奇跡の星の植物館 ウォーターガーデンショー2018 淡路夢舞台

投稿記事上

6月11日(月)から7月9日(月)まで、淡路島北東部の淡路夢舞台にある奇跡の星の植物館で「ウォーターガーデンショー2018」が開催されます。日本最大級となる1000平方メートルを誇るダイナミックな温室空間に、ガーデンウェディングにマッチした美しいウォーターガーデンが登場します。

ウェディングホワイトガーデンショーとして、100種類を超える約10000株のホワイトフラワーが白く染め上げて、白い花が華麗で最高の空間演出を施します。アジサイ、ユリ、カラーなど贅沢にあしらわれています。白い花々が清らかなブーケのように見えます。ユリなどの花の甘い香りがほのかに空間を漂っています。

水辺には、熱帯スイレン、蓮、サラセニアなど美しい水生植物が飾られた水景は涼しげさを演出します。薄い紫、薄い青の小花たちがアクセントになって、純白の美しさを一層際立たせています。ユニークな工夫を凝らした噴水も登場します。心地よい水音が空間を静寂を際立たせます。

水の静けさ、豊かさ、涼しさが心身ともに癒します。花の形やテクスチャー、水の音色やテンポなど自然の素晴らしさを五感で楽しめます。華やかデザインとともにユニークなアイデアあふれる美しいウェディングスペースは、水と光が共生したロマンチックな洋の水の庭といえるでしょう。

和の水の庭として、日本独特の鹿おどし、水琴窟、ハス池、涌水、水路、滝など江戸の町屋をイメージした和の水の庭で、ハナショウブの古典園芸的な飾り方を伝えます。食虫植物展として、子供が大好きな食虫植物(ウツボカズラ、サラセニア、ハエトリソウ、ムシトリスミレなど)が勢揃いします。エキゾチックガーデンとして、葉の形や色、質感が多様で、観賞価値が高いパイナップル科の植物が展示されます。

なお、七夕の日となる7月7日(土)は、「浴衣で七夕祭り」が開催されます。友達やカップル、親子など2人1組の浴衣の入場者を対象にして、入館料の半額サービスが実施されます。

ウォーターガーデンショー2018の詳細情報

  • 開催期間:6月11日(月)~7月9日(月)
  • 開館時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
  • 開催場所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4
  • 電話番号:0799-74-1200
  • 入館料:大人600円、70歳以上300円、高校生以下無料
  • 入館料
  • HP:奇跡の星の植物館
  • 駐車場:ウェスティンホテル淡路駐車場500円(600台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道の淡路ICから車で5分

ウォーターガーデンショー2018の展示内容

ウェディングホワイトガーデンショー

メインとなるフラワーショースペース(展示室5)では、ガーデンウェディングにマッチした豪華で華麗なホワイトガーデンが登場します。100種類10000株を超えるホワイトフラワーは、様々なスタイルやテクスチャーを組み合わせて、ユニークとアイデアを兼ね備えた白い花が個性にあふれる庭園となります。花と水が共演するホワイトガーデンが見事なウェディング空間を創り上げています。

ミナヅキ、アナベル、カシワバアジサイから、アジサイ、ユリ、カラーなど次々と開花する花々が贅沢にあしらわれています。白い花々が清らかなブーケのように演出します。ユリなどの花の甘い香りがほのかに空間を漂っています。水辺には熱帯スイレン、蓮、サラセニアなど美しい水生植物が飾られてアクセントを加えます。水の音色に、静寂、清涼を感じることができます。

水の静けさ、豊かさ、涼しさが心身ともに癒します。花の形やテクスチャー、水の音色やテンポなど自然の素晴らしさを五感で楽しめます。華やかデザインとともにユニークなアイデアあふれる美しいウェディングスペースは、水と光が共生したロマンチックな洋の水の庭といえるでしょう。

和の水の庭「江戸のハナショウブと和の演出」

花と緑のある暮らしの展示(展示室3)では、世界で最も発展した園芸植物といわれるハナショウブを日本の伝統園芸で演出します。ハナショウブは、それぞれの地域で独特の観賞法により育種をすすめられてきました。今回は、江戸の町屋空間をイメージした、鹿おどし、水琴窟、ハス池、涌水、水路、滝など和の水景と山野草が登場します。オリジナルの竹の水景オブジェにハスなどの水生植物、コケ玉が涼しさを演出します。江戸の和の水の庭に、古典園芸を通じたハナショウブで飾りが加えられます。水の流れ、音、しぶきなど五感に浸透させると、水の静けさ、水の豊かさ、水の涼しさで癒さることでしょう。

食虫植物展「巨大食虫植物と極小食虫植物」

トロピカルガーデン(展示室2)では、 6月23日(土)から8月31日(金)(予定)まで、巨大食虫植物と極小食虫植物が大集合します。子供たちが大好きな食虫植物が勢揃いします。子供たちが観察を楽しめるようなユニークな展示となります。20センチから30センチものウツボカズラや巨大で美しいサラセニアなど大型から、ハエトリソウやムシトリスミレ、ミミカキグサなど小型までダイナミックなディスプレイでワクワクするようなフロアとなります。

インテリアグリーンとしてオシャレな展示と自然感に満ち溢れるビオトーブを楽しむことができます。この他、フクシアハウスも登場します。フクシアでクールに飾った空中庭園です。ハンギングや壁面、柱状とリズミカルなコーディネートのマジックを楽しむことができます。

エキゾチックガーデン「パイナップル科の植物展」

癒しの庭(展示室4)では、多彩な葉を持つパイナップルの仲間を展示します。ジャイアントフリーシア、エクメア、クリブタンサス、ネオゲリアなどパイナップル科の植物で創られる素敵なインテリアグリーンと庭になります。壁泉が涼しさを演出します。パイナップル科の植物、葉っぱの形、葉っぱの色、葉っぱの質感が異なる種類がたくさんあります。

乾燥や温度などの自然環境に適応するために、土地ごとに様々な進化を遂げてきました。鉤歯状に突起が発達したもの、全く突起がないもの、釣針に利用される硬いもの、広線形に広がったもの、線形に狭まったもの、表面の吸収鱗毛が多いもの少ないもの、白いロウ物質の多いもの少ないもの、色や斑紋のあるものまで多種多様です。葉だけでも観賞価値が高い見ごたえある植物です。

ウォーターガーデンショー2018のアクセス

自動車の場合

  • 住所:〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • 電話:0799-72-2000

神戸方面から

神戸方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門道淡路ICから車で約5分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

徳島方面から

徳島方面からお越しの場合、神戸淡路鳴門道東浦ICから車で約10分で到着します。最寄り駐車場はウェスティン淡路の地下となり、料金は500円(普通車600台)です。

高速バスの場合

JR三宮駅から

JR三宮駅から高速バスを利用する場合、徒歩1分でミント神戸1階の三宮バスターミナルに到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 神戸三宮駅ー淡路夢舞台前(所要時間50分、乗車料金930円)

JR舞子駅から

JR舞子駅から高速バスを利用する場合、徒歩3分で神戸淡路鳴門道の高速舞子駅に到着します。本四海峡バスの高速バス 大磯号(神戸ー淡路島)に乗車します。約45分で最寄り駅の淡路夢舞台前バス停留所に到着します。

  • 高速舞子駅ー淡路夢舞台前(所要時間20分、乗車料金510円)

高速船の場合

高速船は、本州の明石港と淡路島の岩屋港を結んでいます。明石港は、JR明石駅から徒歩10分で到着します。なお、岩屋港から徒歩1分で路線バス岩屋に到着します。岩屋から淡路交通の路線バスで淡路夢舞台前に約7分で到着します。

淡路ジェノバライン

  • JR明石駅ー明石港(徒歩10分)
  • 明石港ー岩屋港(所要時間13分500円)
  • 岩屋ー淡路夢舞台前(所要時間10分260円)

奇跡の星の植物館の概要

奇跡の星の植物館は、自然の素晴らしさ、美しさ、巧妙さを五感で体感する「五感軸」と21世紀型の花・緑と共生する生活空間、都市の緑化を提案する「共生軸」という2つが大きなテーマとして構成された植物園です。「感動創造」をコンセプトに「共生文化ゾーン」と「花と緑の暮らしゾーン」で構成されており、植物の形、色、香にスポットを当て、ユニークなディスプレイで、植物の素晴らしさを五感に訴える展示を行っています。それぞれに明確なテーマとメッセージを持っています。芸術と緑花を融合させた新しいタイプの展示空間といえるでしょう。これにより、古来から先人たちが創りあげた庭園文化や伝統的ライフスタイルを継承して、21世紀の地球環境を身近な空間(ガーデン)を通じて創造する「参加型社会作り運動」=「ガーデンルネサンス」を推進しています。

建物は、面積約6700m2、高さ17m、幅24m、長さ100mの巨大な直方体がクロスした形状となっており、植物館としては日本最大級の規模の吹き抜けの空間となっています。乾燥地の多肉植物、熱帯性の植物、温帯性の植物、高山植物など、約3000種3万株の多様な植物が展示されています。段状に配置された各展示室の高低差は最大10mとなっており、上部と下部で5度の温度差を生む構造となっており、温室上部に熱帯植物、温室下部に温帯植物、地下空間に遮光で育つシダ類などを展示しています。天井が非常に高い空間を活かして、様々なハンギング型のディスプレイも提案しています。

淡路夢舞台の概要

淡路夢舞台は、淡路島北東部の「国営明石海峡公園」に隣接する海を望む高台にあり、安藤忠雄が設計した複合文化リゾート施設です。リゾート&コンファレンスを基本コンセプトとして、緑の森に包まれた「国際会議場」、ゆとりとくつろぎを提供する「ウェスティンホテル淡路」、「奇跡の星の植物館」と名付けられた温室植物園、オープンエアでコンサートやパフォーマンスを楽しめる「野外劇場」、自然を身近に感じる空間でグルメが楽しめる「レストランやショップ」などの施設が点在しています。そして、それら施設を百段苑や花木林苑、海回廊や山回廊、貝の浜に芝生広場など複数の庭園や遊歩道やデッキなどで連結して、全体が回遊できる構造となっています。2000年に開催された国際園芸・造園博「淡路花博ジャパンフローラ2000」の会場になりました。​