淡路島玉ねぎバーガー全国1位 道の駅うずしおオニオンキッチン

スポンサーリンク

淡路島玉ねぎバーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」は、全国1位を獲得したハンバーガーです。南あわじ市の最西端にある道の駅うずしおで販売されている名物グルメのご当地バーガーです。

甘くて柔らかくて瑞々しい全国ブランドの特産品「淡路島玉ねぎ」が使用されています。淡路島玉ねぎバーガーは、独自の調理方法から玉ねぎで5つの食感が楽しめるハンバーガーに仕上がっています。

あわじ島オニオンビーフバーガーは、淡路島の美味しい食材が詰め込まれた地元愛で溢れるご当地バーガーです。全国1位の実績通りの売れ行きで、名実ともに地元でナンバーワンの名物グルメとなっています。

スポンサーリンク

淡路島玉ねぎバーガーの内容

淡路島玉ねぎバーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」は、全国ご当地バーガーグランプリで全国1位に輝いた淡路島で人気ナンバーワンのグルメです。道の駅うずしおと大鳴門橋記念館で販売しています。

その名の通り、淡路島玉ねぎバーガーといっても過言ではないくらい、淡路島玉ねぎをふんだんに使ったバーガーです。淡路島玉ねぎで5つの食感が楽しめるバーガーに仕上げています。

淡路島玉ねぎは、甘みが高く、香りも優れ、辛味も少なく、繊維も柔らかく、瑞々しく美味しいのが特徴です。淡路島が全国に誇るブランドの特産品となっています。

淡路島玉ねぎの味付は、約8ミリの玉ねぎカツ、シャキシャキのオニオンスライス、カリカリのオニオンチップ、酸味の効いたオニオンフォンデュ、玉ねぎのトマトソース漬けの5種類です。

あわじ島オニオンビーフバーガーでメインとなるのは、厚さ約8ミリの玉ねぎカツです。手作りでサクサクの衣で、玉ねぎの柔らかさ引き立ちます。とろとろで甘くて濃厚な玉ねぎを味わえます。

オニオンスライスは美味しい切り方で、シャキシャキの食感が味わえます。オニオンチップは揚げたフライドオニオンでカリカリの食感が味わえます。

オニオンフォンデュは、淡路島玉ねぎの手作り酢漬けで酸味がアクセントになります。玉ねぎのトマトソース漬けは、じっくり煮込んだ自家製淡路島産トマトソースにザク切り玉ねぎを入れています。

これら淡路島玉ねぎの異なる5つの食感を一度に楽しめる贅沢な淡路島玉ねぎバーガーです。

淡路島玉ねぎの上には、甘辛く炊いた淡路牛がのせられています。淡路牛は、神戸ビーフや松坂牛の素牛として淡路島の特産品のブランドです。

上にはトマトを通常の2倍を使用した濃厚なプレミアムトマトソースをかけられています。下には辛子マヨネーズとシャキシャキのレタスを敷かれています。

淡路島玉ねぎ、淡路牛、淡路島レタスを改良に改良を加えて食感と旨みがパワーアップしたバンズで挟まれています。噛み応えあるしっかりしたバンズです。

あわじ島オニオンビーフバーガーは、淡路島の美味しい食材が詰め込まれた地元愛にあふれた淡路島バーガーとして、名実ともにナンバーワンのご当地バーガーとなっています。

現在、淡路島オニオンビーフバーガーは、1年間で15万個を売り上げるメガ人気商品となっています。なお、税抜き価格で600円となります。

ご当地バーガーグランプリで全国1位

全国ご当地バーガーグランプリとは、鳥取県大山町で2009年度より始まった日本最大規模のご当地バーガーの祭典「とっとりバーガーフェスタ」で、2011年から開始された唯一の全国大会として全国1位を決定するグランプリ大会です。

全国各地から集まった地元地域を元気にしたい団体が、ご当地の食材を使ったご当地バーガーをメインに、愛情、食材、活動、形態などの総合評価を競い合います。トップを極めたご当地バーガーのみに与えられる称号が全国1位です。

あわじ島オニオンビーフバーガーは、2011年に全国ご当地バーガーグランプリに初出場して第3位、2012年は第2位と順位を上げてきました。さらに頂点を極めるために、バンズを改良して、具も淡路島産の食材を改良しました。その結果、2013年の37団体が出場した第3回全国ご当地バーガーグランプリにて悲願の全国1位に輝きました。

2014年第4回全国ご当地バーガーグランプリでは、新作「あわじ島オニオングラタンバーガー」で挑戦して30団体が出場して全国2位を受賞しました。

過去のテレビ出演

淡路島玉ねぎバーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」は、数々のテレビ出演を果たしています。

