東浦イチゴファーム 淡路島いちご狩りおすすめ農園

スポンサーリンク

東浦イチゴファームは、2017年にオープンしたイチゴ農園です。明石海峡大橋から車で約10分のところにあります。いちご狩りでは、神戸方面、大阪方面からもアクセスが便利な立地です。

いちご狩りは40分食べ放題制で、いちごの品種は3種類です。最寄り駐車場は市営駐車場となります。初回2時間無料です。道の駅 東浦ターミナルパークに隣接してお土産やグルメを楽しめます。

スポンサーリンク

東浦イチゴファームの基本情報

  • 営業期間:2018年12月15日(土)~2019年6月中旬まで
  • 住所:〒656-2305 兵庫県淡路市浦666-1
  • 電話:080-6187-4171
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:不定期
  • 駐車場:市営駐車場(初回2時間無料)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道東浦ICから車で3分

東浦イチゴファームのいちご狩り

東浦イチゴファームは、2017年にオープンしたアクセスに便利なイチゴ農園です。

明石海峡大橋から車で約10分のところにあります。東浦インターチェンジから車で約3分です。神戸方面、大阪方面からもアクセスが便利です。高速バスの場合、東浦バスターミナルから徒歩1分です。

大阪湾を臨む道の駅東浦ターミナルパークに隣接しています。駐車場は、淡路市の市営駐車場となります。初回2時間は無料ですので40分制限のイチゴ狩りにはお得です。

いちご狩りは、事前に電話による予約制となります。いちご狩りの料金は、40分食べ放題制となります。大人1800円、小人1300円です。いちごの種類は、紅ほっぺ、さちのか、あきひめと3種類あります。

練乳のサービスはありません。自分で練乳を持ち込んで利用することができます。いちご本来の甘くてジューシーな味と練乳を付けて甘くてまるやかな味を食べ比べできます。

高い位置の棚で栽培する高設栽培となります。大人は立ったまま楽々イチゴを摘むことができます。ただ、イチゴのベンチが高いために、小さなお子さんはイチゴ狩りが利用しづらいかもしれません。

この場合、子供をだっこして摘ませてあげるか、親が代わりに摘んであげるかとなります。通路は、比較的広くなっており、ゆっくりとイチゴ狩りを楽しめます。

冬の寒い時期や雨の日でも、暖かい温室でイチゴ狩りができます。ハウスの中は、シートが敷かれています。靴が汚れないので助かります。

車椅子の場合、入場する際に段差があります。ペットは入園できません。この他、ヒールの高いものや細いものは、転倒などの恐れがあります。控えるようにしましょう。

いちご狩りの基本情報

東浦イチゴファームのイチゴ狩りは、40分の食べ放題制です。事前にお電話による予約制です。練乳の持込みは可能です。いちごの種類は、紅ほっぺ・さちのか・あきひめの3品種です。高設栽培です。

  • いちご狩りの予約方法:電話(080-6187-4171)
  • いちご狩りの料金制度:40分食べ放題制
  • いちご狩りの料金:大人(中学生以上)2000円・小人(小学生以上)1500円・幼児(2才以上)1100円(12月15日~1月6日)、大人(中学生以上)1800円・小人(小学生以上)1400円・幼児(2才以上)1000円(1月7日~6月上旬)
  • いちごの種類:紅ほっぺ・さちのか・あきひめ
  • 栽培方法:高設栽培
  • 持ち込み:練乳持込可能

いちご狩りおすすめ人気農園5選

1月から6月まで、淡路島ではイチゴ狩りが関西で旬といわれるシーズンで入り盛況となります。淡路島ではイチゴ狩りができる「いちご農園」が島内の様々な場所にあります。

関西地方のイチゴ狩りの人気ランキングので上位に入る農園も数カ所あります。理由は、淡路島は日照時間が全国でもトップクラスという気候、自然がいっぱいでイチゴ栽培に適した土壌、イチゴ狩りを兼ねての観光に便利という3拍子が揃った「島」という特有の環境だからです。

淡路島は「玉ねぎの島」として不動の地位を確立していますが、関西では隠れた「いちごの島」として人気の体験観光となっています。おすすめの人気農園5選をご紹介します。

淡路島いちご狩りおすすめスポット5選
淡路島のいちご狩りでおすすめ5選をご紹介します。淡路島はいちご狩りで人気のエリアです。関西でもランキング上位の人気スポットがあります。毎年1月から6月までがシーズンとなります。 淡路島でいちご狩りが人気の理由は、淡路島は自然がいっぱい...

東浦イチゴファームのアクセス

東浦イチゴファームのアクセスは、自動車、高速バスの2つの方法があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の東浦インターチェンジから下ります。東浦インターチェンジの出口を左折します。

東海岸に向かって進みます。浦交差点で国道28号線と交わります。直進して左手の建物が道の駅東浦ターミナルパークとなります。駐車場に駐車して前に見えるビニールハウスが東浦イチゴファームです。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。

JR三宮駅から高速バスを利用する場合

JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。東浦バスターミナルで降車します。東浦バスターミナルから駐車場を挟んで向かい側に見えるのが東浦イチゴファームです。

  • 神戸三宮駅ー東浦バスターミナル(所要時間55分、乗車料金930円)

JR舞子駅から高速バスを利用する場合

JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門自動車道の高速舞子駅に到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。東浦バスターミナルで降車します。東浦バスターミナルから駐車場を挟んで向かい側に見えるのが東浦イチゴファームです。

  • 高速舞子駅ー東浦バスターミナル(所要時間30分、乗車料金620円)

東浦イチゴファーム周辺の観光スポット

東浦イチゴファームの周辺の観光スポットとして、道の駅 東浦ターミナルパークをはじめ、淡路島国営明石海峡公園、淡路夢舞台、奇跡の星の植物館があります。

道の駅 東浦ターミナルパークは、淡路島の名産や特産を販売する直売所やカフェ、レンタサイクルショップなどがあります。明石海峡のタコを一匹丸ごとプレスで焼き上げる「たこ姿焼き」が人気です。

たこ姿焼き 淡路島 道の駅東浦ターミナルパーク
たこ姿焼きは淡路島で人気のグルメです。たこ丸ごと1匹をプレスして姿焼きにします。たこ姿焼きは、淡路島の道の駅東浦ターミナルパークにある「やま高」で実演販売されています。たこ姿焼きは、噛めば噛むほど旨味が出てくる絶品グルメです。たこ姿焼きは、...

アワイチの人気でロードバイクのレンタルショップ「Bicycle Hub Awaji」も注目されています。この他、ガーデニングセンター「フローラルアイランド」、カフェ「T」などがあります。

道の駅の向かいには中浜稔猫美術館があります。淡路島出身の猫墨絵の第一人者 中浜稔さんの作品を展示する、世界初となる猫の美術鑑賞ができます。隣には陶芸体験のできる淡路市立陶芸館があります。

猫美術館と陶芸館の裏には、浦県民サンビーチが広がります。環境省の「快水浴場100選」にも選ばれた海水浴場です。道の駅 東浦ターミナルパーク周辺は、サイクリングと海水浴とイチゴ狩りで人気です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
淡路島の果物狩り
スポンサーリンク
あわじしま観光ナビ
error: Content is protected !!