淡路島観光スポットおすすめ34選

御食国・和食の祭典in淡路島 洲本市文化体育館

淡路島で「御食国・和食の祭典in淡路島」が開催されます。

古来より皇室や朝廷に食料を納めて「御食国」と呼ばれてきた淡路、若狭、志摩と「都」の京都の関係者が、各地域の食材や食文化を「御食国ブランド」として確立することを目指したイベントです。

和食の魅力を発信するとともに人と食を通じた交流を深めることを目的にしています。

11月18日(土)と19日(日)の11時から16時30分まで洲本市文化体育館で開催されます。御食国の食材と多彩な食文化、ユネスコ無形文化遺産にも登録された日本の伝統的な食文化「和食」を存分にお楽しみいただける催しとなっております。

チケット価格は、当日会場(和食の祭典・オータムメッセ・日本遺産フェスティバル)での全ての飲食と物販などで利用できる前売りチケットを1000円となります。

販売場所は、淡路SA(サービスエリア)、洲本BC(バスセンター)、道の駅福良です。

同時開催イベントとして「淡路島日本遺産フェスティバル」、「第5回淡路島くにうみ講座」、「食のブランド「淡路島」オータムメッセ2017」も開催しております。

なお、淡路島でおすすめグルメのまとめは、以下の記事をご参照ください。

御食国・和食の祭典in淡路島の基本情報

  • 開催日時:11月18日(土)19日(日)11:00~16:30
  • 開催場所:洲本市文化体育館
  • 開催住所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-17
  • 電話番号:0799-25-3321(休館日:火曜日)
  • 入場料金:無料
  • 駐車場:無料(普通車140台)西側65台、東側75台
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約15分

御食国・和食の祭典in淡路島の内容

御食国・和食の祭典in淡路島のイベント内容は、御食国サミットとして4府県知事によるトークリレー、歴史や魅力を学ぶ公聴会、和食の達人を招いたディスカッションなどのトークイベントが行われます。和食を味わうフードコートとして京都の和食、若狭の鯖寿司、志摩の鯛茶漬け、淡路の3年トラフグ鍋など各府県が自慢の料理を5個から10個を用意しています。「御食国弁当」の限定販売、和食文化の体験コーナーとして日本酒の試飲や販売、出汁の味わい体験、抹茶・和菓子の味わい体験などがあります。

御食国和食を味わうフードコート出店内容

淡路

食材の宝庫 国生みの島・淡路の有名ホテルなどこだわりの旬の地元食材を使った飲食店が出店します。

  1. 淡路こちそう館 御食国(淡路島「牛すじ丼」)
  2. 淡路島観光ホテル(三年とらふぐつみれ鍋)
  3. ウェルネスパーク五色浜千鳥(淡路島の蛸天丼)
  4. 季節料理 かまくら(玉ねぎ入り淡路島そうめんの磯辺揚げ)
  5. 絶景レストランうずの丘(絶品うに雑炊)
  6. ホテルニューアワジグループ(鱧と島野菜のあんかけぬーどる)
  7. 夢海遊 淡路島(プレミアム淡路ビーフの牛すじ丼)
  8. 松葉寿司(あなご棒ずし、サクラマスずし、ちょぼ汁)
  9. 創業文久三年 こだわりの宿 やぶ萬(鯛麺)
  10. L’ISOLETTA(淡路島のバーニャサラダ)
  11. 淡路島3年とらふぐ(活きのとらふぐの1年もの、2年もの、3年ものを水槽にて展示)

京都

「日本料理アカデミー」所属の老舗がプロデュースする和食や宇治茶を使ったスイーツやパンなども販売されます。

  1. 日本料理アカデミー(肉じゃが、豚の角煮)
  2. 京都山城農援隊(お茶の詰め放題、お茶チョコ 等)
  3. 和束茶カフェ(抹茶どらやき、しお抹茶、抹茶豚まん 等)
  4. 京つけもの西利(京漬物)
  5. 雉祥・ナカムラポートリー(鳥ちまき、ジャンボ焼き鳥)
  6. 京甘納豆の斗六屋(甘納豆、ぜんざい 等)
  7. 菓子匠鞍馬庵(おかき、くず湯)
  8. うめや本舗(古代米ばらずし・コッペめし 等)
  9. パンとお菓子のプルチーノ(ほうじ茶あんぱん、抹茶シュトーレン、米粉クッキー(抹茶、ほうじ茶))

若狭

「鯖街道」で都に運ばれた鯖寿司などの鯖関連商品や若狭特産の梅を使った商品を販売。若狭塗箸研ぎだし体験もあります。

  1. 敦賀市(豆らくがん、羽二重餅、水ようかん、海鮮せんべい)
  2. 小浜市(焼き鯖寿司、鯖寿司、鯖缶、雲丹醤、焼き鯖まぜご飯の素)
  3. 美浜市(へしこ、焼き鯖寿司、豆乳ドーナツ)
  4. 高浜市(鯖寿司、焼き鯖寿司、金のアジ、紅小イカ、杜仲茶、若狭漬け、にぼしの量り売り)
  5. おおい町(たき込みご飯の素、佃煮、熟成味噌、完熟梅ジャム、クッキー、スイートポテト)
  6. 若狭町(熊川葛、葛しるこ、乾燥椎茸、椎茸昆布、生かぶら、かぶらの漬物、梅干し、梅酒、梅ゼリー、梅ケーキ、梅サイダー)
  7. 南越前町(半生そば、つるし柿チョコレート、はす茶 等)
  8. 若狭塗箸研ぎだし体験・販売
  9. 若狭路ご膳(若狭路焼鯖丼、若狭路バーガー、若狭路うまいもん)

志摩

テレビドラマ「高校生レストラン」のモデル「まごの店」による「鯛茶漬け」や志摩特産の「あっぱっぱ貝」などを味わえます。

  1. 三重県立相可高等学校調理クラブ 高校生レストラン「まごの店」(鯛茶漬け)
  2. アッパッパ屋(あっぱっぱ貝の串揚げ、あっぱっぱ貝のコロッケ 等)
  3. 浜政丸商店(干物、乾物)
  4. 利八屋(肉巻きおにぎり、津ぎょうざ、伊勢甘ダレから揚げ)
  5. 山崎屋(パールコロッケ、真珠貝柱燻製オリーブオイル漬け 等)

御食国・和食の祭典in淡路島 のタイムテーブル

1日目:11月18日(土)

  • 文化ホール
    11:00~16:30 淡路島日本遺産フェスティバル
    国生み創生神楽
    講演「神人相誉人人共食-ハレの飲食文化の伝統-」
    講師:神崎宣武氏(民俗学者)
  • ロビー
    11:00~16:30 抹茶・和菓子の味わい体験(200人分)
  • メインアリーナ
    11:00~16:30 御食国和食を味わうフードコート
    淡路・若狭・志摩・京都の「和食」を味わう飲食・物販ブースが勢ぞろい!
    11:30~限定30食 御食国弁当の販売
    12:00~16:30 京都の老舗料亭4店の出汁の味わい体験
    13:00~15:20 和食を楽しむミニ講座
  • 会議室1A
    11:00~16:30 日本酒等の試飲・販売
  • 西側駐車場
    10:00~16:30 食のブランド「淡路島」オータムメッセ2017
    淡路島の「とっておきの食」が勢ぞろい!(淡路島の新鮮な野菜の販売、淡路島の食材を使った飲食ブース、加工品販売など21店舗が出店)

2日目:11月19日(日)

  • 文化ホール
    11:00~12:00 第5回淡路島くにうみ講座
    新五国風土記ひょうご彩祭トークショー
    白井操氏(料理研究家)トークショー「淡路の食と文化」
    12:45~16:00 御食国サミット
    4府県知事によるサミットをはじめ「御食国」や「和食」をテーマとした基調講演・シンポジウムを通じて「御食国」が育んだ「和食」文化について考える
  • ロビー
    12:00~16:30 抹茶・和菓子の味わい体験(200人分)
  • メインアリーナ
    11:00~16:30 御食国和食を味わうフードコート
    淡路・若狭・志摩・京都の「和食」を味わう飲食・物販ブースが勢ぞろい!
    11:30~限定30食 御食国弁当の販売
    12:00~16:30 京都の老舗料亭4店の出汁の味わい体験
    13:00~15:20 和食を楽しむミニ講座
  • 会議室1A
    11:00~16:30 日本酒等の試飲・販売
  • 西側駐車場
    10:00~16:30 食のブランド「淡路島」オータムメッセ2017
    淡路島の「とっておきの食」が勢ぞろい!(淡路島の新鮮な野菜の販売、淡路島の食材を使った飲食ブース、加工品販売など21店舗が出店)

食のブランド「淡路島」オータムメッセ2017

同時開催イベントとして、食のブランド「淡路島」オータムメッセ2017が、洲本市文化体育館の西側駐車場で開催されます。淡路島のとっておきを「見つける、味わう、手に入れる」をテーマにしたグルメイベントです。

御食国・和食の祭典in淡路島の会場

御食国・和食の祭典in淡路島が開催される会場は、淡路島洲本市の洲本市民文化体育館になります。洲本市民文化体育館は、2006年の兵庫国体に合わせて、スポーツの振興と健康づくりの支援、芸術・文化の振興と支援、まちづくり活動の支援を整備方針として、洲本市新都心地区の洲本川沿いに建設されました。

市民のスポーツ・芸術・文化の拠点施設として、体育館と多目的アリーナと文化ホールを併せ持つ複合施設です。メインアリーナ兼大ホール(しおさい館)は、国体をはじめ各種スポーツ大会などに対応できる体育館機能のほかに、移動観覧席と舞台装置を備えており、1階1155席、2階444席(ベンチシート)を合わせると、最大約1600人が収容できる多目的アリーナにも転換できる仕様になっています。

兵庫県や洲本市などの大規模式典や歌手による歌謡ショーなどに使用されています。

文化ホール(しばえもん座)は、可動音響反射板を備えた客席数548席(固定座)を収容でき、コンサートや演劇などジャンルを超えた多目的な舞台芸術に対応でき、音響や照明などに趣向を凝らした演出ができるホールになっています。クラシックコンサートから映画、講演会、発表会、式典などに使用されています。

イベント会場となる大きなエントランスホール、柔道や剣道など武道の大会ができるコミュニティアリーナ兼道場、研修会や展示会に利用できる会議室兼ギャラリー、各種運動器具を備えたトレーニングルーム、洲本川を眺めながら飲食ができるカフェが併設されています。

なお、建物はユニバーサルデザインを採用しており、親しみやすさと使いやすさをコンセプトにしています。

洲本市文化体育館の付近一帯は洲本市新都心地区の中核を成す公園施設です。近代日本で有数の紡績工場として、経済産業省の近代化産業遺産に認定される「洲本市の綿産業関連遺産」の一つとなっています。

建物群としては、市民憩いの場「洲本市民広場」、市民読書の場「洲本市立図書館」、テナント施設「アルチザンスクエア」、市民グルメの場「ごちそう館 御食国(みけつくに)」があります。

旧鐘紡洲本工場の赤レンガ造りの建物が立ち並んでいます。洲本市が誇る近代化産業遺産として当時を偲ばせます。また、美しい街づくりに寄与したとして、兵庫県からも「さわやか街づくり賞」を受賞しています。

風情ある建物郡は大正ロマンを漂わせます。これらの建物は明治から昭和にかけて、洲本の経済的発展に貢献した鐘紡(カネボウ)紡績工場の外壁をそのまま残しています。

現在、保存修復を繰り返して、図書館を含めておしゃれなカフェやショップ、アパレル店やグルメ店が入居する複合施設「洲本アルチザンスクエア」として再生しています。

景観は、兵庫県でも歴史が古い洲本市が誇る近代産業化を歩んできた遺産として当時を偲ばせます。

なお、洲本市民広場には、ドラゴンクエスト(ドラクエ)の生みの親である堀井雄二さんの故郷のPRとして、ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像が建てられています。

ファンの間ではドラクエの聖地巡礼の記念撮影スポットとして注目されています。

御食国・和食の祭典in淡路島のアクセス

御食国・和食の祭典in淡路島が開催される洲本文化体育館のアクセスは、自動車もしくは高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターチェンジから下ります。洲本インターチェンジから約15分で洲本文化体育館に到着します。

洲本文化体育館は、140台が駐車可能な無料の専用駐車場があります。専用駐車場が満車の場合は、周辺の駐車場に停車することになります。

  • 住所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-17
  • 電話:0799-25-3321(休館日:火曜日)
  • 専用駐車場:無料(普通車140台)西側65台、東側75台
  • 周辺駐車場:イオン洲本店駐車場、洲本バスセンター駐車場
  • 周辺駐車場料金:イオン(初回2時間無料30分毎100円)、洲本バスセンター(初回1時間無料1時間毎100円)

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅、JR舞子駅、学園都市駅、新幹線 新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅の最寄りの高速バス乗り場から淡路島行きの高速バスが運行しています。

洲本高速バスセンター行きの高速バスに乗車します。洲本高速バスセンターに到着すると徒歩で約5分で洲本市文化体育館に到着します。洲本高速バスセンターの向かい側に兵庫県立淡路医療センターの巨大な茶色の建物が見えます。兵庫県立淡路医療センターの隣にあるベージュの建物が洲本市文化体育館になります。

淡路交通バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 学園都市駅ー洲本バスセンター(所要時間75分、乗車料金1600円)
  • 神戸三宮駅ー洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2350円)

阪急高速バス

  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2350円)

本四海峡バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1550円)
  • 三宮BT-洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1850円)
  • 新神戸駅ー洲本バスセンター(所要時間95分、乗車料金1850円)
  • なんば駅(OCAT)ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2350円)
洲本市文化体育館
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました