「秋の大潮」渦潮の旬 うずしおクルーズ

スポンサーリンク

「秋の大潮」のシーズンは9月から11月です。世界でも稀有な自然現象である世界一の鳴門の渦潮が、年間を通じて最も渦が大きくなり迫力が増す時期が「秋」といわれています。うずしおの旬となります。

淡路島の道の駅福良から出港する観潮船「うずしおクルーズ」では、世界一のうずしお「鳴門の渦潮」を体験できます。秋の淡路島の楽しみ方に「秋の味覚狩り」ならぬ「秋のうずしお狩り」があります。

秋は年間で最も海水温が高くなる時期で、海水が膨張して潮位が高くなります。さらに、他の季節と比べて日本付近の気圧が低くなり、海水面が上昇して潮位が高くなります。そのために潮の干潮の差が一段と大きくなります。

その結果、潮の流れが一段と速くなり、発生する「うずしお」も一段と大きくなります。特に、「大潮」と呼ばれる期間は大迫力の自然現象が生じる確率が最も高くなり、「秋の大潮」は「うずしおの旬」といわれています。

さらに月に2度、満月と新月の約3日間が「大潮」の時期に重なると、地球と太陽、月が一直線に並び、太陽と月の引力が重複することで海水面を引く張力がさらに強まり、超ど迫力の渦潮が発生します。世界一のうずしおである鳴門の渦潮の、大きな音を立てて海がうねる様子を間近で見ると迫力が満点です。

スポンサーリンク

「秋の大潮」渦潮の旬の基本情報

  • 期間:9月~11月
  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054
  • 乗船料金:大人2000円、子供(小学生)1000円
  • 駐車料金:無料(普通車100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約15分、淡路島南ICから車で約15分

「秋の大潮」渦潮の旬の内容

秋の大潮は新月と満月

潮の干満は、太陽や月の引力などによって引き起こされます。太陽と月の引力で生じる海面の昇降現象である潮汐(ちょうせき)が関係しています。引力が強くなると海面が強く引き上げて潮位が増します。

その結果、潮の干満差が大きくなり、大きな渦が発生します。つまり、渦潮の大きさは潮位の高さに比例しています。

秋は年間で最も海水温が高くなる時期で、海水が膨張して潮位が高くなります。その上、他の季節と比べて日本付近の気圧が低くなり、海水面が上昇して潮位が高くなります。

さらに秋のうちでも、月に2度、満月と新月の約3日間が「大潮」の時期に重なると、地球と太陽と月が一直線に並び、太陽と月の引力が重複することで海水面を引く張力がさらに強まり、ど迫力の渦潮が発生します。

秋の大潮の際に、うずしおクルーズに乗船すると、渦潮を「見る」というより「体感する」のほうが的を得ている表現かもしれないくらいの超ど迫力の渦潮を体験することになります。

秋の大渦の発生期間

秋の大渦の発生時期は、月に2度、満月と新月の約3日間となります。

9月の大潮の発生期間

  • 9月12日(木)~9月15日(日)
  • 9月27日(金)~9月30日(月)

10月の大潮の発生期間

  • 10月12日(土)~10月15日(火)
  • 10月27日(日)~10月29日(火)

11月の大潮の発生期間

  • 11月11日(月)~11月13日(水)
  • 11月25日(月)~11月28日(木)

秋の渦潮の見頃時期

秋の渦潮の見頃時期は、秋の大渦を含めた前後の期間が迫力ある渦潮を体験できる期間となります。なお、うずしおクルーズの出港時刻は、うずしおの発生時刻に合わせるため日によって異なります。うずしおクルーズの出港時刻表でご確認ください。

9月の渦潮の見頃期間

  • 9月12日(木)~9月15日(日)
  • 9月27日(金)~9月30日(月)

10月の渦潮の見頃期間

  • 10月12日(土)~10月15日(火)
  • 10月27日(日)~10月29日(火)

11月の渦潮の見頃期間

  • 11月11日(月)~11月13日(水)
  • 11月25日(月)~11月28日(木)

「秋の大潮」渦潮の旬の観潮船

渦潮の旬となる秋の大渦が見学できる観潮船「うずしおクルーズ」は、淡路島の道の駅福良から出港する観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験できます。

500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船となります。世界最大の大きさを誇る「うずしお」の間近まで迫ります。古来より名立たる人々を絶景と言わしめた脅威の自然現象を体感することができます。

観潮船は、定員500名の「咸臨丸」と定員700名の「日本丸」の2種類の大型船です。室内は広く冷暖房完備です。福良港から鳴門海峡まで往復します。約1時間のクルージングを楽しめます。

「秋の大潮」渦潮の旬のアクセス

渦潮の旬となる秋の大渦が見学できる観潮船「うずしおクルーズ」へのアクセスは、自動車もしくは高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、最寄りとなる高速道路のインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。約15分で道の駅福良うずしおクルーズに到着します。

道の駅福良は、本館「うずしおドームなないろ館」前の駐車場以外にも駐車場が多く全て無料です。道の駅福良の本館前で係員が案内してくれます。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジから下ります。約15分で道の駅福良うずしおクルーズに到着します。

道の駅福良は、本館「うずしおドームなないろ館」前の駐車場以外にも駐車場が多く全て無料です。道の駅福良の本館前で係員が案内してくれます。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から発車しています。福良バスターミナルで降車します。福良バスターミナルから道の駅福良うずしおクルーズまでは徒歩約3分で到着します。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

神姫バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

「秋の大潮」渦潮の旬の周辺の観光スポット

渦潮の旬となる秋の大渦が見学できる観潮船「うずしおクルーズ」の周辺の観光スポットは、淡路人形座、道の駅うずしおとなります。

淡路人形座は、重要無形民俗文化財に指定される淡路人形浄瑠璃を上演する劇場です。淡路人形浄瑠璃は、淡路島で約500年の歴史を誇る伝統芸能です。人情の機微を謳い哀歓の人間模様が演じられます。

3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居は、江戸時代に文化の華ともてはやされました。世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させた古典芸能となります。

道の駅うずしおは、淡路島の南西端の渦潮岬にある道の駅です。世界三大潮流である鳴門海峡の絶景を眺められます。グルメでは、全国1位の淡路島バーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」が食べられます。

玉ねぎチェアや玉ねぎツリー、玉ねぎソフトや玉ねぎ自販機などがあります。土産では、玉葱ドレッシングや玉ねぎスープがあります。自転車やバイクで淡路島一周する通称「アワイチ」の休憩地点で人気です。

うずしおクルーズ
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!