2013年に全国1位ということで、それ以降数々のテレビにも登場しています。2016年11月13日の読売テレビ「マチャミ&陣内の日本ワケありツアー!」では、淡路島玉ねぎのカツが絶品、高級和牛の淡路牛をふんだんに使用ということからミシュラン級と称えられました。

2017年5月19日のNHK「ごごナマ」では、淡路島玉ねぎの全体的に襲う味覚が甘い甘い、地元産の淡路牛とトマトソースの相性が本当抜群と称えられていました。さらに、天気予報に移っても淡路島バーガーを食べる様子もあり、収録後に完食されたくらいおいしかったそうです。

2017年10月17日の関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」では、関西2府4県が激突!知られざるナンバー1大調査SPとして、道の駅が西日本で最多の兵庫県で、人気の道の駅で2013年にご当地バーガーグランプリで全国1位として「あわじ島オニオンビーフバーガー」が登場していました。

やはり、あわじ島オニオンビーフバーガーは、淡路島バーガーの中で、淡路島玉ねぎの5種類の味付け、淡路牛の甘辛炊きとトマトソースの相性と、淡路島の食材をふんだんに使ったご当地バーガーとしては全国1位となるくらい納得の味なのでしょう。これぞ淡路島を代表するご当地グルメといえるでしょう。

淡路島玉ねぎバーガーの基本情報

住所と電話

  • 住所:〒656-0503 兵庫県南あわじ市福良丙947-22
  • 電話:0799-52-1157

営業時間

淡路島オニオンキッチン本店

  • 平日:9:30~16:30(最終受付16:30)
  • 土日祝:9:00~16:30(最終受付16:30)

道の駅うずしおレストラン

  • カフェ:9:00~16:00(最終受付15:30)
  • ランチ:10:00~16:00(最終受付15:30)

ショップうずのくに

  • 9:00~17:00

定休日

  • 木曜日(祝日、長期休暇は営業)

販売価格

  • 600円(税抜)

淡路島玉ねぎバーガーの道の駅

淡路島玉ねぎバーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」を販売しているのは、道の駅うずしおの「淡路島オニオンキッチン本店」と程近くにある大鳴門橋記念館の「淡路島オニオンキッチン うずの丘」です。

道の駅うずしおは、淡路島と徳島県を結ぶ大鳴門橋のメインケーブルをつなぐ巨大コンクリート塊「アンカレイジ」の根元の切り立った崖にあるドライブインです。淡路島の最西端の鳴門岬にあります。

鳴門海峡で発生する世界一のうずしお「鳴門の渦潮」に一番近い道の駅として有名です。岬の先端にあることから大鳴門橋を含め、瀬戸内海、鳴門海峡、太平洋とぐるりを海に囲まれた絶景を眺められます。

淡路島オニオンキッチン本店では、「全国ご当地バーガーグランプリ」で、全国1位を受賞した「あわじオニオン島バーガー」と全国2位を受賞したあわじ島オニオングラタンバーガーが味わえます。

道の駅うずしおレストランでは、淡路島の新鮮な魚介類やお野菜など旬の素材を活かした料理が味わえます。人気メニューは、淡路島の白身魚だけを使って淡路島らしさを追求した「白い海鮮丼」です。

ショップうずのくにでは、オリジナルのお土産が70種類あります。商品数も700種類以上です。人気商品は、元祖玉葱和風ドレッシングです。15年以上売り上げ1位で累計販売百万本を突破しています。

関連記事>>>>道の駅うずしお 淡路島で鳴門海峡の絶景とご当地グルメとお土産

淡路島玉ねぎバーガーのアクセス

道の駅うずしおは、高速道路ではなく一般道にあります。高速道路で淡路島の先端まで向かいますと、大鳴門橋しかなく徳島へ渡ることになりますのでご注意ください。高速道路から直近となる出口は淡路島南ICとなり、距離にして約3キロ、時間にして約5分となります。一般道路から向かう場合は、国道28号線を南下して先端となる道の駅福良を目指します。道の駅福良の手前約1キロから県道25号線に曲がり道なりに、距離にして約8キロ、時簡にして約15分むと到着します。

淡路島玉ねぎバーガーの駐車場

道の駅うずしおの駐車場は、60台ほどしか停車することができません。混雑時には手前約1キロにある臨時駐車場に停車することとなります。そこから無料のシャトルバスが運行しています。往復で約10分の間隔でのピストン輸送となります。徒歩では約15分ほどかかりますのでシャトルバスが便利です。

error:Content is protected !!