冬の宿泊プラン「淡路夢泉景」

宿泊・温泉

淡路夢泉景の冬の宿泊プランは、島の逸品揃い「四季のグルメを味わうプラン」、総料理長鳥嶋照泰「四季のスペシャリテ」プランがおすすめです。

予約可能期間は、2021年12月1日から2022年2月28日までとなります。

  • 島の逸品揃い「四季のグルメを味わうプラン」:22,000円~
  • 総料理長鳥嶋照泰「四季のスペシャリテ」:24,200~

島の逸品揃い「四季のグルメを味わうプラン」は、夕食にお部屋で淡路島の水と土と空気で育った選りすぐりの旬の山海の恵みを盛り込んだ特別会席が提供される宿泊プランコースとなります。

淡路島は、古くから海水を利用して塩を作っていました。美しい自然で得られる海の幸と山の幸、清水などを「御食国(みけつくに)」として朝廷に納めてきました。特に魚介は新鮮です。

食を知りつくした人にとっては、シーズンを迎えると土地の旬の味覚を必ず訪ねるものです。四季折々に美味しい魚介を味わえる淡路島ならではの魅力がたっぷり詰まったメニューとなります。

冬の会席料理のメニュー一覧

  • 古代米酒
  • 冬の彩り八寸
  • 島の漁港から届く旬魚の御造り取合せ
  • 豊楽茶碗蒸し 銀餡かけ
  • 風味豊かな淡路牛の石焼 甘みたっぷりの淡路玉葱とともに
  • 淡路島えびす鯛の出汁しゃぶ 旬野菜とともに
  • 鰆のたたき 島のこだわりポン酢
  • 御食事 御飯・吸物・香の物
  • 本日のデザート

総料理長鳥嶋照泰「四季のスペシャリテ」プランは、夕食にお部屋で、総料理長「鳥嶋照泰」が自信を持ってお勧めするスペシャリテメニューが提供される宿泊プランとなります。

旅行で一番贅沢で美味しい食事の食べ方は「地のものをその土地で旬のものをその時期に味わう」です。淡路島に美味しいものを食べに来た方に総料理長が自信を持って提供する特選グルメです。

予算はあるから淡路島でしか食べることができない食材をもっと味わいたいというご要望に十分にお応えできます。淡路牛・地蛸・穴子・えびす鯛・寒鰤・旬野菜・旬魚などが思い存分味わえます。

冬のスペシャリテのメニュー一覧

  • 古代米酒
  • 冬の彩り八寸
  • 由良漁港から届く旬魚の御造りづくし
  • 淡路島えびす鯛と蕪の炊合せ
  • 風味豊かな淡路牛の焼しゃぶ 野菜巻き
  • 淡路産寒鰤と旬野菜の味噌鍋(個人鍋)
  • 炙り穴子と地蛸の酢の物
  • 御食事 御飯・吸物・香の物
  • 本日のデザート

朝食は、お部屋で和朝食となります。事前予約で洋朝食もしくは海鮮山掛け御膳に変更可能です。

メニューは、ひじき・くぎ煮・めかぶ・小松菜草おひたし・玉葱サラダ・蒸し鍋・鯵の干し物・磯焼き海苔・玉子料理・御飯・味噌汁・香の物・果物などが付きます。

玉子料理は、出し巻き、茶碗蒸し、温泉玉子から1品を選びます。島の元気を感じる朝食です。

部屋は、スタンダードな客室「松涛閣」と最上階「コンフォートフロア」に加えて、専用ゲストアテンダントや客室係が付く特別フロア「里楽」があります。

設備は、テレビ・衛星放送・電話・無線LAN・湯沸かしポット・お茶セット・冷蔵庫・ドライヤー・電気スタンド・加湿器・個別空調・洗浄機付トイレ・ベビーベッド・スリッパ・金庫があります。

アメニティは、石鹸・ボディーソープ・シャンプー・リンス・ハミガキセット・カミソリ・シャワーキャップ・くし・ブラシ・フェイスタオル・バスタオル・浴衣があります。

貸出は、ズボンプレッサー・アイロン・湯沸かしポットがあります。

スタンダード客室「松涛閣」は、和室とダブルルームがあります。和室は、12畳と広縁とバス付きのゆったりスペースです。マリーナが一望できます。ヨットハーバーと砂浜の景観が楽しめます。

ダブルルームは、コンパクトで琉球畳を配しています。オーバーヘッドシャワーとピロートップを備えたクイーンサイズのダブルベッドがあります。映像・音響設備が充実してます。マウントビューです。

コンフォートフロアは、和室12畳とルインルーム、スイートルームがあります。ハーブティーのドリンクサービス、ゲスト専用のマガジンライブラリーがあります。

和室12畳は、広縁とバス付きのゆったりスペースです。マリーナのハーバービューが楽しめます。ルインルームは、40平方メートルでデュベスタイルのベッドが特徴です。マウントビューです。

