赤ちゃんヒツジの一般公開 イングランドの丘

テーマパーク

赤ちゃんヒツジの一般公開が始まりました。淡路島にある農業公園「淡路ファームパーク イングランドの丘」で、誕生から約1カ月が経過した雌のヒツジ「しずく」がお披露目されることになりました。

赤ちゃんヒツジ「しずく」は、2021年2月9日の夜に母親「みお」(3歳)から生まれました。誕生時は4.2キロでしたが、3日3日で9.3キロと倍以上になりました。成長して愛らしい姿です。

赤ちゃんヒツジの一般公開は、2021年3月5日(金)からとなります。場所は、淡路ファームパーク イングランドの丘のイングランドエリアにある「ひつじのくに」です。

赤ちゃんヒツジ一般公開 イングランドの丘

赤ちゃんヒツジの一般公開

2021年3月5日(金)から、兵庫県南あわじ市にある農業公園「淡路ファームパーク イングランドの丘」で、赤ちゃんヒツジ「しずく」の一般公開が始まりました。展示場にデビューしました。

赤ちゃんヒツジ「しずく」は、お母さんヒツジ「みお」と一緒に「ひつじのくに」で公開しています。3歳の「みお」にとっては初めての出産となりました。戸惑いながらも優しさに溢れて接しています。

赤ちゃんヒツジ「しずく」は性別が女の子です。2月21日から2月27日まで、公式twitterアカウントで「赤ちゃんヒツジ」の名前を募集していました。

「あめ」、「オレオ」、「しずく」、「なのは」の4つの候補からファン投票による選挙が行われました。投票結果は、投票数3375票から36パーセントの得票率で「しずく」が選ばれました。

なかなか個性的な模様をしています。お母さんにいたずらしたり、乳にがっついたり、踏み台で遊んだりと元気いっぱいです。順調にすくすくと成長しています。

なお、現在ひつじとのふれあい、えさやり体験は中止しています。また、体調や天候により急遽展示を中止する場合があります。

展示場は、淡路ファームパーク イングランドの丘のイングランドエリアにある「ひつじのくに」です。入場ゲートから左折して無料シャトルバスでエリアを移動します。

赤ちゃんヒツジの一般公開のほかにも、コアラやウサギなどの動物と出会ったり、花を鑑賞したり、のりもので遊んだり、イチゴやトマトの収穫体験や手作り体験をしたり、グルメを楽しめます。

なお、4月中旬から5月上旬まで、イングランドエリアの大花畑で10万本のネモフィラが見頃となります。一面が青一色に染まります。遊歩道や見晴台がありフォトスポットとして人気です。

3月20日(土祝)から5月30日(日)までリアル謎解きゲーム「はじまりの島」が開催しています。ゲームの世界観をリアルに冒険します。「序章」と「第二章」が登場します。

グリーンヒルエリアでは、史上最高齢コアラでギネス世界記録に認定されたコアラ「みどり」が見学できます。3月14日に認定証が交付されました。24歳のメスで人間の110歳以上に相当します。

詳細・基本情報

  • 開催期間:2020年11月28日(土)~12月13日(日)
  • 開催場所:淡路ファームパーク イングランドの丘 コアラ館
  • 住所:〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
  • 電話:0799-43-2626
  • 公式サイト:https://www.england-hill.com/
  • 開園時間:平日9:30~17:00、土日祝9:30~17:30(4月~9月)
  • 入園料金:大人1000円、子供(中学生以下)200円、3歳以下無料
  • 駐車場:約1000台(普通車)
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICから車で約15分、西淡三原ICから車で約15分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました