日帰り温泉「休暇村南淡路」

宿泊・温泉

休暇村南淡路は、日帰り温泉でおすすめスポットです。温泉は、南淡温泉が源泉です。見晴らし良い丘にある大浴場と露天風呂で鳴門海峡の絶景を眺めながらゆっくりと寛げます。

湯船は、潮騒の湯の絶景露天風呂と展望大浴場の内湯と檜造りのジャグジー風呂があります。玄関エントランスのラウンジ奥には足湯があります。

源泉「南淡温泉」は、保温効果が高い泉質です。療養効果があることで知られています。塩分が皮膚に付着して汗の蒸発を防ぎます。入浴後も温かい状態を維持します。

絶景露天風呂は、眼下に鳴門海峡が眺められます。湯面がオーバーフローする平面構築(インフィニティー構造)です。湯に浸ると周りの景観に取り込まれます。自然との一体感を体感できます。

淡路島の鳴門岬から徳島の大毛島へと延びる大鳴門橋が眺められます。日本の道100選にも選ばれた優美な姿を望めます。淡路島の近海に浮かぶ小島「大園島」が景観にアクセントを加えます。

黄昏時には海峡が金色に染まります。潮騒とともに贅沢なご時間を過ごせます。

ジャグジー風呂は、露天風呂の一段上にあります。10角形をしています。ジェットバスの気泡は、療養泉としての効能もあります。リラックス・リフレッシュ効果を高めます。身体の芯から温めます。

展望大浴場は、大きなガラス窓から鳴門海峡を見晴らす眺望が楽しめます。鳴門海峡に逆巻くうず潮の白波をはじめ、潮流が創り出す海色の濃淡や行き交う船影を目にすることもあります。

休暇村南淡路の日帰り温泉の利用料金と利用時間は以下のとおりとなります。

  • 利用料金:大人900円、4歳以上550円
  • 利用時間:12:00~15:00

脱衣所には、設備・アメニティとしてパウダールーム、三面鏡(女性脱衣室)、冷水機、脱衣ロッカー(鍵付)、体重計、ベビーベッド、ドライヤー、化粧水(女性脱衣室)、ヘアトニック(男性脱衣室)があります。

浴室には、設備・アメニティとしてシャンプー、リンス、ボディーソープ、固形石鹸、お子様用椅子、バリアフリー椅子(2脚)があります。他に、コインマッサージ機、コインランドリー、貴重品ロッカーがあります。

休暇村南淡路の日帰りプランとして、ランチと温泉のセットの日帰り温泉プランがあります。気軽に利用できるお得な日帰りプランとなります。事前に電話予約が必要です。

日帰り温泉プランは、牛ぎゅう懐石、日帰り宴会料理、のどぐろ料理、淡路島はも三昧コースがあります。

  • 牛ぎゅう懐石:9,350円
  • のどぐろ料理:9,350円
  • 日帰り宴会料理:4,400円、5,500円、6,600円(8名以上)
  • 淡路島はも三昧コース:9,680円(5月20日~9月30日)

牛ぎゅう懐石は、すき焼き・しゃぶしゃぶ・ステーキと人気の3種類の料理が一度に食べられる夢の懐石コースとなります。お肉は淡路島のブランド牛「淡路ビーフ」も登場します。

肉の質と部位にこだわった贅を尽くした「淡路ビーフ」と「兵庫県産黒毛和牛」の饗宴です。

のどぐろ料理は、のどぐろ尽くしの懐石です。白身のトロと呼ばれる上品で甘い身と上質な脂が特徴です。塩焼き、素麺、しゃぶしゃぶ、箱寿司、赤出汁など美味濃醇な絶品を余すことなく楽しめます。

日帰り宴会料理は、8名様以上で利用できる会食です。季節の前菜、お造り盛り合わせ、天ぷら盛り合わせ、茶碗蒸、魚料理、肉料理、鍋料理などとなります。3種類から選べます。

淡路島はも三昧コースは、夏の風物詩「鱧」のコースです。淡路島が本場で伝統の延縄漁法で一尾一尾に漁獲されます。姿も美しく肉厚で柔らかで食感で別品と称されます。べっぴん鱧と呼ばれます。

名物「鱧すき鍋」は、鱧の骨の出汁で甘味たっぷりの新玉葱と煮込みます。玉葱の甘みと鱧の旨みが凝縮されます。湯引き、吉野煮、ステーキ、茶碗蒸し、寿司、吸物、天麩羅など多彩です。

淡路島の日帰り温泉は「淡路島日帰り温泉おすすめ9選」の記事をご参照ください。

なお、休暇村南淡路は、瀬戸内海国立公園の高台にあるリゾートホテルです。大鳴門橋が架かる鳴門海峡、漁船が航行する福良湾の2つのオーシャンビューの絶景が眺められる宿泊施設となります。

部屋数は81室です。客室は、福良湾側と鳴門海峡側に和室48室と洋室33室(バス・トイレ付12室)があります。レストランは、数十種類の料理が並ぶビュッフェスタイルとなります。

温泉大浴場、露天風呂、喫茶ラウンジ、売店、カラオケルーム、足湯があります。天文台「展望台ポラリス」でスターウォッチングを開催します。直径400ミリの大型望遠鏡で天体観測が楽しめます。

シーサイドオートキャンプ場は、オートサイトと手ぶらサイトがあります。2016年10月にリニューアルしました。海岸沿いで目の前に福良湾が広がるロケーションが人気です。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました