淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」洲本オリオン

スポンサーリンク

年末年始特別企画として淡路島ゆかり映画特集が開催されます。淡路島の映画館「洲本オリオン」で、淡路島で撮影した作品、淡路島出身・在住の監督の作品などゆかりの映画の上映会となります。

特別上映は「引っ越し大名!」と「クレイジーアイランド」と「調査屋マオさんの恋文」の3作品です。イベント上映は「時の絲ぐるま」と「愛でいけるやん」と「大地の花咲き」の3作品です。

監督の舞台挨拶をはじめ、ライブなどスペシャルイベントも盛りだくさんです。入場料金は特別上映が通常料金、イベント上映が一般1500円、子供(3歳以上高校生以下)1000円です。

年末年始特別企画「淡路島ゆかり映画特集」の開催日時は、2019年12月13日(金)から2020年1月9日(木)までとなります。

スポンサーリンク

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」の詳細・基本情報

  • 開催日時:2019年12月13日(金)~2020年1月9日(木)
  • 開催場所:洲本オリオン
  • 開催住所:〒656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-8
  • お問合せ:0799-22-0265
  • 座席数:100席
  • アクセス:神戸淡路鳴門道洲本ICから車で約10分

入場料金

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」の入場料金は、特別上映が通常料金、イベント上映が一般1500円、子供(3歳以上高校生以下)1000円です。

通常料金は、一般1800円、大学(専門学校)1500円、学生(3歳以上高校生以下)1000円、シニア(60歳以上)1100円、身体障害者1100円、夫婦50割2200円、水曜レディースデイ1100円となります。

LINE登録で割引クーポン

洲本オリオンでは、LINE公式アカウントにLINEの友だち追加をすると割引クーポンがプレゼントされます。なお、イベント上映は割引クーポンはありません。

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」の内容

2019年12月13日(金)から2020年1月9日(木)まで、兵庫県洲本市にある映画館「洲本オリオン」で、年末年始特別企画として淡路島ゆかり映画特集が開催されます。

淡路島で撮影した作品、淡路島出身・在住の監督の作品などゆかりの映画の上映会となります。

特別上映は「引っ越し大名!」と「クレイジーアイランド」と「調査屋マオさんの恋文」の3作品です。イベント上映は「時の絲ぐるま」と「愛でいけるやん」と「大地の花咲き」の3作品です。

監督の舞台挨拶をはじめ、ライブなどスペシャルイベントも盛りだくさんです。

上映日程

  • 12月13日(金)~2020年1月9日(木):「引っ越し大名!」(12月15日、22日、1月1日、2日は休映日)
  • 12月15日(日):「時の絲ぐるま」(石井友規監督の舞台挨拶)
  • 12月22日(日):「愛でいけるやん」(主演の宮田博文さん、岩崎靖子×中務貴史監督の舞台挨拶)
  • 12月22日(日):「大地の花咲き」(主演の村上貴仁さん、さゆみさん、岩崎靖子監督の舞台挨拶)
  • 12月23日(月)~12月31日(火):「クレイジーアイランド」(主演の林奈緒美さんの舞台挨拶)
  • 2020年1月3日(金)~1月9日(木)「調査屋マオさんの恋文」(今井いおり監督の舞台挨拶、よしこストンペアの生ライブ)

映画「引っ越し大名!」

「引っ越し大名!」では、淡路島の南あわじ市にある慶野松原で撮影された映画作品です。ストーリーで、姫路から大分への国替えの道中で、漁師に化けた隠密に襲撃されて戦うシーンが撮影されました。

「引っ越し大名!」は、土橋章宏さんが原作の小説「引っ越し大名三千里」を映画化しました。監督は犬童一心さん、主演は星野源さんが務めました。高橋一生、高畑充希などのキャストが出演しています。

生涯7回もの国替えをさせられた「引っ越し大名」の異名を持つ実在した大名の松平直矩をモチーフにした物語です。

主人公の片桐春之介は姫路藩の書庫番をしていましたが、引っ越し奉行に任命されてしまいます。当時の引っ越しは全藩士と全家族を移動させる桁外れの費用と労力がかかります。

移動人数1万人、距離600キロ、予算なしという超難関プロジェクトです。

失敗すれば「即刻切腹」という状況で、国の存亡をかけた超難関プロジェクトをクリアを目指すというストーリーとなります。引きこもり侍の一世一代の大挑戦です。

上映スケジュール

12月13日(金)~12月21日(土)

  • 平日:13:30、16:00、18:30
  • 土日祝:10:30、13:30、16:00、18:30

12月23日(月)~1月9日(木)

  •  平日・土日祝:16:00、18:30

開場15分前、上映時間120分

入場料金:1800円(一般)、1500円(大学・専門学校)、1000円(3歳以上高校生以下)、1100円(60歳以上・身体障害者)、2200円(夫婦50割)、1100円(水曜レディースデイ)

映画「時の絲ぐるま」

時の絲ぐるまでは、2019年9月に淡路島の洲本市にある洲本 厳島神社の早乙女稲刈り神事を映画のワンシーンとして撮影されました。宮司さんなどが出演しています。

時の絲ぐるまは、平成の大嘗祭へ調進された二つの織物「麁服(あらたえ)」と「繪服(にぎたえ)」にまつわる物語です。「麻」と「絹」の伝統技術は日本から失われつつあります。

新しく即位した天皇は「剣璽等承継の儀」そして「即位礼正殿の儀」を経て、秋に「大嘗祭(だいじょうさい)」を執り行います。この映画では、大嘗祭に奉る織物に注目した作品となります。

徳島県から納められた「麁服(あらたえ)」は麻織物です。愛知県から納められた「繪服(にぎたえ)」は絹織物です。代々宮内庁からの依頼にて調進されています。

徳島県と愛知県から納められた麻と絹の伝統技術から見える美しき日本の心を捉えた全編4K映像の美しい珠玉の作品となります。嘗祭から垣間見る日本の姿を捉えています。

なお、洲本オリオンでは、4K上映ではありません。

上映スケジュール

12月15日(日)14:00(イベント上映)

開場30分前、上映時間100分

入場料金:1500円(一般)、1000円(3歳以上高校生以下)

イベント上映後に、地球写真家である監督の石井友規さんの舞台挨拶が開催されます。

映画「愛でいけるやん」

愛でいけるやんは、大阪府高槻市にある運送会社の宮田運輸の軌跡を追う物語です。

会社の売上を伸ばそうと必死に働いていた矢先に、会社のトラックが死亡事故を引き起こしてしまいます宮田博文社長は、大好きなトラックが人を不幸にしてしまったと絶望してしまいます。

「おまえ、トラック好きなんやろ?だったら、トラックを活かす道を考えろ」という言葉に救われます。

数字に追われて小さい頃の気持ちが見えなくなっていました。ただただ、トラックが大好きだったあの頃の「こどもの心」で会社を継続しようと決意します。

思いついたのは、こどもの絵をトラックにラッピングする「こどもミュージアムプロジェクト」です。

こどもの絵が描かれたトラックを運転すると優しい気持ちになります。自然に運転がやさしくなります。結果的に事故が減ります。その結果、取り組みが思いもかけぬ展開を見せます。

業界を越えて、海外へも広がっていきます。競争、常識、理屈など知らぬ間に「大人」になってた自分を「こども」の心がノックします。

誰もの奥底にある「こどもの心」は、純粋でやさしくて自由で無限な心です。つまづいてもええやん、まわり道でもええやん、思いっ切り自分を生きて、ぶつかりあって響き合います。

上映スケジュール

12月22日(日)14:00(イベント上映)

入場料金:1500円(一般)、1000円(3歳以上高校生以下)

イベント上映後に、主演の宮田博文さん、監督の岩崎靖子さんと中務貴史さんの舞台挨拶が開催されます。

映画「大地の花咲き」

大地の花咲きは、野菜の生きる力を信じ、農薬や肥料を使わず、野菜に言葉をかける農法にチャレンジしていく佐々木家のドキュメンタリーです。

佐々木ファームは、「愛と喜びを循環する」を合言葉として、農薬や肥料を使用しない自然栽培を貫く北海道・洞爺にある農園です。かつて農場の運営方針を巡り家族内で激しい対立をしていました。

家族同士のいがみ合いが臨界点に達したとき、息子の大地くんが突然亡くなってしまいます。

息子の死をきっかけに、自分たちが育てている野菜も、木々や花々も全てが生きていることに改めて気が付きます。

憎しみの果てに知った愛といえます。喜びの未来を創造しようと歩みだします。命とともに歩む農業を通して、新たな地球の未来を模索する農家の姿です。

上映スケジュール

12月22日(日)16:30(イベント上映)

入場料金:1500円(一般)、1000円(3歳以上高校生以下)

イベント上映後に、主演の村上貴仁さん、さゆみさん、監督の岩崎靖子さんの舞台挨拶が開催されます。

映画「クレイジーアイランド」

クレイジーアイランドは、未来へ向かって勢いよく突っ走る女の子を描いたガールズコメディの物語です

大金島で生まれ育った奈緒美は、古くからの続いている島の風習から、好きでもない相手と結婚することになります。自分の将来に諦めを抱き始めていました。

ある日、大阪からやってきた梨央奈と出会います。2人は意気投合して島を脱出して都会暮らしを実現させます。音楽活動に自分の夢を見つけ出します。

こんな島、出てったると昔ながらの風習をぶったぎります。しかし、奈緒美を連れ戻すために島民たちは刺客を放ちます。

ロケ地:沼島、伊加利公民館、うずの丘大鳴門記念館、淡路島牧場、洲本念法寺、海月館、洲本港、洲本市内、農家民宿「天空庵」、多賀の浜海水浴場 他

上映スケジュール

12月23日(月)~12月31日(火)

  • 平日:13:30
  • 土日祝:10:30、13:30

開場15分前、上映時間81分

入場料金:1800円(一般)、1500円(大学・専門学校)、1000円(3歳以上高校生以下)、1100円(60歳以上・身体障害者)、2200円(夫婦50割)、1100円(水曜レディースデイ)

12月28日(土)の10時30分の上映後と13時30分の上映前に、主演の林奈緒美さんの舞台挨拶が開催されます。

映画「調査屋マオさんの恋文」

調査屋マオさんの恋文は、認知症の妻を調査する夫の姿を追ったドキュメンタリー映画です。

変わりゆく認知症の妻を記録し続ける元調査屋の物語です。家族を顧みず、仕事一筋に生きてきた元調査屋の男は、認知症を発症した妻の記録を始めます。

日々変わりゆく妻のために何ができるのか。おぼろに浮かび上がる、愛の記録となります。

上映スケジュール

1月3日(金)~1月9日(木)

  • 平日:13:30
  • 土日祝:10:30、13:30

開場15分前、上映時間78分

入場料金:1800円(一般)、1500円(大学・専門学校)、1000円(3歳以上高校生以下)、1100円(60歳以上・身体障害者)、2200円(夫婦50割)、1100円(水曜レディースデイ)

12月28日(土)の10時30分と13時30分の上映会に、監督の今井いおりさんの舞台挨拶と「よしこストンペア」さんの生ライブが開催されます。

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」の映画館

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」が開催される淡路島の洲本オリオンは、洲本市にある唯一の映画館です。戦前は淡路人形浄瑠璃を上演する芝居小屋として存在していました。その後、「昭和館」や「福助座」と変遷していき、1951年に公募により「オリオン」と命名して映画館となりました。映画の最盛期には洲本市にも7つの映画館がありました。

1975年に建物を現在の風貌に改築しました。その後、得意の洋画以外に邦画も上映するようになりました。洲本市出身の作詞家の阿久悠さんや俳優の笹野高史さんも学生時代に通っていたそうです。2011年7月に3Dデジタルシネマシステム(ドルビー3D)を導入してデジタル化しました。

2012年から毎年4月下旬と10月上旬に「城下町洲本レトロなまち歩き」と題したイベントを洲本オリオン周辺で開催しています。運営は「城下町洲本再生委員会」が行っており、代表を洲本オリオン代表である野口純子さんが務めています。ただ、島外にあるシネコンの影響を受けて、2013年10月に映画館としての営業を一時終了しました。

その後、2014年6月に山口賀生さんが「島の映画やさん」を名乗って映画上映会企画を立ち上げました。この活動が功を奏して2014年9月に「ベイマックス」や「アナと雪の女王」というアニメ上映会を洲本オリオンで2日間開催しました。全ての上映回がほぼ満席の状態となり、企画は成功しました。その後、2016年にはGWと夏に年末年始に「ガールズ&パンツァー」の上映会を開催。そして、2016年の年末に洲本オリオンは、休館を取り下げて常時上映でなく定期的な上映会を継続しています。

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」のアクセス

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」が開催される淡路島の洲本オリオンへのアクセスは自動車もしくは高速バスとなります。どちらの場合も、最後の移動手段となる徒歩では、目印としてイオン洲本店を目指すと便利です。

自動車の場合

自動車の場合、洲本オリオンに専用の駐車場がありません。最寄りの駐車場として、イオン洲本店駐車場、洲本高速バスセンター前駐車場があります。そちらに向かうことになります。

イオン洲本店駐車場、洲本高速バスセンター前駐車場までのアクセスは、神戸淡路鳴門道洲本インターチェンジから車で約15分で到着します。

各駐車場から洲本オリオンまでは、徒歩で約8分程度で到着します。洲本オリオンは、イオン洲本店とエディオン洲本店と淡陽信用組合本店がある交差点を、イオン洲本店側からエディオン洲本店ではない方向に渡ります。

1本目の右折する細い路地を曲がります。少し進むと左側に小民家の長屋が並ぶ建物が見えます。細い路地を左折すると洲本レトロこみちの入口に到着します。

洲本レトロこみちの入口から真っ直ぐ進むと左手に洲本オリオンのオレンジの建物があります。

  • 住所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-17
  • 電話:0799-25-3321(休館日:火曜日)
  • 周辺駐車場:イオン洲本店駐車場、洲本バスセンター駐車場
  • 周辺駐車場料金:イオン(初回2時間無料30分毎100円)、洲本バスセンター(初回1時間無料1時間毎100円)

高速バスの場合

高速バスの場合、洲本高速バスセンター行きの高速バスに乗車します。高速バスは、神戸三ノ宮駅、高速舞子駅、学園都市駅、新神戸駅、大阪阪急3番街、なんば駅から発車しています。

洲本高速バスセンターに到着すると、向かい側にある兵庫県立淡路医療センターの巨大な建物に向かって右側にあるイオン洲本店を目指して歩きます。徒歩5分程度で到着します。

イオン洲本店から洲本オリオンまでは、徒歩で約8分程度で到着します。イオン洲本店とエディオン洲本店と淡陽信用組合本店がある交差点を、イオン洲本店側からエディオン洲本店ではない方向に渡ります。

1本目の右折する細い路地を曲がります。少し進むと左側に小民家の長屋が並ぶ建物が見えます。細い路地を左折すると洲本レトロこみちの入口に到着します。

洲本レトロこみちの入口から真っ直ぐ進むと左手に洲本オリオンのオレンジの建物があります。

  • 住所:〒656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-8
  • 電話:0799-22-0265

淡路交通バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1580円)
  • 学園都市駅ー洲本バスセンター(所要時間75分、乗車料金1630円)
  • 神戸三宮駅ー洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1890円)
  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2390円)

阪急高速バス

  • 大阪 梅田阪急3番街ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2390円)

本四海峡バス

  • 高速舞子駅ー洲本バスセンター(所要時間60分、乗車料金1580円)
  • 三宮BT-洲本バスセンター(所要時間85分、乗車料金1890円)
  • 新神戸駅ー洲本バスセンター(所要時間95分、乗車料金1859円)
  • なんば駅(OCAT)ー洲本バスセンター(所要時間120分、乗車料金2390円)

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」の駐車場

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」が開催される淡路島の洲本オリオンには、専用の駐車場がありません。周辺の駐車場に停車してから徒歩での移動となります。徒歩8分以内の駐車場は下記の通りとなります。

洲本バスセンター前駐車場の基本情報は以下の通りです。

  • 住所:兵庫県洲本市港1-1
  • 駐車台数:普通車451台
  • 駐車料金:1時間以内無料 以降1時間毎100円
  • 最大料金:24時間 600円

イオン洲本店駐車場の基本情報は以下の通りです。

  • 住所:兵庫県洲本市塩屋1丁目1-8
  • 駐車台数:普通車520台
  • 駐車料金:2時間以内無料 以降30分毎100円

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」の周辺の観光スポット

淡路島ゆかり映画特集「年末年始特別企画」が開催される淡路島の洲本オリオンの周辺の観光スポットは、洲本市民広場のドラクエ像、洲本レトロこみち、洲本城、大浜海水浴場となります。

洲本市民広場は、ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像があります。ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二さんの出身地として、洲本市民広場に、ドラゴンクエスト30周年記念碑が建立されました。

主人公の勇者が装備する武器「ロトの剣」と防具「ロトの盾」、人気キャラクターのスライムが寄り添った銅像が建てられています。洲本市民広場の大きな木の根元にひっそりと佇んでいます。

洲本レトロこみちは、淡路島洲本市中心部にある城下町の風情が残る小路です。江戸時代以降の古い町家や小民家や空き家などをリノベーションしたオシャレな店舗が並ぶ通りです。

週末や連休には、個性的なカフェやレストランやショップなど20店舗以上が営業しています。レトロ雰囲気を味わいながら「まち歩き」が楽しめます。イオン洲本店から徒歩約5分で到着します。

洲本城は、淡路島洲本市の南にある標高133メートルの三熊山の山頂にある城です。東西800メートル、南北600メートルに総石垣造の郭があります。かつて西日本最大級の水軍の山城です。

本丸の石垣と大石段が壮大です。淡路水軍の拠点だったこともあり、本丸から海と城下町と山の180度の大パノラマの絶景を眺めることができます。洲本バスセンターから自動車で約10分で到着します。

大浜海水浴場は、洲本市の市街地に隣接する白砂青松の風光明媚な海水浴場です。南北75メートル、東西55メートルに伸びた砂浜は、見事な曲線を描いて広がります。遊歩道が整備された海浜公園です。

穏やかな海辺、美しい砂浜、立派な黒松、ふもとの山々を眺めながら散策を楽しむことができます。海水浴シーズンには、淡路島で人気のビーチとなります。遠浅の海で安心して水遊びが楽しめます。