海鮮丼「うずの丘大鳴門橋記念館」

ジャンル

うずの丘大鳴門橋記念館「絶景レストラン」の海鮮丼は「海鮮ひつまぶし」がおすすめです。

  • 海鮮ひつまぶし:1,760円

海鮮ひつまぶしは、淡路島の旬の海鮮をひつまぶしにした丼です。海鮮は、タイやサワラ、タチウオやヒラメなど白身魚が中心です。漁港から水揚げされた新鮮な白身の地魚を直接仕入れています。

地元のセンザン醤油とキッコー酢を使用して寿司飯を「赤シャリ」にしています。さらに絶品の「うに板」3分の1程度を使用しています。ひと手間加えることで極上の旨みに仕上げています。

なお、赤うに(6月中旬から10月中旬)と黒うに(10月中旬から6月中旬)を使用します。3つの食べ方で楽しめます。まずは、ちらし寿司として海鮮の旨みと赤シャリの甘みを味わいます。

次に、お造りとしてワサビ醤油で海鮮をそのまま味わいます。最後は、寿司飯とお造りをお茶碗に移して、薬味をのせて出汁を注ぎます。締めのお茶漬けとして食べます。存分に堪能できます。

淡路島海鮮丼については「淡路島 海鮮丼おすすめ11選」をご参照ください。

うずの丘大鳴門橋記念館は、淡路島南西部の丘にある観光施設です。展望広場は、大鳴門橋と鳴門海峡と瀬戸内海の絶景と巨大玉ねぎモニュメント「おっ玉葱」のフォトスポットで人気です。

バーガーショップは、ご当地バーガーグランプリで全国1位と2位を獲得したバーガーが人気です。ショップは、淡路島ビスケット島ビスケ玉ねぎはじめ、約300種類の商品を販売します。

レストランは、淡路島の魚介類を使用した海鮮料理を堪能できます。他にも、鳴門の渦潮の展示学習施設、玉ねぎUFOキャッチャー、玉ねぎカツラ、玉ねぎピアノ、玉ねぎチェアで人気です。

うずの丘大鳴門橋記念館の基本情報は以下のとおりです。

絶景レストランうずの丘の基本情報は以下のとおりです。

  • 営業時間:11:00~15:00
  • 定休日:月曜日、火曜日
  • 座席数:180席

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました