スポンサーリンク

初日の出クルーズ うずしおクルーズ

自然・体験
スポンサーリンク

初日の出クルーズが開催されます。淡路島の遊覧船「うずしおクルーズ」で、1月1日元旦の初日の出を見学するために早朝6時30分に福良港を出港するクルージングとなります。

遊覧船に乗船して、新たな1年のスタートを国生み神話の始まりの地「淡路島」で初日の出を眺めながら迎えられます。定員人数は先着150人限定です。所要時間は90分です。

初日の出クルーズの開催日時は、2023年1月1日(日祝)の午前6時に集合となります。開催場所は、福良港の乗船場となります。乗船者限定オリジナル絵馬がプレゼントされます。

初日の出クルーズ うずしおクルーズ
スポンサーリンク

初日の出クルーズ

2023年1月1日(日祝)の集合午前6時から、兵庫県南あわじ市の福良港から出港する鳴門の渦潮の遊覧船「うずしおクルーズ」で「初日の出クルーズ」が開催されます。

うずしおクルーズ公式ホームページ:【元日限定】初日の出クルーズ特別運航!

初日の出クルーズは、1月1日元旦限定で初日の出を拝むために出航するクルージングとなります。国生みの島「淡路島」として日本遺産に認定された淡路島で1年の始まりをスタートさせます。

出航する港は福良港です。福が来る良い港として縁起の良い地名の場所から初日の出クルーズが出港します。運航会社ジョイポート淡路島が、新年が良い一年になっていただきたい思いで企画しました。

ゆく年の悪いことは「うずしお」に流します。くる年を縁起の良い地「福良」で迎えます。当日は、初日の出が見やすい沼島沖付近まで進みます。眺めの良い場所で初日の出を楽しめます。

初日の出では、鮮やかなサンライズに照らされながら、海や山が刻々と鮮やかなグラデーションに彩られていきます。空が暗がりから青へ、山が暗がりから緑へと美しく変化していきます。

太平洋や瀬戸内海の海原が穏やかに照らされます。冷たく頬を撫でる海風、海から運ばれる潮の香り、四方から聞こえてくる潮騒など、淡路島の自然を満喫できます。言葉が出ないほど新鮮です。

船上から眺める初日の出はとても神秘的です。水平線上から昇る朝日が海面を赤く染めてゆきます。とても美しく海上でしか体感できない素晴らしい光景となります。心ふるわす新年のご来光です。

定員人数は先着150人限定です。所要時間は90分です。乗船料金は中学生以上5000円、小学生2000円、幼児無料です。ウェルカムドリンクの提供と防寒着のレンタルがあります。

初日の出クルーズの乗船者全員にオリジナル絵馬がプレゼントされます。船内で願い事を書いた絵馬を道の駅福良の待合所に飾ります。飾り付けた絵馬は後日、福良八幡神社でお焚き上げとなります。

特別VIP席が提供されます。14名様限定の貴賓室で快適にリラックスして初日の出クルーズを満喫できます。船長から新年の挨拶や軽食サービス、専属スタッフ同行など有意義となるサービスです。

VIP席の利用料金は中学生以上1万円です。お子様は利用不可です。貴賓室に特別デッキの利用、優先乗船、操舵室の見学、防寒着レンタルなどもあります。

なお、遊覧船「うずしおクルーズ」は、世界三大潮流に数えられる鳴門海峡で発生する世界最大「鳴門の渦潮」を眺められます。淡路島と徳島県を挟む鳴門海峡で世界でも稀有な自然現象を体験できます。

初日の出クルーズの集合時間は6時です。出航時間は6時30分、入航時間は8時です。定員人数は、先着150名です。公式ホームページから事前予約が優先です。定員になり次第終了します。

船内は冷暖房機器を完備しています。サンライズを見学する場合は、船外に出ることになります。素晴らしい一年のスタートとなる初日の出を遊覧船で迎えることができます。

詳細・基本情報

  • 開催日時:2023年1月1日(日祝)
  • 集合時間:6:00
  • 集合場所:うずしおクルーズ乗船場
  • 乗船料金:中学生以上5000円、小学生以下2000円、幼児無料(大人1人に幼児1人)
  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港
  • 電話:0799-52-0054
  • 公式HP:https://www.uzu-shio.com/
  • 駐車場:100台(普通車)
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約15分、淡路島南ICから車で約15分
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました