寒咲き菜の花が見頃 淡路島国営明石海峡公園 摘み取り体験

自然・体験

寒咲き菜の花が見頃となります。淡路島の都市公園「国営明石海峡公園」で、約3200株の鮮やかな黄色い花が咲きます。寒咲き菜の花は、春より一足早く寒い冬の時期に開花する菜の花となります。

花の少ない季節に花を楽しんでもらおうと毎年栽培しています。寒咲き菜の花の見頃時期に合わせて摘み取り体験が開催されます。参加無料で一人5本までお持ち帰りが可能です。

寒咲き菜の花の摘みとり体験の開催日時は、2021年1月10日(日)と11日(月祝)の13時から、14時からの2回となります。なお、寒咲き菜の花は2020年2月中旬までが見頃となります。

寒咲き菜の花 国営明石海峡公園

寒咲き菜の花が見頃

2020年1月上旬から2月中旬まで、兵庫県淡路市にある淡路島国営明石海峡公園で、約3200株の寒咲き菜の花が見頃となります。寒咲き菜の花は、一足早く冬の時期に開花する菜の花です。

移ろいの庭の寒咲きナノハナが見頃になりました。2月中旬までお楽しみいただけます。

淡路島国営明石海峡公園

花の少ない季節に花を楽しんでもらおうと毎年栽培しています。移ろいの庭の約320平方メートルの敷地に、毎年11下旬から苗植えをします。12月下旬から開花を始めます。

2月中旬頃までが見頃が続きそうです。色鮮やかな黄色い花が寒い冬に元気を与えてくれます。

寒咲き菜の花の見頃時期に合わせて摘み取り体験が開催されます。参加は無料です。一人5本までお持ち帰りできます。摘み取りに必要な道具やお持ち帰り用の袋は用意されています。

なお、2020年12月5日(土)から2021年1月11日(月祝)まで、ビジター棟をメイン会場として、恐竜がテーマのイベント「恐竜とあそぼ あわジオフェスティバル2018」を開催しています。

恐竜の化石の展示やクラフト体験で、太古の自然や生物と親しみ、太古の淡路島を体感できます。フィナーレを飾るイベントとして「寒咲き菜の花の摘みとり体験」が開催されます。

その他に、移ろいの庭では、黄色や橙色やオレンジ色の3色のキンセンカ約1000株が開花しています。紫色や赤色、ピンク色や白色の4色のストック約1000株も開花しています。

また、1月2日(土)から11日(月祝)まで、園内を周遊するカート「夢ハッチ号」が特別便で運行されます。定員人数は3組(最大12名まで)となります。海のテラス駅、連絡口ゲートで降車できます。

なお、1月12日(火)から当面の間、複合遊具「夢っこランド」の修繕工事のためにメインタワーの遊具が利用できません。ドーム型の遊具と船型の遊具は利用できます。

無料摘みとり体験

2021年1月10日(日)と11日(月祝)に、移ろいの庭で見頃を迎えた菜の花の摘みとり体験が開催されます。開催時間は、13時から14時まで、14時から15時までの2回となります。

定員人数は各回20組となります。参加料金は無料で、一人5本までお持ち帰りできます。摘み取りに必要な道具やお持ち帰り用の袋は用意されています。

  • 開催日程:2021年1月10日(日)11日(月祝)
  • 受付時間:13:00~13:30、14:00~14:30
  • 体験時間:13:00~14:00、14:00~15:00
  • 開催場所:移ろいの庭花畑
  • 参加料金:無料
  • 摘み取り:1人5本まで

詳細・基本情報

  • 開催期間:2021年1月上旬~2月中旬
  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園 移ろいの庭
  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000
  • 公式サイト:https://awaji-kaikyopark.jp/
  • 開園時間:10:00~16:00(11月15:00)
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、小中学生無料
  • 最寄り駐車場:淡路口駐車場(240台)
  • 駐車料金:普通500円、二輪100円
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました