海鮮丼「道の駅うずしお」

ジャンル

道の駅うずしお「レストラン」の海鮮丼は「白い海鮮丼 今日のネタなんですか?」がおすすめです。

  • 白い海鮮丼:2,420円

白い海鮮丼は、淡路島の白身魚などを使用した海鮮丼です。白色の地魚が散りばめられています。使用される魚は、当日の漁で異なります。日々異なるネタが盛り付けられる楽しみがあります。

真鯛(マダイ)、鰆(サワラ)、太刀魚(タチウオ)、鈴木(スズキ)、蛸(タコ)など多彩です。まず新鮮な地魚をお造りとして醤油で食べます。醤油は、地元センザン醤油を使用しています。

次にお好みの魚を海鮮丼として食べます。白身魚の食べ比べができます。特製ゴマ醤油をかけるとゴマの風味と相性が抜群です。締めは、特製の鯛味噌を入れて出汁を注いでお茶漬けとして食べます。

なお、淡路島の近海は、暖流の影響がほとんどありません。マグロやカツオなどの赤身魚がほぼ水揚げされません。太平洋と瀬戸内海の海水が混ざり合いミネラル豊富で栄養たっぷりです。

結果、プランクトンが多数生息して、渦潮が発生するほど潮流も早く、魚介類が美味しく育つ環境が整っています。プランクトンを格好のエサとする「根魚で白身の魚」が豊富に獲れます。

淡路島海鮮丼については「淡路島 海鮮丼おすすめ11選」をご参照ください。

道の駅うずしおは、淡路島南西端の鳴門岬にある道路施設です。日本で一番「鳴門の渦潮」に近いです。展望広場から、瀬戸内海と鳴門海峡、大鳴門橋と鳴門の渦潮が一望できます。

バーガーショップは、ご当地バーガーグランプリで全国1位と2位を獲得したバーガーが人気です。ショップは、淡路島玉ねぎドレッシングをはじめ、約700種類の商品を販売します。

レストランは、海鮮丼と牛丼が人気です。フォトスポットは、玉ねぎチェア、玉ねぎ自販機、玉ねぎツリーがあります。淡路島一周する「アワイチ」でドライブやツーリングの休憩スポットです。

道の駅うずしおの基本情報は以下のとおりです。

レストランの基本情報は以下のとおりです。

  • 営業時間:ランチ10:00~15:00(L.O.)、カフェ9:00~15:00(L.O.)
  • 休業日:木曜日
  • 座席数:約80席(テーブル席)、他に団体用200席

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました