生サワラ丼「うずの丘大鳴門橋記念館」

ジャンル

うずの丘大鳴門橋記念館「絶景レストラン」の生サワラ丼のメニューは「淡路島生サワラ丼」がおすすめです。春に脂がよくのり、中トロのような身が自慢のサワラを豪快に盛りつけた丼となります。

どんぶり鉢には、豪快かつ繊細に美しい白身が並びます。春のサワラは真子や白子と食べると格別と味わいです。秋のサワラは寒鰆と称されて、冬に向けて脂を蓄えたトロ顔負けの身はプロも唸らせます。

他にも、生サワラの茶飯があります。サワラを醤油に絡めます。熱々のご飯と白湯でお茶漬けにして食べます。新鮮だからこその贅沢な洲本市五色地域に伝わる郷土料理です。郷土漁師飯とも称されます。

なお、洲本市五色地域では古来より新鮮なサワラの刺身やタタキが漁師たちの食卓を彩りました。

生サワラ丼のメニュー

  • 淡路島生サワラ丼(島の漁師めし):1,870円
  • 生サワラの茶飯(島の漁師めし):1,980円

淡路島生サワラ丼のおすすめ店は「淡路島生サワラ丼おすすめ4店」の記事をご参照ください。

なお、絶景レストランうずの丘は、南西部の丘にある観光施設「うずの丘大鳴門橋記念館」のレストランです。大鳴門橋や鳴門海峡の絶景を眺めながら淡路島の魚介類を使用した海鮮料理を堪能できます。

うずの丘大鳴門橋記念館は、高速道路の淡路島南インターチェンジから車で約3分です。建物は、鉄筋2階建てです。駐車場も広めです。大鳴門橋と鳴門海峡の絶景が眺められます。

玉ねぎモニュメント、玉ねぎカツラ、玉ねぎUFOキャッチャーなどが人気です。ファストフード店では全国1位を獲得したハンバーガーが食べられます。ショップでは、玉ねぎドレッシングが人気です。

また、絶景レストランうずの丘の基本情報は以下のとおりです。

  • 住所:〒656-0400 兵庫県南あわじ市福良丙936-3
  • 電話 :0799-52-2888
  • 公式サイト:https://rest.uzunokuni.com/
  • 営業時間:10:00~15:30(L.O.15:00)
  • 定休日:火曜日
  • 座席数:188席(2人掛けテーブル席4卓、4人掛けテーブル席45卓)
  • 駐車場:約200台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路島南ICから約3分

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました