フィールドワーク「発酵から学ぶ自然な暮らし」淡路ネイチャーラボ&リゾート

自然・体験

フィールドワーク「発酵から学ぶ自然な暮らし」が開催されます。淡路島にある淡路ネイチャーラボ&リゾートで、発酵醸造料理人の伏木暢顕氏による日常に発酵を取り入れる講座となります。

自然循環型の農場で、日本の伝統的な発酵物の神秘性と可能性、人間と植物と微生物の共生を学びます。採れたて農産物を伏木氏の伝統的製法調味料で味わいます。自然と発酵を五感で楽しめます。

フィールドワーク「発酵から学ぶ自然な暮らし」の開催日時は、2021年10月2日(土)の14時から16時までです。開催場所は淡路ネイチャーラボ&リゾートです。参加料金は無料です。

フィールドワーク「発酵から学ぶ自然な暮らし」淡路ネイチャーラボ&リゾート

フィールドワーク「発酵から学ぶ自然な暮らし」

2021年10月2日(土)の14時から16時まで、兵庫県淡路市にある淡路ネイチャーラボ&リゾートで、フィールドワーク「発酵から学ぶ自然な暮らし」が開催されます。参加料金は無料です。

「発酵」をテーマに自然循環を体感するフィールドワークです。自然と発酵を五感で楽しめます。

日本人と微生物は、古来より深い関係で共生してきました。味噌・醤油・米酢・みりん・日本酒などは発酵調味料として親しまれ、自然の恵みから生まれる日本の伝統的食文化でもあります。

自然循環型の農場で、日本の伝統的な発酵物の神秘性と可能性、人間と植物と微生物の共生、発酵と腐敗の違い、麹と菌の働きを学びます。自発酵の過程を通じた自然循環の流れを学びます。

農園で収穫したとれたて野菜を伏木氏自身が伝統製法で作った発酵調味料(味噌、醤油)で味わう試食会も開催いたします。自然循環型農場やコンポストの取り組みの案内もあります。

日々の生活に「発酵」を取り入れて、自然と共生して、心身の健康と豊かな暮らしを体感します。

フィールドワークの講師は、「発酵食」や「麹」で人気の立役者の一人で、発酵醸造料理人として国内・海外様々な場所やメディアで活躍しながら、地方創生の仕事に積極的に取り組む伏木暢顕氏です。

イタリアン、和食など料理の道を極めること20年、食材を全く別のものにかえてしまう、不思議な麹の力に惚れ込み、独学で麹を学びました。豊富な知識と面白くて解りやすい解説が人気です。

「発酵王子」として親しまれ、全国各地で人と文化と発酵を通じた地域活性化、蔵の存続に注力しています。著書は計14冊で累計50万部超えです。日本全国で一次産業・二次産業を応援しています。

「麹」がもつ魅力や可能性をはじめ、日々の生活に取り入れられる「発酵食」について、豊富な知識をベースとして、自然を体感しながら、わかりやすく解説します。

スケジュール

  • 14:00~14:10 セミナー開始(淡路ネイチャーラボの案内、フィールドワークの説明)
  • 14:10~15:10 座学(発酵から学ぶ自然な暮らし)
  • 15:10~15:30 お知らせ(フィールドワークやイベントの案内
  • 15:30~16:00 フィールドワーク

基本・詳細情報

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました