洲本の盆踊り 淡路島 洲本市民広場

スポンサーリンク

洲本の盆踊りは、台風10号の影響のために、会場が淡路島洲本市本町にあるコモード56商店街のレインボープラザに変更となりました。規模も縮小されて内容も変更されます。

開催時間は、8月14日(水)の17時から20時までの予定となっています。入場や観覧は無料です。駐車場は隣にあるイオン洲本店の駐車場が無料解放されます。

 

洲本の盆踊りが開催されます。淡路島洲本市にある洲本市民広場で、櫓(ヤグラ)を組んで、提灯(ちょうちん)を飾って、皆で輪になって踊り明かします。昔懐かしの盆踊りとなります。

盆踊りでは、2020東京五輪音頭など様々な踊りを輪になって踊ります。楽しいお店がたくさん出店します。ダンスやミュージックなどパフォーマンスタイムがあります。FC淡路島のボール遊びも企画されます。

スポンサーリンク

洲本の盆踊りの基本情報

  • 開催場所:コモード56商店街 レインボープラザ
  • 開催日時:8月14日(木)17:00~20:00
  • 住所:〒656-0021 兵庫県洲本市本町
  • 入場料金:無料
  • 駐車場:イオン洲本店の駐車場が無料解放(500台以上)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分

洲本の盆踊りの内容

洲本の盆踊りは、台風10号の影響のために、会場が淡路島洲本市本町にあるコモード56商店街のレインボープラザに変更となりました。規模も縮小されて内容も変更されます。

開催時間は、8月14日(水)の17時から20時までの予定となりました。入場や観覧は無料です。駐車場は隣にあるイオン洲本店の駐車場が無料解放されます。

洲本の盆踊りが開催されます。淡路島洲本市にある洲本市民広場で、櫓(ヤグラ)を組んで、提灯(ちょうちん)を飾って、皆で輪になって踊り明かします。昔懐かしの盆踊りとなります。

昔懐かしの盆踊りでは、皆一緒に輪になって盆踊りで様々な音頭を踊ります。和太鼓やダンスなどのパフォーマンスをはじめ、地域住民が浴衣や法被を着て「令和音頭」や「河内男節」などを踊ります。

楽しいお店がたくさん出店します。ダンスやミュージックなどパフォーマンスタイムがあります。FC淡路島のボール遊びも企画されます。

当日は、入場や観覧は無料で、駐車場として隣にあるイオン洲本店の駐車場が無料解放されます。

洲本の盆踊りは、江戸時代の阿波藩に属した時代に発生して、戦前まで盛んに開催されていました。

淡路島の郷土誌「堅磐草(かきわぐさ)」には、「洲本の盆踊りでは三味線が本調子で唄に合わせて町々を舞歩する」と記載されています。なお、堅磐草は、江戸時代後期の文人 渡辺月石さんの著書です。

江戸時代後期といえば、文化文政時代の最盛期です。江戸時代の町人文化の全盛期とされています。浮世絵や滑稽本、歌舞伎、川柳をはじめ、国学や蘭学の大成した時期とされいます。

伝承によると洲本の盆踊りは、当時の洲本の城下町にあった花街や魚町で発生したそうです。

城下町で唄われた俗曲に、替唄がつき、踊りがつき、明治時代にかけて洲本の盆踊りの主流となりました。洲本民踊「おまあや」と呼ばれていました。「おまあや」とは、おまえさんという意味です。

おばちゃんが三味線をひき、おっちゃんが太鼓をたたき、姉ちゃんが歌を唄い、皆が輪になり踊るのが源流とされています。輪おどり、町おどり、舞台おどりとも呼ばれています。

幕末には、柿渋を表面に塗った火おこしに使う渋団扇を叩いて踊る独特の世直し踊りへと進化したそうです。

戦後になると8月初旬の淡路島最大の夏祭り「淡路島まつり」と開催時期が近く次第に廃れました。1997年に一度復活しましたが下火となりました。2007年には途絶えてしまったそうです。

2019年は令和元年ということで12年ぶりに「洲本の盆踊り」が復活となります。お盆に帰省する若者が「地元愛」を感じられる、観光客が昔ながらの雰囲気を楽しめるお祭りとなります。

洲本の盆踊りの会場

洲本の盆踊りは、台風10号の影響のために、会場が淡路島洲本市本町にあるコモード56商店街のレインボープラザに変更となりました。規模も縮小されて内容も変更されます。

開催時間は、8月14日(水)の17時から20時までの予定となりました。入場や観覧は無料です。駐車場は隣にあるイオン洲本店の駐車場が無料解放されます。

 

洲本の盆踊りの会場となる洲本市民広場は、洲本市街地にある新都心ゾーンの中核を成す公園施設です。近代日本で有数の紡績工場として、経済産業省の近代化産業遺産に認定されています。

旧鐘紡洲本工場の赤レンガ造りの建物が立ち並んでいます。これらの建物は明治から昭和にかけて、洲本の経済的発展に貢献した鐘紡(カネボウ)紡績工場の外壁をそのまま残しています。

現在は、保存修復を繰り返して、洲本市立図書館、テナント施設「アルチザンスクエア」、市民食の場「ごちそう館 御食国(みけつくに)」、展示スペース「すもとアルファビアミュージアム」として再生しています。

これら建物を建物郡を取り囲む広場を含めて、市民憩いの場「洲本市民広場」が形成されています。これら景観は、兵庫県でも歴史が古い洲本市が誇る近代産業化を歩んできた遺産として当時を偲ばせます。

なお、洲本市民広場にはドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像があります。ドラクエ生みの親である堀井雄二さんの出身地としてドラクエ誕生30周年を記念する銅像が建立されました。

主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、人気キャラクターのスライムが寄り添った銅像が建てられています。洲本市民広場の大きな木の根元にひっそりと佇んでいます。

洲本の盆踊りのアクセス

洲本の盆踊りは、台風10号の影響のために、会場が淡路島洲本市本町にあるコモード56商店街のレインボープラザに変更となりました。規模も縮小されて内容も変更されます。

開催時間は、8月14日(水)の17時から20時までの予定となりました。入場や観覧は無料です。駐車場は隣にあるイオン洲本店の駐車場が無料解放されます。

 

洲本の盆踊りが開催される洲本市民広場へのアクセスは、自動車、高速バス、高速船と3つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合は、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターチェンジもしくは淡路島中央スマートインターチェンジから下ります。

洲本インターチェンジもしくは淡路島中央スマートインターチェンジから約15分で洲本市中心部に到着します。周辺の駐車場として、イオン洲本店駐車場と洲本バスセンター前駐車場があります。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。洲本バスセンターで降車します。

洲本バスセンターからは、正面にある県立淡路医療センターの敷地に沿って海岸と反対側に歩いていくと徒歩3分で洲本市民広場に到着します。

淡路交通バス

  • 高速舞子駅ー洲本BC(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 学園都市駅ー洲本BC(所要時間75分、乗車料金1600円)
  • 神戸三宮駅ー洲本BC(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

阪急高速バス

  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

本四海峡バス

  • 高速舞子駅ー洲本BC(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 三宮BT-洲本BC(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 新神戸駅ー洲本BC(所要時間95分、乗車料金1850円)
  • なんば駅(OCAT)ー洲本BC(所要時間120分、乗車料金2350円)

高速船の場合

高速船の場合は、大阪府の深日港から淡路島の洲本港まで高速船「深日洲本ライナー」が運航しています。4月27日(土)から10月27日(日)まで土日祝限定となります。

洲本港からは、正面の大通りを真っ直ぐ歩いて徒歩3分で赤レンガ建物「ごちそう館 御食国」に到着します。ごちそう館 御食国を過ぎると洲本市民広場の入場門があります。

洲本市民広場の入場門から徒歩3分で洲本市民広場に到着します。

深日洲本ライナー

  • 深日港-洲本港(所要時間55分、乗船料金1500円)

洲本の盆踊り周辺の観光スポット

洲本の盆踊りは、台風10号の影響のために、会場が淡路島洲本市本町にあるコモード56商店街のレインボープラザに変更となりました。規模も縮小されて内容も変更されます。

開催時間は、8月14日(水)の17時から20時までの予定となりました。入場や観覧は無料です。駐車場は隣にあるイオン洲本店の駐車場が無料解放されます。

 

洲本の盆踊りが開催される洲本市民広場の周辺の観光スポットは、洲本レトロこみち、洲本城、大浜海水浴場となります。

洲本レトロこみちは、淡路島洲本市中心部にある城下町の風情が残る小路です。江戸時代以降の古い町家や小民家や空き家などをリノベーションしたオシャレな店舗が並ぶ通りです。

週末や連休には、個性的なカフェやレストランやショップなど20店舗以上が営業しています。レトロ雰囲気を味わいながら「まち歩き」が楽しめます。イオン洲本店から徒歩約5分で到着します。

洲本城は、淡路島洲本市の南にある標高133メートルの三熊山の山頂にある城です。東西800メートル、南北600メートルに総石垣造の郭があります。かつて西日本最大級の水軍の山城です。

本丸の石垣と大石段が壮大です。淡路水軍の拠点だったこともあり、本丸から海と城下町と山の180度の大パノラマの絶景を眺めることができます。洲本バスセンターから自動車で約10分で到着します。

大浜海水浴場は、洲本市街地に隣接する白砂青松の風光明媚な海水浴場です。南北750メートル、東西55メートルの砂浜は、見事な曲線を描いて広がります。遊歩道が整備された海浜公園です。

穏やかな海辺、美しい砂浜、立派な黒松、ふもとの山々を眺めながら散策を楽しむことができます。海水浴シーズンには、淡路島で人気のビーチとなります。遠浅の海で安心して水遊びが楽しめます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
淡路島のお祭り・花火大会
スポンサーリンク
あわじしま観光ナビ
error: Content is protected !!