夏限定「鱧づくし御膳」青の舎

飲食・喫茶

夏限定「鱧づくし御膳」が登場しました。淡路島にある劇場&レストラン「青海波」の和食レストラン「青の舎」で、淡路島で夏の味覚「鱧」をふんだんに使用した御膳が提供されます。

淡路島産の鱧は、脂がのり、肉付きが良く食べ応えある身が特徴です。この時期だけ味わえる希少な魚です。今回は朝採れの新鮮な鱧をお造り、鱧鍋、鱧の天麩羅など素材の味を様々な形で楽しめます。

夏限定「鱧づくし御膳」の提供期間は、2021年7月2日(金)から9月29日(水)までとなります。料金は7480円(税込)です。ご家族や大切な方と一緒に優雅なひとときを過ごせます。

なお、2021年7月2日(金)から8月31日(火)まで、夏が旬の鰻を使用した料理「うな重・鰻握り」が提供されます。古来より日本で鰻を食べる習慣の「土用の丑の日」におすすめです。

夏限定「鱧づくし御膳」青の舎

夏限定「鱧づくし御膳」

2021年7月2日(金)から9月29日(水)まで、兵庫県淡路市にある劇場&レストラン「青海波」の和食レストラン「青の舎」で、淡路島で夏の味覚「鱧」をふんだんに使用した御膳が提供されます。

鱧づくし御膳は、、お造り、鱧寿司、鱧鍋、鱧の天麩羅など朝採れの新鮮な鱧を使用して様々な形で素材の味を引き出しています。脂がのり、肉付きが良く食べごたえのある身が特徴です。

淡路島の鱧は、京都・大阪など高級料亭でも使用されており知名度も抜群です。この期間しか味わえない希少な魚「淡路島の鱧」が堪能できます。

淡路島産の夏が旬の食材にこだわった和食のセットとなります。7,480円(税込)です。

店内は、吹き抜けの開放的な空間です。1階はキッチンカウンターとなります。オープンキッチンで職人が調理しています。天井に豪華なシャンデリアが飾られています。階段状のカウンターが並びます。

座席は、1階のカウンターテーブルをはじめ、階段状に4列のカウンターテーブルが並びます。全席が海側を向いています。劇場の観客席から舞台を見るように職人の見事な匠の技が見学できます。

なお、夏限定「鱧づくし御膳」のメニュー内容は以下のとおりです。

  • 前菜
  • 鱧鮨
  • 鱧のお造り
  • 鱧鍋
  • 鱧の天麩羅

2021年7月2日(金)から8月31日(火)まで、夏が旬の鰻を使用した料理「うな重・鰻握り」が提供されます。古来より日本で鰻を食べる習慣の「土用の丑の日」におすすめです。

  • 鰻握り:1,500円(税込)
  • うな重(汁物付):4,200円(税込)

海側は全面ガラス張りです。昼間は、瀬戸内海は播磨灘の絶景を眺めながら、淡路島の新鮮な食材を使用した鮨や天ぷらが食べられます。夕方は、日本の夕陽百選に選ばれたサンセットが楽しめます。

夜は、全面ガラスの壁にプロジェクションマッピング「青海の花火」が投影されます。優雅に泳ぐ魚、色鮮やかな花火、宝石の万華鏡など色彩豊かな美しい映像を眺めながら優雅に食事を楽しめます。

詳細・基本情報

  • 提供期間:2021年7月2日(金)~9月29日(水)
  • 提供時間:ランチ11:00~14:00(L.O.13:30)、ディナー17:00~21:00(L.O.20:00)
  • 提供場所:洋食レストラン「海の舎」
  • 提供価格:8,580円(税込)
  • 住所:〒656-1723 兵庫県淡路市野島大川70
  • 電話:0799-70-9020
  • 公式サイト:https://awaji-seikaiha.com/
  • 営業時間:ランチ11:00~14:00(L.O.13:30)、ディナー17:00~21:00(L.O.20:00)
  • 定休日:木曜日
  • 駐車場:無料(約50台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました