アンブレラボールを展示 明石海峡公園

自然・公園

アンブレラボール(あんぶれらぼーる)が展示されています。国営明石海峡公園の移ろいの庭と黄昏の庭で、7色のカラフルなビニル傘300本を巨大な飴玉のように組み合わせたモニュメントとなります。

緑の芝生広場に、色とりどりの傘の球体50個が転がっています。アンブレラボール1個に傘6本が使用されています。半透明の傘に太陽光が反射してビー玉のように美しく輝きます。インスタ映えスポットです。

アンブレラボール(あんぶれらぼーる)の開催期間は2020年10月18日(日)から11月3日(火祝)までとなります。夏に開催された「レインボーアンブレラ」に続くビニル傘を使用した展示となります。

アンブレラボール 明石海峡公園

アンブレラボール(あんぶれらぼーる)

2020年10月18日(日)から11月3日(火祝)まで、兵庫県淡路市にある淡路島国営明石海峡公園で「アンブレラボール(あんぶれらぼーる)」が展示されます。芝生広場でインスタ映えのフォトスポットが登場します。

移ろいの庭・黄昏の庭に、カラフルなビニール傘で作った「あんぶれらぼーる」約50個を展示しています。※あんぶれらぼーるには触らないでね。

淡路島国営明石海峡公園

アンブレラボール(あんぶれらぼーる)は、赤・黄・青・緑・紫・白・ピンクと7色のビニル傘を6本を組み合わせたボール状のモニュメントです。秋の日差しを浴びて光輝く姿はビー玉や飴玉のように見えます。

淡路口ゲートから真っすぐ進んだ先にある移ろいの庭・黄昏の庭は、時間の経過とともに朝日や夕日に染まる海を眺められる芝生広場が広がる庭です。花をデザインした花壇があります。季節の移ろいが感じられます。

広大な芝生広場のあちこちにビニル傘約300本を使用した合計50個のカラフルな丸い球体「アンブレラボール(あんぶれらぼーる)」が転がっています。緑の芝生にカラフルに輝く巨大ボールが映えます。

カップルのインスタ映えスポット、家族の記念写真の撮影スポットとしておすすめです。

芝生広場 アンブレラ

また、ビジター棟では、壁にカラフルな傘の壁画「アンブレラアート(あんぶれらアート)」を展示しています。赤、青、黄、緑など約20色にグラデーションされた傘を壁に重ねて飾られています。

なお、アンブレラボール(あんぶれらぼーる)は、2020年7月22日(水)から8月31日(月)まで展示された「レインボーアンブレラ(れいんぼーあんぶれら)」の第2弾となります。

屋外にカラフルなビニル傘200本を並べて吊るした展示でした。ポルトガルでポルトガルの「傘祭り」で有名な都市「アゲダ」が発祥の「アンブレラ・スカイ プロジェクト」を参考にしました。

七色のビニル傘に太陽光が透過して、地面や壁に色とりどりの模様が浮かび上がります。幻想的な色彩をコンクリートの広場に映します。アートな空間でインスタ映えスポットとなりました。

新型コロナの影響で屋外で楽しめるイベントを増やそうと夏の企画「レインボーアンブレラ(れいんぼーあんぶれら)」に続く、秋の企画「アンブレラボール(あんぶれらぼーる)」となります。

アンブレラアート

その他の花の見頃情報

コスモス

大地の虹の北エリアでは、コスモスが見頃です。約2万3000株の暖色のキャンパスシリーズから、コスモスによる秋の彩りが始まります。11月上旬まで見頃となります。

大地の虹の南エリアやポプラの丘のエリアでも今後、順次開花していきます。ぼかし模様やリング状、カップ状や筒状など多種多様なお花を咲かせるコスモスを楽しむことができます。

ダリア

陽だまりの丘では、ダリアが見頃です。46品種約10000株のダリアが、赤色、黄色、白色、ピンク色などカラフルで色とりどりに、華麗で色鮮やかに咲いています。

種子系ダリア6品種、手のひらより大きな大輪咲き、花びらが細長いカクタス咲き、丸くてかわいいボール咲きなど色や形の異なる多種多様なダリアを楽しむことができます。

フヨウとスイフヨウ

花の丘道周辺で、ハイビスカスの仲間でピンクと白の大きなお花が咲くフヨウ(芙蓉)が見頃です。10センチから15センチの大輪の花を咲かせます。朝方に咲いて夕方にしぼむ一日花です。たくさんの花を咲かせます。

ポプラの丘周辺で、咲き始めは白色で時間の経過でピンク色に色変わりするフヨウ(芙蓉)の変種のスイフヨウ(酔芙蓉)が見頃です。白色から紅色へとほろ酔い顔になります。一日のうちに花色が変化するところが見どころです。お酒を飲んで顔色が変わるような様子を例えて、名前がつけられたといわれています。

サルビアとケイトウ

花の丘道では、紫色でフワフワしたお花のサルビア・レウカンサが咲いています。青紫色をしたたくさんのお花が咲くサルビア・インディゴスパイヤが見頃です。ピンク色や黄色、紫色など鮮やかな花穂が綺麗なケイトウ(鶏頭)が見頃です。

パンパスグラスとハギとタカノハススキ

移ろいの庭周辺では、細い葉と高く伸びた大きな白い穂が特徴のパンパスグラス(シロガネヨシ)が見頃です。枝垂れるように咲く赤紫色のお花が咲くハギ(萩)が見頃です。長く伸びた穂、葉には白色の縦じまや横じま模様が入るタカノハススキ(鷹の羽薄)が見頃です。オレンジ色から赤色へ色変わりしたランタナが見頃です。

花火鳥とタコトピアリーの花飾り

大地の虹の南エリアにある花火鳥は、赤と黄色に鮮やかに紅葉したカラーリーフのアキランサスで装飾されています。花火鳥周辺には、ピンク色紫色の星型をした可愛い花のペンタスが咲いています。

東浦ゲートすぐにあるタコトピアリーは、赤い胴体にピンクの鉢巻で花飾りで装飾しています。タコトピアリー周辺には、オレンジ色と黄色で大きなお花のアフリカンマリーゴールドが咲いています。

ハロウィンのフォトスポット

ビジター棟を中心に園内の各所に「ハロウィンを楽しもう」としてフォトスポットが登場しています。

庭園では、ハロウィンをイメージした寄せ植え、花壇と花車など、秋の花とともにハロウィンが楽しめます。ビジター棟では全体がハロウィンの館となります。仮装用のマントの無料貸出のサービスもあります。

詳細・基本情報

  • 開催期間:2020年10月18日(日)~11月3日(火祝)
  • 開催場所:淡路島国営明石海峡公園
  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000
  • 公式サイト:https://awaji-kaikyopark.jp/
  • 開園時間:9:30~18:00
  • 入園料金:大人450円、シルバー210円、小中学生無料
  • 最寄り駐車場:淡路夢舞台 地下駐車場(500台)
  • 駐車料金:普通500円、二輪100円(レストランとショップの利用で無料券配布)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICから車で約5分、東浦ICから車で約10分
この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました