動物「淡路島牧場」

自然・体験

淡路島牧場の動物は、乳牛の子牛と親牛、ポニーなどが飼育されています。乳牛のふれあい体験として、親牛の乳しぼり体験と子牛の乳飲まし体験のほか、ポニーの乗馬体験があります。

親牛の乳しぼり体験は、大きな親牛の大きなオッパイに触れながら一人ずつ乳をしぼる体験となります。乳をしぼるとビックリするほどたくさんのミルクが出てきます。ドキドキの体験といえます。

開催時間は、10時30分から12時まで、13時30分から15時30分までで、所要時間は約30分ほどです。体験料金は大人(中学生以上)700円、子供(小学生以下)600円です。

子牛の飲まし体験は、可愛い子牛に哺乳瓶を使用して直接ミルクを飲ませる体験となります。哺乳瓶に一生懸命しゃぶりつく可愛い子牛に癒されます。ヒーリング効果のある体験といえます。

開催時間は、9時30分から12時まで、13時00分から15時30分まで、所要時間は約5分ほどです。体験料金は子牛用の哺乳瓶1本分の500円です。子牛用のビッグサイズの哺乳瓶です。

ポニーの乗馬体験は、ポニーに乗りメリーゴーランドのようにクルクル回転します。開催時間は、9時30分から12時まで、13時00分から15時30分までです。体験料金は1回600円です。

動物の料金

  • 乳しぼり体験:大人700円、子供600円
  • 子牛の飲まし体験:1本500円
  • ポニーのメリーゴーランド:1回600円

淡路島の動物は「淡路島動物ふれあい観光スポット7選」の記事をご参照ください。

なお、淡路島牧場は、淡路島南西部にある淡路島牛乳のPR拠点となる観光施設です。乳牛とふれあえる観光施設です。島内初の乳用牛が導入された発祥地として飼育する乳牛を見学したり触れ合えます。

母牛の乳しぼり体験、子牛の乳飲まし体験、バター作り体験など豊富な体験メニューで楽しめます。巨大牛乳パックのモニュメントがフォトスポットで人気です。淡路島牛乳のソフトクリームが名物です。

淡路牛のバーべキューが食べられます。お土産は淡路島牛乳のチーズなど関連商品がおすすめです。

また、淡路島牧場の基本情報は以下のとおりです。

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました