慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松 国の名勝で瀬戸内海国立公園

慶野松原は、淡路島西部の播磨灘に面して広がる美しい海岸です。国の名勝で瀬戸内海国立公園に指定されています。白い砂浜が南北に約2.5キロに伸びて、約5万本のクロマツの林が広がっています。瀬戸内海でも随一の白砂青松の松原です。日本の夕陽百選に選ばれた絶景スポットです。景勝地としてプロポーズ街道で散策が楽しめます。夏には島内で最大のビーチとなり、海水浴やバーベキュー、キャンプが楽しめます。

慶野松原の見どころは、瀬戸内海の蒼い海、美しい海岸の砂浜、樹齢数百年に及ぶ老松や矯松、播磨灘の水平線に沈みゆく夕日、遥か沖合に浮かぶ小豆島が醸し出す瀬戸内海の夕景です。息をのむほどの素晴らしさで、まさに絶景といえるでしょう。

慶野松原 瀬戸内海随一の白砂青松

慶野松原は、淡路島西部の播磨灘に面して広がる美しい海岸です。白い砂浜が南北に約2.5キロに伸びて、約5万本のクロマツの林が広がっています。瀬戸内海でも随一の白砂青松の松原です。

国の名勝で瀬戸内海国立公園

国の名勝とは、芸術または観賞において価値が高く風景の優れた地域について、文化財保護法により文部大臣の指定を受けている区域です。慶野松原は、兵庫県で8つの名勝のうちの1つになります。

瀬戸内海国立公園とは、1934年に雲仙国立公園、霧島国立公園とともに日本で初めて指定された国立公園です。当時の指定区域は小豆島の寒霞渓、香川県の屋島、岡山県の鷲羽山、広島県の鞆の浦、備讃瀬戸などでした。数回の区域拡張により、現在では西は北九州市から東は和歌山市まで及ぶ広大な国立公園となっています。慶野松原は、自然景勝として名勝指定される理由から認定されました。

約2.5キロの弓状の砂浜と5万本の帯状の松林

海岸は、古来より吹きつけられた海風の影響で緩やかな弓形状となっています。海岸は、古来より吹きつけられた海風の影響で、約2.5キロの緩やかな弓形状となっています。松林は、北端が五色浜から南端が三原川口までの帯状に伸びて約5万本が茂っています。

千鳥の唯一の繁殖地

慶野松原の海浜は、千鳥の唯一の繁殖地です。千鳥は、古くから淡路島のシンボルとして親しまれてきました。淡路島の砂浜が消滅しつつある現在、慶野松原の海浜がチドリ類の唯一の繁殖地となってしまいました。

慶野松原の海浜で遊ぶチドリの愛らしい姿をいつまでも見ることができるように、地元自治体の南あわじ市やボランティアにより、海浜の清潔さを保とうと定期的に清掃活動を行っています。

クロマツやコウボウムギ、ハマゴウやアキグミの海浜植物群落

慶野松原の植生は、海浜砂丘地の植物と、クロマツの松林の植物に大別されます。海からの風を受けやすく砂が移動しやすい浜に海浜植物のコウボウムギ群落が発達しています。後方のやや平坦な砂地に海岸性の多年草のハマゴウ群落が発達しています。

クロマツの松林には、落葉低木のアキグミ群落と黒松のクロマツ群落が発達しています。海浜植物群落は「兵庫県の貴重な自然」に選定されています。なお、慶野松原で採取される松露や浜防風の味は、大変珍重されています。現在では、春の訪れを告げる風物詩です。

万葉の時代から天皇家や公家の狩り場

慶野松原の歴史は古く、万葉の時代から天皇家や公家たちの狩り場として栄えていました。松原には御所と呼ばれる「御所の松」がありました。一説には大和朝廷の行在所があったとされています。「御所の松」は、1993年に被害に遭い枯れました。現在は周囲10数メートルの木株だけが残っています。

国の名勝として日本の4冠を達成

1928年には国の名勝に指定されました。さらに、1955年には瀬戸内海国立公園に指定されました。日本の白砂青松100選に選ばれたのを皮切りに、日本の渚百選、日本の夕日百選、日本の海水浴場88選、快水浴場百選と日本の4冠を達成しました。四季を通じてお楽しみいただける淡路島で有数の景勝地となっています。

慶野松原の詳細情報

  • 住所:〒656-0306 兵庫県南あわじ市松帆古津路577-1
  • 電話:0799-36-2203(慶野松原観光開発組合)
  • HP:慶野松原海水浴場(南あわじ市役所)
  • 駐車場:海開き期間有料(7月~8月)自動車700円、二輪200円
  • アクセス:神戸淡路鳴門道西淡三原ICから車で約5分

慶野松原の見どころ

樹齢数百年に及ぶ老松や矯松

慶野松原の約5万本に及ぶクロマツの松林には、樹齢数百年に及ぶ老松や矯松が数多くあります。代表的なクロマツを紹介します。

根上がり松

長い歳月の間に砂の根元が暴風によって洗い流されて、松の根が浮き上がったように見えることから「根上がり松」と呼ばれています。「値が上がる」にかけて「値打ちが上がる」「成績が上がる」と商売繁盛、学業成就の松として注目されています。

へび松

とぐろを巻いた蛇のように低く地を這っている松です。苔がむしている場所にヒッソリと佇んでいます。

いのしし松

猪(いのしし)ような姿をした松です。神様の使者として松原の平和を見守ってくれているようです。

うさぎ松

松の切り株が、うさぎのような姿をした松です。慶野松原には野うさぎも住んでおり、本物と見間違うこともあるかもしれませんね。

ハート松

左右対称の美しいハートの形をした松です。松の根元から見上げると見事なハートに見えます。二人で覗き込むと幸運が訪れるかもしれませんね。

瀬戸内海の夕景

最大の見どころは、瀬戸内海の蒼い海、美しい海岸の砂浜、樹齢数百年にも及ぶ老松や矯松、播磨灘の水平線に沈みゆく夕日、遥か沖合に浮かぶ小豆島が醸し出す瀬戸内海の夕景です。息をのむほどの素晴らしさで、まさに絶景といえるでしょう。

柿本人麻呂が「万葉集」の歌碑

古くは飛鳥時代の歌人「柿本人麻呂」により「万葉集」に詠まれた風光明媚で知られた景勝地です。国民宿舎慶野松原荘には次のような歌碑が建てられています。まさに穏やかな海に釣り船が行き交う姿が歌われています。

飼飯の海の庭よくあらし刈薦の乱れ出づ見ゆ海人の釣船

現代語訳:慶野松原の海岸に広がる海は、波が穏やかで漁場としては良いらしい。波が乱れるように漁師たちの乗った船が出て行っている。

プロポーズ街道

1997年に地域特産の淡路瓦をふんだんに用いた「プロポーズ街道」の名の散策路が整備されました。瓦にちなんで変わらぬ愛を誓う道です。日本一と称される淡路島の特産いぶし瓦と白砂青松、瀬戸内の海に沈む夕焼けがロマンチックな散策へと導いてくれます。

「プロポーズ街道」は、「鬼塚」、「鬼愛街道」、「万葉のいらか道」・「プロポーズ瓦道」と並んでいる約1.5キロの遊歩道となっている総称です。

プロポーズ瓦道

プロポーズ瓦道は、プロポーズや愛の誓いを言葉に刻んだハート型の瓦が並んでいます。一番人気のスポットです。散策する人たちも、少し恥ずかしくもあり、ちょっぴり幸せな気分も味わえます。プロポーズや誓いの言葉を瓦に刻みたい場合、国民宿舎慶野松原荘へのお申し込みにより作成できます。

鬼塚・万葉の甍道・鬼愛街道・鬼愛神社

男厄、女厄、還暦の厄を古代の鬼達が厄払いをする鬼塚があります。俳句や短歌が並ぶ「万葉の甍道(いからみち)」があります。瓦(かわら)ぬ愛を誓いた鬼愛(おにあい)街道に鬼愛(おにあい)神社があります。

慶野松原海水浴場 ビーチとバーベキューとキャンプ

慶野松原は、慶野松原海水浴場として淡路島で最大のビーチです。環境省の快水浴場百選では、特に優秀な特選を獲得しており、名実ともに日本を代表する海水浴場です。毎年たくさんの観光客が訪れています。また、約5万本のクロマツが茂る松林に、キャンプ場が設けられています。バーベキューやキャンプ、花火などを楽しむことができます。海開き期間(7月~8月)に入ると更衣室を兼ねたシャワー所と荷物預かり所が登場します。駐車場が有料になります。

慶野松原海水浴場 淡路島最大のビーチでバーベキューやキャンプも
慶野松原海水浴場は、淡路島で最大のビーチです。瀬戸内海の播磨灘の美しい海です。約2.5キロに及ぶ広大な砂浜です。約5万本のクロマツの松林です。瀬戸内海随一の白砂青松といわれています。環境省の快水浴場百選では、特に優秀な特選を獲得しており、名...

慶野松原海水浴場の詳細情報

  • 海開き期間中(7月~8月)
  • 売店:8:00~17:00
  • 救護所:9:00~17:00(応急処置のみ)
  • 更衣室:1カ所(シャワー兼用)7~8人利用可能
  • シャワー(温水):3分300円
  • トイレ:5カ所(水洗)
  • コインロッカー:なし
  • 荷物預かり所:300円
  • キャンプ場:施設利用料(小学生以上)1人300円
  • 持込テント:1泊1張1500円
  • バーベキュー:指定区域のみBBQ利用可能(有料)
  • 花火:利用可能(21:00まで)
  • ペット可(マナー厳守)
  • ペット:遊泳禁止
  • マリンスポーツ:遊泳区域内で禁止
  • 駐車場:700台(車:700円/1日、バイク:200円/1日)

ビーチバレーの聖地

1998年から開催されている兵庫県ビーチバレー高等学校選手権大会で第2回大会以降、慶野松原で開催されています。2006年の第61回国民体育大会(のじぎく兵庫国体)で、ビーチバレー競技が慶野松原で開催されました。大会招致の影響で、地元高校生も好成績を納めています。毎年全日本ビーチバレージュニア選手権大会への出場を果たしており、過去4度の優勝も経験している状況です。2014年からは、ビーチバレーボールで国内最高峰となる競技大会のツアー会場の一つとして、慶野松原で開催されています。

淡路島ビーチバレーボールツアー第4戦 南あわじ市慶野松原
6月30日(土)と7月1日(日)の2日間、淡路島南あわじ市の慶野松原海水浴場で「ジャパンビーチバレーボールツアー2018」の第4戦が開催されます。日本バレーボール協会と日本ビーチバレーボール連盟が共同主催する国内で最高峰のビーチバレー大会で...

慶野松原のアクセス

慶野松原へのアクセスは、自動車もしくは高速バスとタクシーでのアクセスとなります。

自動車の場合

神戸方面、徳島方面ともに神戸淡路鳴門道の西淡三原インターチェンジで下ります。真っ直ぐ県道31号線を走ります。湊交差点で右折します。真っ直ぐ進むと松林が見えます。さらに進むと慶野松原の看板と海水浴場の駐車場の「P」の看板があります。

高速バスの場合

JR神戸三宮駅からのアクセス

JR神戸三宮駅から徒歩5分で三宮バスターミナルに到着します。三宮バスターミナルから福良行きの高速バスに乗車します。陸の港西淡で降車します。タクシーで約10分で到着します。

  • 三宮バスターミナルー陸の港西淡(乗車料金2050円、所要時間80分)

JR舞子駅からのアクセス

JR舞子駅から徒歩5分で高速舞子に到着します。高速舞子から福良行きの高速バスに乗車します。陸の港西淡で降車します。タクシーで約10分で到着します。

  • 高速舞子ー陸の港西淡(乗車料金1750円、所要時間60分)
error:Content is protected !!