スイートルームは、ハーバービューを楽しめる応接、12畳の和室、側室の和室で広々空間です。621号は桧造りの展望風呂(内風呂)付き、630号はビューバス(内風呂)と岩風呂が付きます。

特別フロア「里楽」は、グランデルーム、露天風呂付客室、和室、和風ツインルーム、和風トリプルルームがあります。アテンダントとコンシェルジュが付いて、ラウンジと女性専用ラウンジがあります。

グランデルームは、最上級クラスの特別客室です。展望檜風呂が付きます。一枚板の窓を備えたリビングダイニングが特徴です。8名まで利用できる入り口にスロープを設えた客室もあります。

露天風呂付客室は、オーシャンビューのテラスに温泉露天風呂があります。有名家具デザイナーがコラボしたバルセロナビーチチェアがあります。和室のテラスに温泉露天風呂が付いた部屋もあります。

和室は、和室・広縁・踏込で12畳の部屋です。剣持勇作の籐丸椅子(エッグチェア)があります。

和風ツインルームは、縁側インドアテラスと畳敷きのデイベッドが特徴です。一枚板の窓から紀淡海峡が眺められます。和風トリプルルームは、セミダブルベッド3つと牛丸敏彦作の柏木工があります。

温泉は、湯賓閣の「天宮の雫」、貸切露天の「月あかりの湯・なごみ湯」、隣接する「ホテルニューアワジ」のスパテラス水月の「淡路棚田の湯」と「くにうみの湯」と4つの湯巡りができます。

天宮の雫は、2018年開湯の滑らかな肌ざわりが自慢「洲本温泉うるおいの湯(アルカリ性単純温泉)」と自家源泉にごり湯「古茂江温泉(ナトリウム塩化物強塩泉)」の2つの源泉が楽しめます。

メゾネットタイプです。2階は、展望が自慢の内湯の大浴場と海と空と温泉の一体感を感じる展望露天風呂があります。海景の大パノラマを眺めながらインフィニティバスで洲本温泉を楽しめます。

1階は、波打ち際にある露天風呂です。野趣あふれる雰囲気で潮騒を聴きながら赤湯「古茂江温泉」を楽しめます。泉質はミネラル分が豊富で湯上り後のスベスベ、しっとり感が特徴です。

貸切風呂「月あかりの湯」は、海が目の前にある小露天です。夜空から降り注ぐ月の明かり、朝陽のまばゆい光などプライベートな時間を満喫できます。朝に夕に景色を変える湯船の色が楽しめます。

貸切風呂「なごみ湯」は、家族風呂と岩盤浴がある贅沢なスパです。岩盤浴は七宝石と麦飯石の2種類です。癒しとヒーリングを感じられます。ユニバーサルデザインで自動入浴システムです。

また、グループホテル「ホテルニューアワジ」と海辺の回廊で結ばれて往来できます。3つの湯巡りができます。館内を行き来しながら自由に海辺の温泉入浴を楽しめます。

なお、淡路夢泉景では、30日前までの宿泊予約で1人1000円(税別)お得な「早割30」プランと、21日前までの宿泊予約で特典がつく「早得21」プランがあります。

淡路島の冬の宿泊プランについては「淡路島 冬の宿泊プランおすすめ9選」をご参照ください。

なお、淡路夢泉景は、上質な安らぎとホスピタリティを感じられる宿がコンセプトの温泉旅館です。洲本市中心部から南下した南淡路水仙ライン沿いの古茂江海岸にあるホテルニューアワジ別亭です。

ミシュランガイド兵庫2016特別版で4パビリオンを獲得しています。

部屋数は、本館「松涛閣」34室、コンフォートフロア8室、特別フロア「里楽」18室の全部で60室です。紀淡海峡のオーシャンビューの部屋とマリーナのハーバービューの部屋、角部屋があります。

温泉は、海と空と湯が一体となる露天風呂付き大浴場と波打ち際の露天風呂が自慢です。メゾネットタイプで洲本温泉と古茂江温泉の2つの源泉が楽しめます。ワンランク上のおもてなしで寛げます。

レストランは、ジャズが流れるオープンキッチンや鍋のダイニング、別個室の料亭があります。他に、ティーラウンジ、ダーツ&ビリヤード、カラオケ、売店、タイ古式マッサージの名店もあります。

また、プラザ淡路島の基本情報は以下のとおりです。

  • 住所:〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1052-2
  • 電話:0799-22-0035(FAX:0799-24-0035)
  • 公式サイト:https://www.yumesenkei.com/
  • 部屋数:60室(本館34室、コンフォート8室、特別18室)
  • 駐車場:無料(90台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約18分、淡路島中央SICから車で約18分

公式のSNSページは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました