スポンサーリンク

ユリが見頃 淡路島国営明石海峡公園 35品種1万2000株

淡路島国営明石海峡公園では、ユリが見頃を迎えています。花の谷で35品種、約1万2000株が咲いています。赤色や桃色、黄色や橙色、紫色や白色のカラフルなカラーや多様なタイプのユリが開花しています。百合(ゆり)は6月上旬から7月下旬まで順次開花していきます。お花畑を鮮やかに彩ります。周囲が芳しい香りに包み込まれます。

ユリ(百合)は、アジアを中心にヨーロッパ、北米など北半球に広く分布している多年草です。ユリを意味する「Lilium(リリウム)」はラテン語です。原種は100種以上、品種は約130品種(アジア約70種、北アメリカ約40種、ヨーロッパ約10種、ユーラシア大陸約10種)に上ります。日本には15種があり7種は日本特産種となっています。東日本に多いヤマユリは、花の色彩、大きさ、香りに風格があります。西日本に多いササユリは、花は小ぶりで可憐な花です。他にもカノコユリやヒメサユリ、オニユリやオトメユリなどがあります。

淡路島国営明石海峡公園では、アジアンティック・ハイブリッド系、LAハイブリッド系、オリエンタル・ハイブリッド系、カノユユリ系、OTハイブリッド系など主に5系統の品種のユリが植えられています。秋に球根を植え付けており、初夏から夏に花を咲かせます。6枚の花びらは、外側の3枚はがくが色づいたもの、内側の3枚が花びらとなっています。花の形状は大きく開くもの、下向きで花びらが反り返るもの、筒状で先端が少し開くもの、上向きでカップ状に咲くものなど様々な種類があります。

ユリが見頃の基本情報

淡路島国営明石海峡公園 まとめ
淡路島国営明石海峡公園は、四季折々の花が咲く国営公園です。淡路島の玄関口となる明石海峡大橋から程近い場所で、東京ドームの約9個分の広大な敷地が誇ります。淡路島国営明石海峡公園では、日本最大級の立体的な花壇でお花を楽しめます。関西最大級の複合...
  • 見頃期間:6月上旬~7月下旬
  • 見頃場所:淡路島国営明石海峡公園 花の谷
  • 開催時間:9:30~18:00
  • 開催住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話番号:0799-72-2000
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、小中学生無料
  • 駐車料金:普通500円、二輪100円
  • 最寄り駐車場:淡路口駐車場(240台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道の淡路ICから車で5分

ユリが見頃 30品種約1万2000株が見頃

淡路島国営明石海峡公園では、「花の谷」周辺と「水の棚田」周辺で、ユリが見頃となっています。35品種、約1万2000株のユリが咲き誇ります。赤やピンク、オレンジやイエローのカラフルな色やタイプの異なったユリが咲いています。主に、アジアンティック・ハイブリッド系、LAハイブリッド系、オリエンタル・ハイブリッド系、カノユユリ系、OTハイブリッド系など5系統の品種のユリが植えられています。

現在開花中のスカシユリ系や、6月中旬以降に開花予定のカサブランカまで、順次様々な色や形の品種がご覧いただけます。花の谷には、赤色のスカシユリ(アジアティックハイブリッド)の「プルノット」、ユニークな色で背の低いタイニーシリーズの「タイニーパディー」が見頃となっています。「水の棚田」周辺では、桃色のユリ(LAハイブリッド)の「マンダレイベイ」、白色に紫色のかすり模様のユリ(トランペット・ハイブリッド)の「ランコン」が見頃です。

アジアンティック・ハイブリッド系

アジア原産のユリを中心に交配された品種となります。主にオレンジ色系の花を咲かせるエゾスカシユリやオニユリ、ヒメユリなどが元となった系統です。「スカシユリ」と総称されることが多いです。日向を好み、強健な品種が多く、庭植えにも適しています。鮮やかな色とカップ状の花びらを持ち、上向きに咲き、香りはあっても弱いのが特徴です。花の色はオレンジ色、黄色、赤い色、ピンク色、白色など複数の色が入りカラフルな品種も多いです。

アジアンティック・ハイブリッド系の品種一覧

オレンジココット(オレンジ色)、カンペチェ(オレンジ色)、ギロンデ(オレンジ色)、スプリングピンク(ピンク色)、タイニーインベーダー(オレンジ色)、タイニーグロー(黄色)、タイニーゴースト(赤紫色)、タイニーセンセーション(黄色と赤色)、タイニーダブルユー(オレンジ色で八重咲き)、タイニートゥーンズ(ピンク色)、タイニーナゲット(黄色と茶色)、タイニーパディー(赤紫色と白色)、タイニーロケット(赤色)、ネロ(赤色)、ハートストリングス(赤色と黄色)、ブルノット(赤色)、ランディーニ(赤色と黒色)

LAハイブリッド系

花の形状がエレガントで香りが強いロンギフローラム系と色彩が豊かなアジアティック系のユリを元に交配した品種になります。ロンギフローラム系からはトランペット型の花と強健さを受け継ぎ、アジアティック系からは暖かみのある色彩と上向きに咲くガクを受け継ぎました。現在では、最も品種の多い系統となっています。

LAハイブリッド系の品種一覧

オネスティ(オレンジ色)、クーリエ(白色)、ピンクピクセル(ピンク色)、リッチモンド(白色)

オリエンタル・ハイブリッド系

日本原産のヤマユリやカノコユリなど森林のユリを交配された品種です。大輪の花を咲かせて強い香りを放ち、強い香りを放ち、優雅で華麗でゴージャスな花が魅力です。花色はピンク色、白色、紅色などがあり華やかです。特に、白花で大輪の花を咲かせるカサブランカは有名な品種です。日陰を好み、やや栽培しにくい面があります。

オリエンタル・ハイブリッド系の品種一覧

カサブランカ(白色)、マンボ(赤色)、ディスタントドラム(ピンク色で八重咲き)、ポーラルスター(白色で八重咲き)、ミスルーシー(ピンク色で八重咲き)

カノコユリ系

大きく反り返った花びらと鹿の子模様の斑点が特徴のユリです。「鹿ノ子百合」の漢字が当てられます。花を下向きに咲かせます。ユリの中ではやや遅めに開花します。学名のスペキオスムは『美しい』という意味です。花を下向きに咲かせます。ヨーロッパへはシーボルトによって持ち込まれた品種です。

ウチダ(赤色)、ブラックビューティー(赤色)、レディーアリス(白色とオレンジ色)

OTハイブリッド系

白色とピンク色で人気種のオリエンタル系と背が高く色鮮やかなトランペット咲きのユリを元に交配された品種です。オリエンタル系からは、甘い香りと美しい形状を引き継ぎ、トランペット咲きからは幅広い色彩を引き継いでいます。オレンジ色と赤色の色彩が豊かで豪華な花が特徴です。

テーブルダンス(ピンク色)、コルコバード(オレンジ色)、コンカドール(黄色)

その他の品種

リーガルリリー(白色と黄色)

トランペット型の白花で、内側は黄色、外側は紫色を帯びた中国原産のユリです。別名「王冠百合」と呼ばれています。

ランコン(白色と紫色)

日本原産のテッポウユリと中国のリリウム・ランコンゲンセの交配種で、白地に紫色のかすり模様が入ります。

その他の花の見頃情報

アジサイが見頃

「空のテラス」周辺と「せせらぎ広場」周辺で、青やピンク色の手まり咲きアジサイや額咲きアジサイが見頃となっています。青紫色をはじめ、白色やピンク色の濃い色彩が梅雨の情緒を感じさせます。大輪の白花で人気のある「アナベル」が緑色から白色へと色変わりが始まっています。

「空のテラス」では、桃色や青色の手まり咲きアジサイと額咲きアジサイが咲いています。白色で八重咲きの額咲きアジサイの「隅田の花火」の咲き始めています。「空のテラス」の園路沿いでは、アメリカノリノキ「アナベル」が、緑色から白色へ色変わり始めています。

インパチェンスとベゴニアが見頃

陽だまりの丘で、梅雨時期でも元気に花を咲かせる「インパチェンス」が見頃です。ピンク色をはじめ、赤色や白色の6品種約5000株が色鮮やかな花じゅうたんとなって咲いています。ベゴニアのお花も見頃となっています。青紫色の花を咲かせる「アゲラタム」もつぼみをつけており、まもなく開花してきます。

ユリが見頃のアクセス

ユリ約35品種約1万2000株が見頃となる淡路島国営明石海峡公園の花の谷へのアクセスは、公園の南側にある東浦口ゲートから入場するのが便利です。手段は自動車、高速バス、高速船の3つの方法があります。

なお、公園入口は南側の東浦口ゲートと北側の淡路口ゲートの2つがあり、駐車場や停車駅が異なります。四季の花々やレストランは東浦口ゲート、アスレチックや芝生広場、屋内イベントは淡路口ゲートが便利です。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、神戸淡路鳴門自動車道の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路インターチェンジから車で約5分で到着します。北側に淡路口駐車場、南側にウェスティン淡路地下駐車場があります。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターチェンジから車で約10分で到着します。北側に淡路口駐車場、南側にウェスティン淡路地下駐車場があります。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りにある高速バス乗り場より乗車します。

JR三宮駅から

JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。

淡路口ゲートから入園する場合、最寄り駅は聖隷淡路病院前バス停留所となります。東浦口ゲートから入園する場合、最寄り駅は淡路夢舞台前バス停留所となります。それぞれ徒歩約5分で入園ゲートに到着します。

  • 神戸三宮駅ー聖隷淡路病院前(所要時間45分、乗車料金930円)
  • 神戸三宮駅ー淡路夢舞台前(所要時間50分、乗車料金930円)

JR舞子駅から

JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門道の高速舞子駅に到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。

淡路口ゲートから入園する場合、最寄り駅は聖隷淡路病院前バス停留所となります。東浦口ゲートから入園する場合、最寄り駅は淡路夢舞台前バス停留所となります。それぞれ徒歩約5分で入園ゲートに到着します。

  • 高速舞子駅ー聖隷淡路病院前(所要時間15分、乗車料金510円)
  • 高速舞子駅ー淡路夢舞台前(所要時間20分、乗車料金510円)

高速船の場合

高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港から徒歩1分で路線バス岩屋に到着します。岩屋から淡路交通の路線バスを利用します。

淡路口ゲートから入園する場合、最寄り駅は聖隷淡路病院前バス停留所となります。東浦口ゲートから入園する場合、最寄り駅は淡路夢舞台前バス停留所となります。それぞれ徒歩約5分で入園ゲートに到着します。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)
  • 岩屋ー聖隷淡路病院前(所要時間7分210円)
  • 岩屋ー淡路夢舞台前(所要時間10分260円)

淡路島国営明石海峡公園の概要

淡路島国営明石海峡公園は、四季折々の花が咲く国営公園です。淡路島の玄関口となる明石海峡大橋から程近い場所で、東京ドームの約9個分の広大な敷地が誇ります。淡路島国営明石海峡公園では、日本最大級の立体的な花壇でお花を楽しめます。関西最大級の複合遊具で子供と遊べます。淡路島の自然を満喫できます。淡路島では非日常体験へと誘う拠点となる観光施設となっています。

淡路島国営明石海峡公園 まとめ
淡路島国営明石海峡公園は、四季折々の花が咲く国営公園です。淡路島の玄関口となる明石海峡大橋から程近い場所で、東京ドームの約9個分の広大な敷地が誇ります。淡路島国営明石海峡公園では、日本最大級の立体的な花壇でお花を楽しめます。関西最大級の複合...

なお、駐車場は、淡路口駐車場、海岸南駐車場、ウェスティンホテル淡路地下駐車場と3カ所あります。イベント会場や大型遊具や芝生広場などを利用する場合は淡路口駐車場、季節の花々が咲くお花畑などを利用する場合はウェスティンホテル淡路地下駐車場が便利です。

ユリが見頃の周辺の観光スポット

ユリ約35品種約1万2000株が見頃となる淡路島国営明石海峡公園の周辺の観光スポットは以下の通りです。

ハローキティスマイル(HELLO KITTY SMILE)

ハローキティスマイルは、淡路島北西海岸にあるキティちゃんの複合レストランです。レストランでは、ビュッフェ、オリエンタル料理、ハイティー、シーフードグリルなど豊富なメニューが提供されます。

キティちゃん型のドーム型の建物はシアターで、キティちゃんの夢の世界の映像が見られます。ギャラリーでキティちゃんのレアな絵画、ショップで限定品や関西初登場のキティちゃんグッズを販売しています。

淡路島キティちゃんレストラン ハローキティスマイル
4月27日(金)に、淡路島北西部の海岸沿いに「キティちゃん」でお馴染みのハローキティの複合レストラン「ハローキティスマイル(HELLO KITTY SMILE)」がオープンしました。淡路島の食材を使った料理を提供するレストラン、キティちゃん...

クレヨンしんちゃんパーク ニジゲンノモリ

ニジゲンノモリは、淡路島公園に誕生したテーマパークです。東京ドーム約28個分の淡路島の自然と、日本の二次元の世界を融合させたアニメパークとなります。無料遊具も充実しています。

一番人気は、アニメ「クレヨンしんちゃん」をテーマにしたエリアです。しんちゃんのキャラクターたちの等身大人形があちこちにあり、アスレチックやジップラインで遊んだり、限定グッズを販売しています。

淡路島クレヨンしんちゃんパーク ニジゲンノモリ
淡路島でクレヨンしんちゃんをテーマにしたパークが登場しています。淡路島公園ニジゲンノモリにある「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」です。淡路島の自然がいっぱいのニジゲンノモリで、クレヨンしんちゃんの世界観を楽しめます。しんちゃんとイン...

あわじ花さじき

あわじ花さじきは、淡路島北中部の丘陵地域にある関西屈指の花の公園です。標高298メートルの展望デッキからなだらかに高原が広がります。大阪湾の海に向かって広がる一面の花畑は圧巻です。

甲子園球場4個分の敷地に、四季を通じて約250万株の花が植えられています。青い空、碧い海、緑の山々、花畑と大パノラマの絶景を体験できます。淡路島が花の島と呼ばれるに相応しい名所です。

あわじ花さじき 淡路島で関西屈指の花の名所 空と海の大パノラマ
あわじ花さじきは、淡路島北中部の丘陵地域にある関西屈指の花の名所です。広大な敷地に季節の花々が咲き誇ります。海に広がる一面の花畑は圧巻です。あわじ花さじきで、空と海と花の大パノラマが体験できます。あわじ花さじきは、淡路島が「花の島」と呼ばれ...
淡路島国営明石海峡公園
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!