ゴールデンウィークGW企画 淡路人形座

ゴールデンウィークGW企画が開催されます。淡路島にある劇場「淡路人形座」で、ゴールデンウィークに大人から子供まで家族みんなで楽しめる人形芝居と題したイベントになります。

お芝居の盛り上げレクチャーがあります。手拍子や鳴り物で人形芝居を盛り上げます。写真や動画の撮影がOKとなります。戎さんが抽選で5名様の願いごとを祈願します。無料ぬりえ体験が開催されます。

ゴールデンウィークGW企画の開催日時は、4月27日(土)から5月6日(月祝)までとなります。開催場所は、淡路島の劇場「淡路人形座」です。なお、開演時間で参加できる企画が異なります。

開催期間中は、売店で販売されている商品が一部を除いて全て1割引きとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴールデンウィーク企画の基本情報

  • 開催期間:4月27日(土)~5月6日(月祝)
  • 開演時間:10:00、11:10、13:30、15:00
  • 参加料金:大人1500円、中高生1300円、小学生1000円、幼児300円
  • 住所:〒656-0501 南あわじ市福良甲1528-1地先
  • 電話:0799-52-0260
  • 駐車場:無料(道の駅福良駐車場 普通車100台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原IC、淡路島南ICから車で約15分

ゴールデンウィーク企画の内容

4月27日(土)から5月6日(月祝)まで、淡路島にある劇場「淡路人形座」で「ゴールデンウィークGW企画」が開催されます。大人から子供まで家族みんなで楽しめる人形芝居と題したイベントです。

お芝居の盛り上げレクチャーを受けることができます。手拍子や鳴り物を使用して人形芝居を皆で一緒に盛り上げます。戎さんが抽選で5名様の願いごとを祈願します。無料ぬりえ体験が開催されます。

なお、開演時間で参加する企画が異なります。写真や動画の撮影がOKとなります。ただし、フラッシュや三脚を使用しての撮影、座席の移動は禁止となっています。

開催期間中は、売店で販売されている商品が一部を除いて全て1割引きとなります。

お芝居の盛り上げレクチャー

お芝居の盛り上げレクチャーは、開演時間が10時、11時10分に開催される内容となります。手拍子や鳴り物の使い方や、人形芝居の盛り上げる方法を学びます。皆で一緒に盛り上げます。

玉藻前曦袂

玉藻前曦袂は、開演時間が10分、11時10分に上演される演目となります。天竺(インド)から唐土(中国)、日本に渡った金毛九尾の妖狐伝説を題材にしています。

あらすじ

日本を魔界にしようと企んだ九尾の妖狐は、陰陽頭の安倍泰成による活躍で都を追われました。那須野が原に飛び去った狐は討ち取られました。しかし、執心は石にこもって殺生石となりました。

狐の霊魂は、夜な夜な様々な姿(玉藻前→座頭→花笠→雷→狐→夜鷹→奴)に変化して踊り狂います。

戎舞

戎舞は、開演時間が13時30分、15時に上演される演目となります。戎さんが上演中に、抽選で5名様の願いごとを祈願してくれます。

あらすじ

戎舞は、太鼓のリズムに合わせて、戎様が楽しく舞う神事となります。大らかな心を持ち、えびす顔でプラス思考に生きるという幸せの原点が込められています。

あらすじは、淡路人形座に戎様が釣竿を担いでやってくるところから始まります。庄屋さんは、戎様にお神酒を献上します。戎様は、盃を飲み干して、生まれや福の神であることを話しながら舞い始めます。

海の幸、山の幸を前にして、皆の願いを叶えようと、お神酒を飲み、幸せを運んできます。酔った戎様は、船に乗り、沖に出て、大きな鯛を釣り、メデタシ、メデタシと舞い納めるのでした。

伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段

伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段は、開演時間が13時30分、15時に上演される演目となります。八百屋お七を題材にして「火の見櫓に登るお七」として描かれている演目です。

あらすじ

近江国高島家の若殿左門之助が天皇へ献上する天国の剣を紛失したため、お守役の安森源次兵衛は切腹しました。江戸吉祥院の寺小姓となって剣を探す安森の子、吉三郎は、火事で焼け出されたお七と恋仲となっていました。

お七は父が店の再建のためにお金を借りた万屋武平衛を婿に迎えなければなりませんでした。剣紛失に対する判決の期限の日、お七は剣を盗んだのが武兵衛と知ります。

しかし、火事の後は九つの鐘(午前0時)を合図に江戸の町々の木戸が締まり、通行が禁じられています。たとえ剣が手に入っても今夜中に届けることができなければ、吉三郎は切腹することになります。

思いつめたお七は、火の見櫓の半鐘を打てば出火と思って木戸は開かれるのではと考えました。火刑を覚悟で、雪の凍りついた梯子を滑り落ちながらも、櫓に上ったお七は撞木を夢中で振るのでした。

無料ぬりえ体験

無料ぬりえ体験は、人形芝居に登場するキャラクターのぬりえを楽しむことができます。淡路人形座の1階で開催されます。なお、雨天の場合は中止となります。

ゴールデンウィーク企画の劇場

ゴールデンウィーク企画が開催される淡路人形座は、淡路島南あわじ市の道の駅福良にある淡路人形浄瑠璃の専用劇場です。淡路人形浄瑠璃は、約500年の歴史を誇る淡路島の伝統芸能です。

3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居で、江戸時代には文化の華でした。人情の機微を謳い、哀歓の人間模様を描く様は、世界で最も人形劇を舞台芸術に発展させたといわれています。

古典芸能として何世代もの創意工夫で継承された舞台芸術の粋です。現在は、国内公演や海外公演、人形浄瑠璃の後継者の指導、全国の人形芝居保存会への協力など、人形浄瑠璃の普及や発展に活動しています。

関連記事>>>>淡路人形座 淡路島で人形浄瑠璃の劇場

ゴールデンウィーク企画のアクセス

ゴールデンウィーク企画が開催される淡路人形座へのアクセスは、自動車もしくは高速バスとなります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、最寄りとなる高速道路のインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。約15分で淡路人形座に到着します。

淡路人形座は、道の駅福良にある駐車場の他にもたくさんの駐車場があります。全て無料です。道の駅福良の係員が案内してくれます。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジから下ります。約15分で淡路人形座に到着します。

淡路人形座は、道の駅福良にある駐車場の他にもたくさんの駐車場があります。全て無料です。道の駅福良の係員が案内してくれます。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から発車しています。福良バスターミナルで降車します。福良バスターミナルから淡路人形座までは徒歩約3分で到着します。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
淡路人形座
記事をシェアする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!