生サワラ丼「道の駅うずしお」

ジャンル

道の駅うずしお「レストラン」の生サワラ丼のメニューは「淡路島さわらのタタキ丼」がおすすめです。淡路島を代表する食材「サワラ」と「釜揚げしらす」を一度に食べられる贅沢な丼となります。

旬のサワラは、身が柔らかく中トロのように口の中でとろけます。サッパリとした中にも甘みがあります。新鮮で旨みがあり美味しいです。炙りサワラをワサビ醤油、薬味・ポン酢をかけて食べます。

タタキとして堪能できます。魚に春と書いて鰆(サワラ)は年に二回、旬の時期があります。冬から春にかけては栄養を蓄えて脂がのります。秋から冬にかけてはサワラに夏に痩せた身に脂が戻ります。

釜揚げしらすは、フワフワでしっとりと柔らかです。生しらすを釜茹でしています。地元福良港に水揚げされたシラスを漁港の近くの工場で釜揚げした新鮮な釜揚げしらすです。直行便で提供されます。

生サワラ丼のメニュー

  • 淡路島さわらのタタキ丼:1,980円

淡路島生サワラ丼のおすすめ店は「淡路島生サワラ丼おすすめ4店」の記事をご参照ください。

なお、レストラン道の駅うずしおは、淡路島南西端で道路施設「道の駅うずしお」にあります。鳴門岬で大鳴門橋の袂にあります。鳴門の渦潮が発生する鳴門海峡や大鳴門橋の絶景が眺められます。

ご当地グルメを提供するレストラン、お土産を販売するショップ、バーガーを販売するファストフード店があります。全国1位と2位を獲得したバーガー、玉ねぎスープ、玉ねぎドレッシングが人気です。

バイクや自転車で淡路島を1周する通称「アワイチ」の休憩場所として人気の道の駅です。

また、レストラン道の駅うずしおの基本情報は以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました