スポンサーリンク

コスモスが見頃 あわじ花さじき

淡路島のあわじ花さじきでコスモスが見頃を迎えます。約50万本のコスモスが植えられており、10月末には満開となります。広大な花畑を、ピンク色や白色、赤紫色などコスモスカラーで彩ります。あわじ花さじきのコスモス畑からは、広大な青い空と彼方まで広がる碧い海、緑に山々に囲まれた淡路島、風に揺られながら咲き誇る秋を象徴するコスモスの絶景を眺めることができます。

あわじ花さじきでは、コスモスの見頃時期に合わせて11月4日(日)まで「コスモスまつり」が開催されます。10月下旬にかけては、歓びの庭と癒しの花園に植えられる早咲きコスモスが見頃となります。10月下旬からは、ふれあいの花園と癒しの花園に植えられているコスモスが見頃となります。

また、秋の深まりと共に、赤いサルビアはより深い紅に、ブルーサルビアはより深い青に色づきます。赤と青のコントラストを楽しむことができます。秋風がそよぐ大花畑で、淡路島の大自然を感じながら、空や海、花や緑の雄大な景色を眺めていると日常を忘れて心が和みます。

コスモスが見頃の基本情報

あわじ花さじき 淡路島で関西屈指の花の名所 空と海の大パノラマ
あわじ花さじきは、淡路島北中部の丘陵地域にある関西屈指の花の名所です。広大な敷地に季節の花々が咲き誇ります。海に広がる一面の花畑は圧巻です。あわじ花さじきで、空と海と花の大パノラマが体験できます。あわじ花さじきは、淡路島が「花の島」と呼ばれ...
  • 開催場所:兵庫県立あわじ花さじき
  • 開催期間:11月4日(日)までコスモスまつり
  • 開催住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 電話番号:0799-74-6426
  • 開園時間:9:00~17:00
  • 入場料金:無料
  • 駐車場:無料(普通車170台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約10分

コスモスが見頃の内容

あわじ花さじきでは、コスモスが見頃となっています。約50万本のコスモスが植えられており、10月末には満開となります。10月下旬にかけては、歓びの庭と癒しの花園に植えられる早咲きコスモスが見頃となります。10月下旬からは、ふれあいの花園と癒しの花園に植えられているコスモスが見頃となります。

あわじ花さじきでは、9品種のコスモスが植えられています。広大な花畑を、ピンク色や白色、赤紫色などお馴染みのコスモスカラーで彩ります。色や形の異なったコスモスを楽しむことができます。

コスモスの品種

センセーション

センセーションは、コスモスで最もポピュラーな早咲きタイプの種類です。約1メートルを超える草丈で、花径は約8センチの大輪です。ピンク色、白色、紅色などカラフルで明るい色彩の混合品種です。

イエローキャンパス

イエローキャンパスは、透明感ある鮮やかな黄花をしたコスモスです。花径は6センチから7センチの中輪です。レモン色に中央が白のグラデーションで、パステルカラーの色彩が綺麗です。

ダブルクリック

ダブルクリックは、八重咲きと半八重咲きが交じる豪華でボリューム感がある人気のコスモスです。花径は約6センチの中輪です。赤色、桃色、白色の混合品種で、ギザギザのフリルのドレスのような可愛い花を咲かせます。

ソナタ

ソナタは、背丈が50センチ前後と低く倒れにくいコスモスです。花径は約7センチの大輪です。赤色、桃色、白の混合品種です。

ピコティ

ピコティは、白色もしくはピンク色の花びらに赤い縁取りが入った花や単色の花まで多彩なカラーのコスモスです。花径は約7センチの大輪です。

あかつき

あかつきは、赤地に白の絞りが入り、花びらを赤く縁取りしたように咲くユニークな色彩のコスモスです。
草丈はやや低く、鮮やかな色彩で切り花にも花壇にも人気があります。

サイケ

サイケは、コラレット咲きで多色混合の変わり咲きのコスモスです。襟飾りのようにヒラヒラしてギザギザした花びらが魅力的です。

その他の花の見頃情報

サルビア

サルビアが10月下旬まで見頃となります。赤いサルビアはより深い紅に、ブルーサルビアはより深い青に染まります。赤と青のコントラストを楽しむことができます。Salvia(サルビア)は、Salvare(治療)とSalveo(健康)が語源となる花です。

赤いサルビア

赤いサルビアは、サルビア・スプレンデンスという品種になります。サルビア・スプレンデンスは、最もポピュラーで親しまれているサルビアで、燃えるような鮮やかな濃赤色の花が群れて咲きます。

草丈は約50センチほどで、花径は約1センチ、花穂は15センチから30センチにもなります。長い花穂から唇形の花をたくさん咲かせます。美しい真っ赤なの花色が情熱的です。

赤いサルビアは、約5万6000本が植えられています。赤いサルビアであるサルビア・スプレンデンスの花言葉には「燃える思い」という意味があります。

ブルーサルビア

ブルーサルビアは、夏から秋を彩り、青色の花穂が爽快な気持ちにさせる花です。ブルーサルビアは、サルビア・ファリナセアと呼ばれるアメリカとメキシコに自生するサルビアです。

草丈は約50センチほどで、花径は約1センチ、花穂は15センチから30センチにもなります。長い花穂から唇形の花をたくさん咲かせます。美しいブルーの花色が涼しいです。

あわじ花さじきでは、2万2000本のブルーサルビアが植えられています。ブルーサルビアの花言葉には「永遠にあなたのもの」と「尊重」という意味があります。

コスモスが見頃のアクセス

コスモスが見頃となっているあわじ花さじきへのアクセスは、自動車のみとなります。神戸方面からお越しの場合も、徳島方面からお越しの場合も、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道で淡路インターチェンジから下ります。

淡路インターチェンジから下りて真っ直ぐ県道157号線の坂を登ります。そのまま道なりに1本道を約15分進むとあわじ花さじきに到着します。駐車場は無料で130台の駐車が可能です。

混雑時には、あわじ花さじきから手前数百メートルの空き地に臨時駐車場が設けられます。

  • 住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4
  • 電話:0799-74-6426
  • 駐車場:無料(130台)

あわじ花さじきの概要

あわじ花さじきは、淡路島を「花の島」にするために兵庫県が設置した関西屈指の公園です。1998年4月に淡路島北中部の丘陵地域にオープンしました。2015年には「淡路花博2015」が開催されました。

標高235メートルから298メートルにかけて広がる高原一面に、面積にして約16ヘクタール(甲子園球場の約4倍)の広大な敷地に花畑があります。年間で約250万株もの花が植えられています。

春には菜の花、夏にはヒマワリやバーベナ、秋にはサルビアやコスモス、冬にはパンジーやストックと四季折々の花が咲き誇ります。大阪湾を背景にした見渡す限りに広がる花の大パノラマは、名前の由来通り「花のジュウタン」を楽しめる極上の見物席といえるでしょう。まさに淡路島を代表する絶景を眺められる公園です。

あわじ花さじき 淡路島で関西屈指の花の名所 空と海の大パノラマ
あわじ花さじきは、淡路島北中部の丘陵地域にある関西屈指の花の名所です。広大な敷地に季節の花々が咲き誇ります。海に広がる一面の花畑は圧巻です。あわじ花さじきで、空と海と花の大パノラマが体験できます。あわじ花さじきは、淡路島が「花の島」と呼ばれ...
あわじ花さじき
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!