第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」国立淡路青少年交流の家

スポンサーリンク

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」が開催されます。淡路島南あわじ市にある国立淡路青少年交流の家で、小学4年生から中学3年生までを対象に、手で魚を釣って捌いて調理して食べる体験となります。

淡路島の魅力を実感してもらい、淡路島に誇りを持ち、未来を創る青少年を育成することが目的です。高校生と大学生が、ボランティアスタッフとして生活面をサポートします。1泊2日の体験学習です。

初日は昼間に魚を釣ります。夜間に魚を観察します。2日目の魚を捌いて調理します。魚料理を発表します。魚を実際に食べます。最後に2日間を振り返ってまとめます。

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」の開催日時は、9月28日(土)から29日(日)までの一泊二日となります。開催場所は、淡路島南あわじ市にある国立淡路青少年交流の家となります。

スポンサーリンク

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」の基本情報

  • 開催日時:9月28日(土)~29日(日)
  • 開催場所:国立淡路青少年交流の家
  • 住所:〒656-0543 兵庫県南あわじ市阿万塩屋町757-39
  • 電話:0799-55-2695
  • 参加対象:小学4年生~6年生、中学1年生~3年生
  • 定員人数:20名(先着順:第2回11月16日・17日に参加できる方を優先)
  • 参加料金:小学生3600円、中学生3630円
  • 参加方法:メール、FAX
  • 申込締切:9月13日(金)17:00必着で先着順
  • 駐車場:無料(普通車36台、大型バス6台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原ICから車で約30分

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」の内容

9月28日(土)から29日(日)までの一泊二日、淡路島南あわじ市にある国立淡路青少年交流の家で、小学4年生から中学3年生までを対象に、第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」が開催されます。

初日は昼間に魚を釣ります。夜間に魚を観察します。2日目の魚を捌いて調理します。魚料理を発表します。魚を実際に食べます。最後に2日間を振り返ってまとめます。

スローガンは「釣って、さばいて、食べて、海の魅力を味わおう」です。

今回は、海の恵み編の第1回として「水産資源」をテーマに実施されます。近年、魚離れが危惧されています。身近に生息する魚を釣り上げ、捌いて、調理することで魚を味わうことのありがたみを感じます。

淡路島の魅力を実感してもらい、淡路島に誇りを持ち、未来を創る青少年を育成することが目的です。高校生と大学生が、ボランティアスタッフとして生活面をサポートします。1泊2日の体験学習です。

ボランティアスタッフで参加する高校生や大学生には、グループのリーダーとして活動してもらいます。異年齢の交流の機会として地域への愛着を感じてもらう機会とします。

主催は、独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立淡路青少年交流の家です。後援は、兵庫県淡路県民局、淡路教育事務所、淡路市教育委員会、洲本市教育委員会、南あわじ市教育委員会となります。

協力は、山形屋水産株式会社(淡路じゃのひれアウトドアリゾート)、絶景レストランうずの丘となります。じゃのひれ筏釣りセンターなどを利用することになります。

申込方法

申込方法は、申込書に必要事項を記入してメールまたはFAXで送信します。先着順で定員になり次第終了となります。申込書などについては、国立淡路青少年交流の家にお問合せください。

参加対象は、小学4年生~6年生、中学1年生~3年生です。定員人数は20名です。

なお、第2回が11月16日(土)から17日(日)までの2日間に実施予定です。第1回と第2回はシリーズとして実施されるので2回とも参加できる方が優先されます。

  • 電話:0799-55-2695
  • メール:awaji-senmon@niye.go.jp
  • ファックス:0799-55-0463

スケジュール

9月28日(土)

  • 9:30 集合・受付
  • 10:00 開会:一緒に過ごす仲間を知ろう・2日間の流れを知ろう
  • 12:00 昼食・移動
  • 13:30 魚を釣ろう:身近な海にはどんな魚が釣れる
  • 17:00 移動・夕食
  • 18:30 魚を知ろう:釣った魚を観察しよう
  • 21:30 入浴・就寝準備
  • 22:30 就寝

9月22日(日)

  • 6:30 起床・朝のつどい
  • 7:20 朝食
  • 7:50 部屋の清掃・移動
  • 9:00 魚を捌いて調理しよう:みんなで協力して魚を調理しよう
  • 12:00 魚をたべよう:魚料理を発表して魚を食べてみよう
  • 13:30 まとめ:2日間を振り返ろう
  • 15:30 閉会
  • 16:00 解散

参加料金

  • 小学生3600円(朝食420円、昼食540円×2、夕食670円、シーツ300円、保険料196円、雑費934円)
  • 中学生3630円(朝食430円、昼食540円×2、夕食690円、シーツ300円、保険料196円、雑費934円)

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」の会場

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」が開催される国立淡路青少年交流の家は、兵庫県南あわじ市にある総合施設です。スポーツ活動、文化活動、研修体験、食事、宿泊などができます。

スポーツ活動では、グラウンドと体育館があります。サッカー、ソフトボール、テニス、グラウンドゴルフ、バレー、バスケットボール、卓球、ペタング、綱引きなどができます。

文化活動では、ウミホタル観察、天体観察、まが玉づくり、焼き板工作、藍染、香りづくり、貼り絵タイル、砂の造形、キャンプァイアー、キャンドルのつどいなどができます。

宿泊は、5名用・8名用・9名用の和室と、4名用、5名用の洋室など豊富です。シンプルなつくりです。食事はバイキングスタイルで200人が利用できます。

大浴場は、シャワーが31基あり60人が利用可能な浴室です。中浴場は、シャワーが15基あり、30人が利用可能な浴室です。洗濯場は、洗濯機7台、乾燥機3台が無料で利用できます。

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」のアクセス

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」が開催される国立淡路青少年交流の家のアクセスは、自動車のみとなります。

神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道の西淡三原インターチェンジから車で約25分で到着します。

なお、神戸淡路鳴門自動車道の淡路島南インターチェンジから下りたほうが少し距離が近くなります。ただし、山岳道を通ることから起伏の激しい路面となりますのでおすすめできません。

西淡三原インターチェンジを下りて信号を左折します。県道31号線を進みます。イオン南淡路店を通過します。マクドナルド南あわじ店の信号を真っ直ぐ進むと県道76号線となります。

県道76号線を進みます。県道25号線に曲がる道路標識が見えます。国立淡路青少年交流の家の看板もあります。右折します。県道25号線を進みます。

塩屋川を渡ってしばらく進むと、阿万スポーツセンターグラウンドがあります。グラウンドを過ぎると国立淡路青少年交流の家の看板があります。看板に従って左折します。細い道を進みます。

国立淡路青少年交流の家に到着します。施設に入ってすぐの池の手前に駐車場があります。駐車場は無料で大型バス6台、普通車36台が駐車可能となっています。留め置きも可能です。

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」の周辺の観光スポット

第1回AWAJI未来探検隊「海の恵み」が開催される国立淡路青少年交流の家の周辺の観光スポットは、吹上浜、阿万海岸海水浴場、じゃのひれアウトドアリゾートとなります。

吹上浜は、淡路島南あわじ市で鳴門海峡に面した海岸です。瀬戸内海国立公園に指定されています。日本の白砂青松100選に選ばれています。遊泳の禁止区域です。釣り場とキャンプ場で人気があります。

NHK連続テレビ小説「まんぷく」で、オープニングに福子(安藤サクラさん)が海や山で動き回るタイトルバックに登場した美しい海辺です。福子の「大の字ポーズ」が話題となりました。

阿万海岸海水浴場は、南国ムード漂うオシャレなビーチです。淡路島南あわじ市の南端で太平洋に面します。透きとおるようなマリンブルーの海、広々としたなめらかな白い砂浜で開放感が抜群です。

大きなヤシの木の並木、整備された遊歩道、カラフルな魚の壁画アートなどで南国ムードが抜群です。若者やカップルなどに人気となっています。インスタ映えスポットとしても評判となっています。

じゃのひれアウトドアリゾートは、オートキャンプ場&コテージ、フィッシングパーク、ドルフィンファーム、日帰りバーベキュー&レストランで構成される淡路島の総合レジャーの総合施設です。

アクティビティとしては、イルカとふれあう体験や一緒に泳ぐ体験が人気です。シーカヤックで普段着のまま海を進んだり、SUPで専用のサーフボードを漕いで進んだり、ヨガをしたりの体験ができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
南あわじ市のイベント
スポンサーリンク
あわじしま観光ナビ
error: Content is protected !!