2022年4月29日「クラフトサーカス」淡路島でリニューアルオープン

開店・オープン

2022年4月29日(金)に淡路島でクラフトサーカスがリニューアルオープンします。北西部の海岸沿いにあるシーサイドレストラン&マーケットです。遊び心あふれたリゾート空間となります。

レストランは、天然イカと瀬戸内の魚が泳ぐ巨大いけすから寿司や海鮮を提供する「海王市場」、特大のバーガーとピザなどを提供する「クラフトキッチン」があります。シーフードピザが登場します。

マーケットは、淡路産の新鮮な野菜や瀬戸内の特産品が集まる「クラフトマルシェ」、世界各国の雑貨や伝統工芸が集まる「国際蚤の市(7月予定)」があります。ジェラートのテイクアウトもあります。

アクティビティエリアには、子供も大人も楽しめる巨大アスレチック(7月予定)が登場します。

リニューアルオープン「クラフトサーカス」

リニューアルオープン

正式名称は、シーサイドマーケット&レストラン「CRAFT CIRCUS(クラフトサーカス)」です。地域産業の活性化や雇用創造に取り組む株式会社パソナふるさとインキュベーションが運営します。

場所は、淡路島北西部の県道31号線沿いで瀬戸内海は播磨灘、夕陽を一望できるロケーションです。日本の夕陽100選に選ばれた淡路島の海と夕陽を眺めながら、食事やショッピングが楽しめます。

リニューアルでは、「食べる・買う・遊ぶ」をテーマに、レストラン・ショッピング・アクティビティの3エリアが開設されます。監修は、兵庫県ひょうご「食」担当参与の山下春幸さんです。

レストランエリアは「淡路島海王市場」と「淡路島クラフトキッチン」の2つが設置されます。

淡路島海王市場は、瀬戸内で獲れる新鮮な魚介類が集まる市場がコンセプトです。天然イカ専用の高さ2メートルのアクアドーム型いけす、瀬戸内の魚が泳ぐ長さ4メートル以上の生け簀があります。

新鮮な魚介をその場で捌きます。活け造りや握り寿司など鮮度にこだわった料理がカジュアルに提供されます。海辺のテラス席でシーフードバーベキュー(浜焼き)など友人、家族、恋人と楽しめます。

お客様が選んだ魚の特徴に合わせた和食・中華料理「シェフおまかせ料理」もあります。

淡路島クラフトキッチンは、淡路島の豊かな食材を使用した定番料理を提供するキッチンがコンセプトです。家族や友人とシェアして楽しむフードやデザートが提供されます。

淡路牛を使用した直径20センチのビッグサイズ「クラフトバーガー」、直径40センチの名物「島ピザ」など見た目のインパクト大の料理が提供されます。お腹も大満足の料理が楽しめます。

淡路産の新鮮魚介を使用したシーフードピザが新登場します。

ショッピングエリアは「淡路島クラフトマルシェ」と「Global market 国際蚤の市」が設置されます。

淡路島クラフトマルシェは、淡路島の新鮮な野菜や瀬戸内のこだわり産品が集まる市場がコンセプトです。朝採れ野菜などの特産品、玉ねぎスープなど加工品と約200種類の商品を販売します。

地元農家から仕入れた産地直送の朝採れ野菜や淡路玉ねぎを使った加工品は名物です。厳選した瀬戸内の醤油、塩、味噌など、ここでしか買えないお土産品を豊富に取り揃えています。

岩手県産うるち米のだんご、自凝雫塩と宮城県産牛乳のフレーバー、宮城県産イチゴのジェラート、鳴門オレンジのコンフィチュール、京丹波高原豚と淡路バジルと淡路玉ねぎのソーセージなどです。

淡路産はちみつや藻塩を使用した約10種類のオリジナルジェラートのテイクアウトが新登場します。

Global market 国際蚤の市(7月予定)は、世界各国の雑貨や伝統工芸が集まる国際蚤の市がコンセプトです。日本の伝統工芸をはじめ、世界各国から取り寄せた雑貨や伝統工芸を販売します。

イタリア、フランス、スウェーデン、ドイツ、インド、バリ、ベトナム、タイ、香港、韓国などワールドワイドの商品が集結します。ここでしか買えない掘り出し物を多数取り揃えています。

アクティビティエリアは、「淡路島ネットの海」が設置されます。高さ最大4メートルの3階建てのネットアスレチック(7月予定)です。子供はもちろん、大人も一緒に楽しめます。

詳細・基本情報

  • リニューアル日:2022年4月29日(金)
  • 住所:〒656-1724 兵庫県淡路市野島平林2-2
  • 電話:0799-82-1855
  • 公式サイト:https://awajicraftcircus.com/
  • 営業時間:平日11:00~21:00(L.O.20:00)、土日祝9:30~21:00(L.O.20:00)
  • 定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
  • 駐車場:約80台
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約10分、北淡ICから車で約15分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました