サイエンスショーと双眼鏡ウォッチ うずしおクルーズ

スポンサーリンク

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチが開催されます。淡路島の観潮船「うずしおクルーズ」で、うずしお博士によるサイエンスショーとクルーズ船の双眼鏡ウォッチが一緒になったイベントです。

サイエンスショーでは、うずしお博士が「うず」をテーマとして科学実験や研究体験を行います。双眼鏡ウォッチでは、船上で双眼鏡を使ってクイズの答えを探すアドベンチャーゲームを行います。

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチのセットは、9月と10月の限定企画となります。渦潮の発生状況により異なります。なお、予約は専用サイトからのお申込みとなります。

開催日程は、9月2日(日)、9日(日)、16日(日)、23日(日)、24日(月)、10月14日(日)、21日(日)、28日(日)となります。開催時間は午前開催となります。

スポンサーリンク

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチの基本情報

開催日時

  • 9月2日(日)サイエンスショー9:30~、双眼鏡ウォッチ10:50~
  • 9月9日(日)サイエンスショー10:50~、双眼鏡ウォッチ12:10~
  • 9月16日(日)サイエンスショー9:30~、双眼鏡ウォッチ10:20~
  • 9月23日(日)サイエンスショー10:10~、双眼鏡ウォッチ11:30~
  • 9月24日(月)サイエンスショー10:50~、双眼鏡ウォッチ12:10~
  • 10月14日(日)サイエンスショー8:50~、双眼鏡ウォッチ10:10~
  • 10月14日(日)サイエンスショー14:50~、双眼鏡ウォッチ16:10~
  • 10月21日(日)サイエンスショー8:50~、双眼鏡ウォッチ10:10~
  • 10月21日(日)サイエンスショー14:10~、双眼鏡ウォッチ15:30~
  • 10月28日(日)サイエンスショー13:30~、双眼鏡ウォッチ14:50~

開催場所

  • 場所:道の駅福良うずしおドームなないろ館3階
  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054

参加料金

  • 参加料金:大人(中学生以上)2500円、小学生1500円、幼児500円

所要時間

  • 約2時間(サイエンスショー50分、休憩10分、双眼鏡ウォッチ1時間)

受付方法

  • 受付方法:開始10分前までに開催会場で受付

予約方法

  • 専用サイト:じゃらんの予約ページでの申込み

駐車場

  • 駐車場:無料(普通車300台)

アクセス

  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道洲本ICから車で約30分、西淡三原ICから車で約15分

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチの内容

9月2日(日)、9日(日)、16日(日)、23日(日)、24日(月)、10月14日(日)、21日(日)、28日(日)に、サイエンスショーと双眼鏡ウォッチのセットが開催されます。

会場は、淡路島南あわじ市にある道の駅福良から出港する観潮船「うずしおクルーズ」です。うずしお博士によるサイエンスショーとクルーズ船の双眼鏡ウォッチが一緒になったイベントとなります。

サイエンスショーでは、うずしお博士が「うず」をテーマとして科学実験や研究体験を行います。双眼鏡ウォッチでは、船上で双眼鏡を使ってクイズの答えを探すアドベンチャーゲームを行います。

なお、サイエンスショーと双眼鏡ウォッチのセットの予約は専用サイトからのお申込みとなります。

サイエンスショー

うずしお博士が登場して米村でんじろう先生監修の実験や研究を分かりやすく説明してくれます。

身の回りや身近なものから「うず」を探そう

指紋、台風、洗濯機など身近なものから渦を探索して発見することで、渦に親近感を持ってもらいます。

空気砲を発射して「うず輪」を飛ばそう

でんじろう先生の実験でお馴染みの空気砲が登場します。空気砲で空気のリング「渦輪」を飛ばします。空気砲の煙が前方に進む理由を、レーザー光線シャボン玉などの道具を使って研究します。

ファイヤートルネードで「炎のうず」を発生させよう

オーダーメイドのファイヤートルネード装置を使って「炎の渦」を発生させます。火を装置で回転させると渦状の炎になり、高く立ち昇り、炎の竜巻が出現します。ファイヤートルネードを体験します。

「うずしおクルーズ」で世界最大の渦潮を体験しよう

うずしお博士と一緒にうずしおクルーズに乗船して鳴門海峡で発生する世界最大の渦潮を体験します。サイエンスショーで「渦」に興味を持ち、実際に体験することで「うずしお」の素晴らしさを実感します。

双眼鏡ウォッチ

双眼鏡ウォッチは、サイエンスショーが終わってから、双眼鏡とキッズパスポートを持って、うずしおクルーズに乗船します。船上から双眼鏡を使って、キッズパスポートに書いてあるクイズの答えを探します。

チェックポイントで隠されたキーワードを探して、キッズパスポートにメモして戻ってくるとプレゼントをゲットできます。サイエンスショー参加者だけが楽しめるアドベンチャーゲームとなります。

  • 参加条件:サイエンスショーに参加

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチの観潮船

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチが開催される淡路島の観潮船「うずしおクルーズ」は、淡路島の道の駅福良から出港する観潮船です。世界三大潮流の一つである鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験できます。

500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船となります。世界最大の大きさを誇る「うずしお」の間近まで迫ります。古来より名立たる人々を絶景と言わしめた脅威の自然現象を体感することができます。

観潮船は、定員500名の「咸臨丸」と定員700名の「日本丸」の2種類の大型船です。室内は広く冷暖房完備です。福良港から鳴門海峡まで往復します。約1時間のクルージングを楽しめます。

うずしおクルーズ 淡路島の観潮船
うずしおクルーズは、淡路島の観潮船です。世界三大潮流の鳴門海峡で発生する世界一の渦潮を体験できます。兵庫県南あわじ市の道の駅福良から出港します。所要時間が約1時間のクルージングとなります。 500人以上が乗船できる冷暖房完備の大型船と...

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチのアクセス

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチが開催される淡路島の観潮船「うずしおクルーズ」へのアクセスは、自動車と高速バスの2つの手段があります。

自動車の場合

自動車の場合、神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、最寄りとなる高速道路のインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館
  • 電話:0799-52-0054

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから下ります。約15分で道の駅福良うずしおクルーズに到着します。

道の駅福良は、本館「うずしおドームなないろ館」前の駐車場以外にも駐車場が多く全て無料です。道の駅福良の本館前で係員が案内してくれます。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジから下ります。約15分で道の駅福良うずしおクルーズに到着します。

道の駅福良は、本館「うずしおドームなないろ館」前の駐車場以外にも駐車場が多く全て無料です。道の駅福良の本館前で係員が案内してくれます。

高速バスの場合

高速バスの場合、JR三宮駅もしくはJR舞子駅の最寄りとなる高速バス乗り場から発車しています。福良バスターミナルで降車します。福良バスターミナルから道の駅福良うずしおクルーズまでは徒歩約3分で到着します。

淡路交通バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

神姫バス

  • 三ノ宮駅ー福良(所要時間90分、乗車料金2250円)
  • 高速舞子駅ー福良(所要時間75分、乗車料金1950円)

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチ周辺の観光スポット

サイエンスショーと双眼鏡ウォッチが開催される淡路島の観潮船「うずしおクルーズ」の周辺の観光スポットは、淡路人形座、道の駅うずしおとなります。

淡路人形座は、重要無形民俗文化財に指定される淡路人形浄瑠璃を上演する劇場です。淡路人形浄瑠璃は、淡路島で約500年の歴史を誇る伝統芸能です。人情の機微を謳い哀歓の人間模様が演じられます。

3人遣いの人形、義太夫、太棹三味線で演じられる人形芝居は、江戸時代に文化の華ともてはやされました。世界で最も人形劇を舞台芸術として発展させた古典芸能となります。

道の駅うずしおは、淡路島の南西端の渦潮岬にある道の駅です。世界三大潮流である鳴門海峡の絶景を眺められます。グルメでは、全国1位の淡路島バーガー「あわじ島オニオンビーフバーガー」が食べられます。

玉ねぎチェアや玉ねぎツリー、玉ねぎソフトや玉ねぎ自販機などがあります。土産では、玉葱ドレッシングや玉ねぎスープがあります。自転車やバイクで淡路島一周する通称「アワイチ」の休憩地点で人気です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
うずしおクルーズ
スポンサーリンク
あわじしま観光ナビ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました