スポンサーリンク

2018淡路島ロングライド150 アワイチ自転車イベント

2018淡路島ロングライド150が開催されます。淡路島を一周する通称「アワイチ」のサイクリングイベントです。2018淡路島ロングライド150では、外周約150キロのコースを10時間以内に走破することを目指します。最近の「アワイチ」人気から参加者が増加しており、淡路島の秋の風物詩となっています。今年は、9月24日(月祝)に開催されます。

淡路島ロングライド150は、今年で9回目を迎えます。開放感抜群の瀬戸内海の海や淡路島の山の美しい風景を眺めながら自転車を走らせます。淡路島グルメを楽しみながらのサイクリングです。海岸沿いのなだらかなコースから、山岳路の起伏の激しいコースまで、あらゆる大自然を走破できるサイクリングイベントです。

今年は、神戸淡路鳴門自動車道全通20周年記念、兵庫県政150周年記念、スポニチ創刊70周年記念と数々の節目が重なる記念すべき開催となっています。兵庫県や淡路島くにうみ協会などの実行委員会が主催しています。過去最多の2300名がエントリー可能となっています。

当日、参加者は午前5時45分から順次、淡路市にある淡路島国営明石海峡公園をスタートします。淡路島を時計回りに一周します。中継地点4カ所に「エイドステーション」が設置されて、淡路島グルメが振る舞われます。完走すると自分の名前がアナウンスされて達成感を味わうことができます。

なお、「淡路島ロングライド150」の参加申込のエントリー受付は、5月11日(金)から8月31日(金)までとなっておりました。参加希望者は年々増加傾向となっています。今年は定員を昨年より100人増やしていますが、今年も昨年同様に早期に定員に達しました。

2018淡路島ロングライド150の基本情報

  • 開催日時:9月24日(月祝)4:45~17:00
  • 集合場所:淡路島国営明石海峡公園 海岸臨時駐車場
  • 大会本部:淡路島国営明石海峡公園 海岸口ゲート棟
  • 発着場所:淡路島国営明石海峡公園 海岸口ゲート棟前
  • お問合せ:0259-74-3515(平日9:00~18:00)大会事務局
  • HP:淡路島ロングライド150
  • 出走受付:9月23日(日)現地受付でゼッケン引渡(代理受付可)
    ※大会当日の出走受付なし
  • 参加資格:中学生以上、大会規則・交通規則・マナーを遵守する方、誓約書を了承した方
  • 参加種目
    ロングライドコース150カテゴリーA(8時間程度で完走できる方)
    ロングライドコース150カテゴリーB(ゆっくり楽しみたい方)
    ※無理な追い越し、混雑緩和のため、スタートを区分けいたします。
    ※スタートは「カテゴリーA」→「カテゴリーB」の順番に行います。
    ※休憩所(エイドステーション)などで設定する通過制限時間はカテゴリーBの最終スターターに合わせて設定しています。
  • 募集定員:2300名(定員になり次第参加受け付け終了)
  • 参加料金:10000円(消費税、傷害保険料を含む)
    ※申込後の取り消し並びに荒天による大会中止については参加費は返金いたしませんのでご了承ください。

2018淡路島ロングライド150の前日の受付とスケジュール

自転車イベント「淡路島ロングライド150」は、開催前日の9月23日(日)に受付と前夜祭が行われます。9月初旬に郵送される参加通知書にある「ゼッケン引換証」と「参加者ガイド」などを忘れずに持参してください。前日受付、前日スケジュール、参加通知書などで不明な点がありましたら大会事務局まで連絡してください。

  • お問合せ:0259-74-3515(平日9:00~18:00)大会事務局

前日受付の方法

前日受付で、ゼッケン引換証と引き換えでゼッケンおよび参加賞が渡されます。

通常受付

  • 受付日時:9月23日(日)13:00~17:00
  • 受付場所:淡路島国営明石海峡公園 海岸口ゲート棟付近
  • 受付住所:〒656-2307 兵庫県淡路市南鵜崎 海岸側
  • 持ち物:ゼッケン引換証(参加者本人に郵送されます)
  • 駐車場:淡路島国営明石海峡公園 海岸北側 臨時駐車場

時間外受付

  • 受付日時:9月23日(日)18:00~20:00
  • 受付場所:ホテルエビス 1Fロビー
    ※淡路島国営明石海峡公園から南へ車で約1.5キロ
  • 受付住所:〒656-2304 兵庫県淡路市浜1-7
  • 電話番号:0799-74-6300
  • 持ち物:ゼッケン引換証(参加者本人に郵送されます)

代理受付(参加者の代理人)

  • 受付日時:通常受付と時間外受付と同じ
  • 受付場所:通常受付と時間外受付と同じ
  • 受付住所:通常受付と時間外受付と同じ
  • 持ち物:参加者本人のゼッケン引換証
    ※注意事項:ゼッケン引換証の忘れや紛失の場合は委任状が必要です。委任状には参加者本人の住所と氏名の記載が必要です。委任状が無く、口頭での代理受付はお受けできません。

前日スケジュール

  • 12:00~18:00 開場 メイン会場 駐車場オープン
  • 13:00~17:00 受付 メイン会場
  • 15:00~16:00 前夜祭(前半)地元芸能を披露
  • 16:00~17:00 前夜祭(後半)セレモニー、ジャンケン大会、抽選会など
  • 18:00~20:00 時間外受付 ホテルエビス

2018淡路島ロングライド150の当日の集合場所とスケジュール

淡路島ロングライド150で集合場所の開場は、4時45分からとなり、先着順で整列します。スタートは、カテゴリーAの方が5時45分から6時20分まで、カテゴリーBの方が6時20分から7時15分まで行われます。また、カテゴリーBの方は6時20分以前にスタートすることができません。なお、当日のカテゴリー変更は一切認めておりませんので合わせてご承知ください。集合場所、当日スケジュール、スタートなどで不明な点がありましたら大会事務局まで連絡してください。

  • お問合せ:0259-74-3515(平日9:00~18:00)大会事務局

集合場所

  • 集合日時:9月24日(月祝)04:45~07:00
  • 集合場所:淡路島国営明石海峡公園 海岸臨時駐車場 南側
  • 集合住所:〒656-2307 兵庫県淡路市南鵜崎 海岸側
  • 駐車場:淡路島国営明石海峡公園 海岸北側 臨時駐車場

当日スケジュール

  • 04:45~18:00 開場 メイン会場 駐車場オープン
  • 04:45~07:00 集合 先着順 カテゴリーA・カテゴリーBで整列場所が異なります。
  • 05:30~07:00 移動 集合会場からゲートまで約500メートルを徒歩で移動します。
  • 05:45~06:20 スタート(カテゴリーA)1分あたり約30台が順次スタート
  • 06:20~07:15 スタート(カテゴリーB)
  • 11:00~17:00 完走証受渡し 受付で受渡しを行います。
  • 16:30 フィニッシュ制限

2018淡路島ロングライド150のコースガイド

淡路島一周「アワイチ」は、完走できると最高の充実感を味わえます。朝から晩まで自転車に乗りたい人に最適です。2018淡路島ロングライド150では、スタート地点は明石海峡大橋下りて程近い、岩屋港からも程近い淡路島国営明石海峡公園となっています。

スタートしてから東海岸を通り洲本までは、走りやすい国道28号線で景色を眺めながらライドとなります。洲本では最初の休憩所となる「洲本AS(エイドステーション)」があります。例年ボランティアの方々により「豚汁」や「おにぎり」などが用意されています。

その後由良を過ぎると一転して厳しい立川地域の山岳路となります。山岳路を抜けると南海岸となり「南淡路水仙ライン」と呼ばれる遥か彼方まで広がる海を眺めながらライドを楽しめます。ただ、強風のときは波が高く道路にも届くことがあるので注意が必要です。

南海岸を走り抜けると2番目の休憩所となる「灘AS(エイドステーション)」があります。例年ボランティアの方々により淡路島の名産品や地元の逸品でサイクリストをもてなしてくれます。

南海岸を過ぎると阿万地域までの山岳路、福良地域までの山岳路、道の駅うずしおを挟んだ山岳路と3つの厳しい難所があります。

道の駅うずしおを挟んだ最後の山岳路までたどり着くと、瀬戸内海の美しい風景を見渡せるポイントがいくつかありますので、景色を眺めながら踏ん張ることになります。なお、道の駅うずしおには全国1位を獲得した淡路島バーガーを販売しています。

山岳路を越えてしばらく進むと、南あわじ市の市街地に出てきます。スタートから約100キロとなるところに慶野松原という約5万本の黒松が広がる瀬戸内海で随一の松原があります。ここには3番目の休憩所となる「慶野松原AS(エイドステーション)」があります。

慶野松原を抜けると西海岸となり「淡路サンセットライン」と呼ばれる瀬戸内海に沈む夕日が美しい県道31号線を北上することになります。比較的走りやすく海を眺めながらライドを楽しめます。

サンセットラインの半ばまで到達すると最後の休憩所となる「多賀の浜AS(エイドステーション)」があります。海水浴場として整備されておりバーベキューやキャンプなどで大変賑わいます。例年、特産である淡路島玉ねぎで作ったスープや竹に巻いて香ばしく焼き上げた竹輪などが提供されます。

やがて、前方には本州の姫路、明石、神戸と街並みが徐々に見えてきます。さらに、北上を続けて街並みがはっきり見えてくる頃には、前方には巨大な明石海峡大橋が姿を現します。明石海峡大橋の袂には道の駅あわじがあります。道の駅あわじからは、全長3911メートル、橋脚283メートルのスケールに圧倒されるダイナミックな明石海峡大橋の景色を眺めることができます。

ここから道の駅あわじを通らずに最後の難所となる長い上り坂に向かいます。頂上付近は淡路インターチェンジの出入り口となっています。この坂道をクリアすれば、ゴールとなる淡路島国営明石海峡公園までは平坦な国道28道線となります。

淡路島を1周した達成感を味わいながらのビクトリーロードとなります。これで、淡路島一周(アワイチ)の完走です。制限時間内にアワイチを達成すれば、完走者はゴールラインを通過するたびにオフィシャルDJが祝福コールで迎えてくれて、事務局から「完走証」が授与されます。

2018淡路島ロングライド150が弱虫べダルとコラボ

淡路島ロングライド150の会場となる淡路島国営明石海峡公園のバーベキュー(BBQ)エリアに、「弱虫ペダル GLORY LINE 淡路島ステージ」ののブースが登場します。

「弱虫ペダル GLORY LINE 淡路島ステージ」は、8月25日(土)から11月25日(日)まで淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」で開催される人気アニメ「弱虫ペダル」とのコラボイベントです。

弱虫ペダル淡路島ステージ ニジゲンノモリ淡路島公園
弱虫ペダル GLORY LINE 淡路島ステージが開催されます。淡路島にあるニジゲンノモリ及び周辺施設で、人気アニメ「弱虫ペダル」の世界観を楽しむイベントです。淡路島ステージでは、弱虫ペダルを体感する淡路島で周遊スタンプラリー、弱虫ペダルの...

弱虫ペダル 淡路島ステージの出展ブースでは、淡路島ロングライド×淡路島ステージのコラボ商品として「オリジナルクールタオル」や「オリジナルシリコン製リストバンド」などが販売されます。

「オリジナルシリコン製リストバンド」を購入された方は、 AR技術を活用したスマートフォンで、 弱虫ペダルに登場するキャラクターを使って楽しめるオリジナルゲームが提供されます。

コラボ出展ブースの基本情報

  • 出展日時:9月23日(日)12:00~17:30、9月24日(月祝)11:00~17:00
  • 出展場所:淡路島国営明石海峡公園 バーベキュー(BBQ)エリア

淡路島ロングライド×淡路島ステージのコラボ商品の販売

弱虫ペダルGLORY LINE 淡路島ステージの出展ブースでは、淡路島ロングライド150とコラボレーションした「オリジナルクールタオル」や「オリジナルシリコン製リストバンド」などが販売されます。

オリジナルシリコン製リストバンドの購入でオリジナルゲーム

淡路島ロングライド150とのコラボ商品「オリジナルシリコン製リストバンド」を購入された方を対象に、ARを活用した弱虫ペダルのオリジナルゲームが提供されます。ARを活用した弱虫ペダルのオリジナルゲームは、「クラフトサーカス」と「のじまスコーラ」の2カ所で楽しめます。

クラフトサーカスでは「水上レース・タイムアタック!」が楽しめます。クラフトサーカスのウッドデッキから見えるオーシャンビューにスマートフォンをかざします。選択したキャラクターが「足漕ぎボート」に乗って登場します。 ボートを連打してゴールを目指してタイムを競います。

クラフトサーカス 淡路島の観光施設でインスタ映え
クラフトサーカス(CRAFT CIRCUS)は、淡路島のリゾート感が溢れる観光施設です。インスタ映えスポットで人気です。クラフトサーカスでは、オーシャンビューのレストランで淡路島の美味しい料理をいただけます。ドッグテラスでワンちゃんと仲良く...

のじまスコーラでは「体力全快!スイーツキャッチ!」が楽しめます。のじまスコーラの3階の「合宿所」の壁に貼られた総北高校の学章にスマートフォンをかざします。選択したキャラクターが登場ます。キャラクターに「おやつ」をたくさん食べさせてキャラクターの好感度を上げていきます。

のじまスコーラ 淡路島で廃校の小学校をリノベした観光施設
のじまスコーラは、淡路島で廃校の小学校をリノベーションした観光施設です。のじまスコーラは、淡路島の北西にあり、瀬戸内海の美しい景色を一望できます。のじまスコーラは、カフェやレストラン、ベーカリーやマルシェ、バーベキューなどが入る複合施設です...

2018淡路島ロングライド150の当日の交通規制

淡路島ロングライド150の開催日となる9月24日(月祝)は、淡路島一周「アワイチ」のコースの3カ所で交通規制が行われます。規制区間と規制時間は下記の通りとなります。

県道76号線

県道76号線の洲本市由良町の生石公園の手前にある三叉路先付近から洲本市中津川組にある中津川バス停付近までの山岳路が交通規制となります。

  • 南あわじ市方面から洲本市方面:6:30~10:40
  • 洲本市方面から南あわじ市方面:6:30~10:40

県道31号線

県道31号線の南あわじ市湊交差点から洲本市鳥飼浦交差点で、大型車の北進通行禁止となる交通規制があります。

  • 南あわじ市方面から洲本市方面:9:00~14:30(予定)

県道31号線

県道31号線の淡路市の淡路高校前交差点から淡路松帆交差点で、大型車の北進通行禁止となる交通規制があります。

  • 南あわじ市方面から洲本市方面:10:00~16:30(予定)

2018淡路島ロングライド150のアクセス

2018淡路島ロングライド150の会場へのアクセスですが、交通手段として、自動車、高速バス、高速船と3つの手段があります。

  • 住所:〒656-2307 兵庫県淡路市南鵜崎 海岸側
  • 電話:0259-74-3515(平日9:00~18:00)大会事務局

自動車の場合

京阪神・広島岡山方面から

京阪神・広島岡山方面から自動車の場合、神戸淡路鳴門道の淡路ICを下り、約5分で淡路島国営明石海峡公園 淡路島ロングライド150の会場に到着します。

徳島方面から

徳島方面から自動車の場合、神戸淡路鳴門道の東浦ICを下り、約5分で淡路島国営明石海峡公園 淡路島ロングライド150の会場に到着します。

高速バスの場合

高速バスの場合、新神戸駅、三宮バスターミナル、高速舞子から発車する本四海峡バス(大磯号)のみが、輪行袋に収納した状態での折りたたみ自転車の搭載が可能となっています。ただし、運行する時間帯において高速バスのトランクルームが非常に手狭の車両で運行する時間帯があります。トランクルームが規定量をオーバーする場合や他のお客様の荷物が多い場合は、自転車の搭載ができない場合がございます。自転車を搭載希望の場合は、事前に担当営業所に「乗車希望の日時及び乗車予定のバス停留所」を連絡して確認してください。本四海峡バス(大磯号)は三宮バスターミナル5番のりばから1時間に1~2本、高速舞子バス停留所からは1時間に3~4本でバスが運行しています。なお、淡路夢舞台前は淡路島国営明石海峡公園に隣接しており、会場までは自転車で約5分となります。

高速バス 本四海峡バス(大磯号)

  • 新神戸駅-淡路夢舞台前(所要時間60分、乗車料金930円)
  • 三宮バスターミナル-淡路夢舞台前(所要時間45分、乗車料金930円)
  • 高速舞子-淡路夢舞台前(所要時間20分、乗車料金510円)

高速船の場合

高速船 淡路ジェノバラインは、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。自転車の運送は別途220円かかります。事前予約はできません。定員がオーバーした場合は乗船できません。運航本数、時間が天候などにより変更する場合があります。必ず確認してからご利用ください。 また、円滑な運航のため輪行袋に入れていただきますようご協力をお願いいたします。なお、自転車の積み込み数には限りがありますのでご注意ください。高速船 淡路ジェノバラインは1時間に1本~4本で航行しています。なお、明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。岩屋港から淡路島国営明石海峡公園の会場までは自転車で約15分となります。

高速船 淡路ジェノバライン

  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円、自転車運搬220円)

2018淡路島ロングライド150の大会概要

淡路島ロングライド150は、タイムを競うレースではなく、サイクリングイベントです。コース上は、一般車両の交通規制をしていません。一時停止、赤信号での停止などの基本的な交通規制を遵守して、追走・並走・割り込みなどはしないでください。休憩所となる各ポイント(エイドステーション)に制限時間を設けています。制限時間を超えた場合はタイムオーバーとなり、走行を続行できません。

ドローン(小型無人飛行機)の使用禁止について

警察当局の指導により、会場内やコース上における小型無人飛行機(ドローン)の使用並びに飛行を禁止いたします。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

思いやり走行について

淡路島ロングライド150は、主に一般道路を使用しています。近年、一般住民の皆様や一般車の方とのトラブルも数件起こっており、末永く本大会を続けていくためにも、ご参加の皆様のマナーあふれる走行を切に願っております。何卒よろしくお願いいたします。

2018淡路島ロングライド150の大会規則

  1. コース走行時は、警察官の指示がないかぎり、下記を遵守すること。
    一時停止場所、赤信号での確実な停止。
    車道の左側走行。
    並進走行の禁止(一列で走行すること)。
    その他、交通事故を誘発するような危険な走行の禁止。
    主催者が定める追い越し禁止区間での追い越し禁止。
  2. 走行時は警察官、大会係員の指示に従うこと。
  3. 装備および自転車の形状について。
    DHバー及びそれに類するものは装着を禁止します。
    ヘルメットは必ず着用してください。
    グローブの着用を強く推奨します。
    ヘッドライトを装着してください。
    自転車の後ろにはリアライトもしくはリフレクター(反射板)を装着してください。
    トンネル内では必ずライトを点灯させてください。
    タンデム車での走行は可能です
    小径車・リカンベントを含む公道を走れる自転車で参加すること。
    前後のブレーキが完備されていること。
  4. 先頭を走る先導車(オートバイ)及び途中を走る速度監視車(オートバイ)を追い越さないこと。また、車両による伴走は禁止する。
  5. 何らかの理由でリタイアする場合は係員に申告し、指示に従うこと。
  6. 参加者同士または一般車両などとの交通事故が発生した場合は、直ちに大会本部、係員に連絡しその指示に従うこと。
  7. <肖像権に関する同意内容>
    本イベント参加者は本イベント参加に関して、報道・広報等で写真・その他の記録媒体による収録物・複製物あるいは編集物・大会ウェブサイトやパンフレットなど情報メディアにおいて使用されることを了承し、参加者の肖像権を主催者に譲渡することを承諾することとする。
    ※以上の大会規則を守らず、大会係員からの警告を受けても改善されない場合は参加を取りやめていただきます。

2018淡路島ロングライド150の運営組織

主催

淡路島ロングライド150実行委員会(淡路島くにうみ協会、兵庫県、洲本市、南あわじ市、淡路市、スポーツニッポン新聞社ほか)

協賛

LAWSON、江崎グリコ、淡路信用金庫、balba、BODY Toughness、KhoodaBloom、Silbest Cycle、Noah、All Sports Comunity、あわじ島農業協同組合、CYCLO express、SPORTS ENTRY

アワイチの概要

アワイチとは、淡路島一周をすることです。バイクや自転車、自動車などでツーリングやサイクリング、ドライブなどで約150キロに淡路島の外周道路を一周します。

淡路島一周ということから通称「アワイチ」となっています。全長150キロのロングライドになります。淡路島の木々や花々に囲まれた豊かな自然をはじめ、海や空を眺めながら走る爽快感から人気のスポットになっています。

日の出前から東側を走ると朝焼けの絶景に遭遇できたり、夕暮れに西側を走るとサンセットの絶景に遭遇できたりと島ならではの楽しみ方ができます。平坦で走りやすい北部地域と起伏に富んだ南部地域があり、一周することで達成感も味わえます。

最近では、サイクリングに対する需要が高まりとともに、海沿いの道路から美しい風景が楽しめる淡路島が、サイクリングコースとして高く評価されています。今年で9回目を迎える淡路島一周(アワイチ)する「淡路島ロングライド150」も、昨年は約2000人が参加しており人気が高まっています。

兵庫県では、サイクリングを目的とした観光客をさらに呼び込むために、サイクリストの助言を受けて、ビギナーからトップライダーまで誰もが満足できるコースを「淡路島サイクリングマップ」として作成しました。アワイチ人気をさらに高めて「サイクリングアイランド淡路島」の実現に向けた取組を進めています。

スポーツ
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!