橋が運行日に特別にライトアップされています。当時は東洋一と称された巨大なアーチが浮かび上がります。暗がりを進みながら波の音が徐々に高くなってきます。

船に装備したLEDイルミネーションで鳴門海峡で発生する「鳴門の渦潮」を照射します。赤色や青色で渦潮をピンポイントに照らします。真っ暗な水面から渦が幻想的に浮かび上がります。

星が輝く月夜に、世界一の渦潮・大鳴門橋がライトアップされます。渦潮と星空が創り出す幻想的な夜となります。夜の船旅でしか味わえない特別でエキサイティングな体験を演出します。

普段は体験することができない夜の鳴門海峡の航海となります。貴重な非日常体験となります。なお、申込方法は、専用ページからのネット予約となります。

なお、淡路花博20周年記念事業「花みどりフェア」として夜の渦潮を体験するイベントとなります。

淡路花博20周年記念 花みどりフェアは、2021年の春期と秋期に、淡路島を舞台に開催される祭典(キャンペーン)となります。テーマは「みなとつながる「花 緑 食の島」淡路」です。

また、淡路島と徳島県を挟む鳴門海峡は、世界三大潮流に数えられるほど潮流が激しい海峡です。世界最大の渦潮「鳴門の渦潮」が発生します。世界でも貴重な自然現象となります。

遊覧船「うずしおクルーズ」では、 世界一の「鳴門の渦潮」を間近で観潮することができます。遊覧船の乗船申込する場合は、公式ホームページで運行日時と渦潮の状況を確認します。

日付毎に渦の期待度が表示されています。大きな渦が期待できる日時がおすすめです。乗船日時を決定すると、インターネットで乗船予約することをおすすめします。

  • うずしおクルーズ公式ホームページ:時刻表

詳細・基本情報

  • 開催日程:2021年9月22日(水)、23日(木)、10月8日(金)、9日(土)
  • 開催時間:19:00~20:00
  • 乗船料金:中学生以上4,000円、小学生以下1,000円、幼児無料(大人1人に幼児1人)
  • 開催場所:うずしおクルーズ
  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054
  • 公式HP:https://www.uzu-shio.com/
  • 駐車場:100台(普通車)
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約15分、淡路島南ICから車で約15分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました