淡路島洲本市 ディナーバイキング ごちそう館御食国 淡路牛ハンバーグ食べ放題

淡路島洲本市にある大型レストラン「ごちそう館 御食国(みけつくに)」で、2月19日(月)より「期間限定ディナーバイキング」が開催されています。バイキングの受付時間は夕方5時30分から夜8時(ラストオーダー)までとなり、90分間の食べ放題です。メインは、兵庫県の統一ブランド「五つ星ひょうご」に選定された、ブランド牛の淡路牛を100%使用した、淡路ごちそう館御食国の自慢の一品である淡路牛ハンバーグとなります。素材を活かしてステーキみたいな味わいに仕上がったハンバーグに塩とわさびを付けて食べれば至福の喜びを味わうことでしょう。この他、牛すじと玉ねぎのすき焼き風、塩豚とジャガイモのソテー、ブリ大根など和風や洋風の温製料理、お造り、鯵南蛮、豚バラ肉煮などの冷製料理をはじめ、30種類ほどの多彩な料理と取り放題のサラダバーがあり、好きなものを好きなだけお楽しみいただけます。ドリンクバーやデザートもご用意しておりますので老若男女問わず楽しんでいただけます。開催期間は3月11日(日)となります。

昨年12月に兵庫県と兵庫県物産協会が、兵庫県の旧五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の魅力を伝える統一ブランド「五つ星ひょうご」の87商品を発表しました。選定商品は、兵庫県の豊かな自然や歴史・文化を生かした商品で、地域らしさと創意工夫を表す逸品と認められたことになります。ごちそう館 御食国の「みけつくにの淡路牛ハンバーグ(価格2860円税込み)」が選ばれました。今回の淡路牛ハンバーグが食べ放題のバイキングディナーは、「五つ星ひょうご」選定記念として「みけつくにの淡路牛ハンバーグ」のPRと、来年3月23日(金)に神戸サンボーホールで開催されるマスコミ・バイヤー向け内覧会へのPRとなります。バイキング料金は、税込み価格で大人(中学生以上)1880円、シニア(70歳以上)1530円、小学生1180円、幼児3歳以上850円となっています。

ごちそう館 御食国の詳細情報

  • 開催場所:〒656-0021 兵庫県洲本市塩屋1-1-8
  • 電話番号:0799-26-1133
  • 営業時間:10:00~20:00(店舗全体)
    レストラン
    ランチタイム:11:30~14:30
    ディナータイム:17:00~20:00
    特産品店:10:00~20:00
  • 休業日:毎週水曜日
  • 駐車場:洲本バスセンター前駐車場(約450台)をご利用ください。
  • 駐車料金:最初1時間無料。以降1時間100円加算
    ※1時間超の場合、レストランと特産品店で合計4000円以上で1時間分の駐車サービス券をご提供しております。駐車券を忘れずにお持ちください。
  • HP:淡路ごちそう館 御食国

期間限定ディナーバイキングの詳細情報

  • 開催期間:2月19日(月)~3月11日(日)
  • 開催日時:17:30~20:00(ラストオーダー)
  • 料金価格:大人1880円、シニア(70歳以上)1530円、小学生1180円、幼児(3歳以上)850円

バイキングメニューの一覧

  • 温製料理:ブリ大根、塩豚とじゃがいものソテー、牛すじと玉ねぎのすき焼き風、鶏肉とキャベツの粒マスタード蒸し、魚とパプリカの甘酢、てっちゃん入り焼きうどん、淡路牛ハンバーグ、ハムカツ、ピザ、竹の子天ぷら、ソーセージ、焼き鳥、ドライカレー、海鮮シューマイ、茶碗蒸し
  • 冷製料理:本日のお造り、鯵南蛮、鰹キムチユッケ、秋刀魚レモン〆、生ハム・トマト・モッツァレラサラダ、竹の子土佐煮、菜の花とホタルイカ、豚バラ肉煮、ビアソーセージ、煮玉子
  • その他:ラーメン、ポタージュスープ、ご飯、パン、サラダバー、ドリンクバー
  • デザート:ほうじ茶プリン、カットケーキ(2種類)、シュークリーム、アイスクリーム(4種類)

ごちそう館 御食国(みけつくに)とは

淡路島の洲本市の新都心ゾーンの中核にある「淡路ごちそう館 御食国 」は、洲本市中心部にある特産品が揃う直販店も併設された大型レストランです。その名前は、万葉の昔より「御食向かふ(みけむかう)」を枕詩に詠まれています。淡路島の歴史と食物は関わり深く、食の宝庫である淡路島は古来より「御食国(みけつくに)」とよばれ皇室や朝廷に食物を献上したといわれています。その「御食国(みけつくに)」の名に相応しいレストランを目指しているのが「ごちそう館 御食国(みけつくに)」です。その建物は、大正5年に建設された旧鐘紡洲本工場の赤レンガ造りの建築物を再利用しており、鐘紡(カネボウ)紡績工場の外壁を当時のまま残してリノベーションしています。建物内は約14.5メートルの吹き抜けが開放感を演出して、赤レンガの壁が大正ロマンを漂わせます。1階は、入口に特産品が揃う直販店があり、数百種類の淡路島の美味しいお土産が並んでいます。自慢のオニオンスープや玉ねぎドレッシングをはじめ、定番の商品や御食国のオリジナル商品も多数用意されています。また、TVやメディアなどで紹介された芸能人にも人気の「あわじ大江のり」や「淡路島たまねぎのオニオンスープ」もあります。

1階のメインフロアには、100名近くを収容できる席数を確保しています。淡路島の大自然で育まれた海の幸、山の幸を存分に活かした、素材の旨味をそのまま活かした豊富なメニューを取り揃えています。淡路島の牛肉、玉ねぎ、お米を筆頭に淡路島の名産を様々な手法で調理しており、年配の方から小さいお子さんまで対応した多彩なグルメ・料理が心を和ませます。人気の淡路島牛丼をはじめ、淡路牛ステーキ、淡路島の海鮮丼から、レストランの定番メニューまで多数用意されています。なお2階は、団体客用に座敷(12名)、掘りごたつ(48名)、パーティールーム(24名)が用意されています。また、こだわりの特産品を揃えた直販店は店舗展開(アンテナシヨツプ)として、淡路島「3しか」食文化の特産品づくりをスローガンに掲げています。「3しか」とは「ここ(ごちそう館 御食国)しか」「これ(逸品)しか」「今(旬物)しか」のことです。なお、ごちそう館 御食国(みけつくに)を含めてこの付近は、市民憩いの場「洲本市民広場」と「洲本市立図書館」、テナント施設「アルチザンスクエア」を含めて、経済産業省の近代化産業遺産に認定される「洲本市の綿産業関連遺産」の一つとなっています。また、美しい街づくりに寄与したとして、兵庫県からも「さわやか街づくり賞」を受賞しています。その風情ある建物郡は大正ロマンを漂わせます。また、最近では堀井雄二さんの出身地ということで、ドラゴンクエスト30周年記念碑の銅像が建立されました。ドラクエファンの間では聖地として、パワースポットとして注目されています。

関連記事