弁天まつり 淡路島厳島神社 兵庫県洲本市(11/21~23)

洲本市の最新イベント情報

厳島神社は淡路島の洲本市の中央に鎮座する通称「弁天さん」の名で親しまれている神社です。11月21日から23日までの3日間行われる秋の例大祭は、通称「弁天まつり」として知られています。厳島神社から堀端筋にかけて洲本市の一番賑わう場所が約200mに渡って歩行者天国となり、露店も約100店が立ち並びます。島内外から毎年5万人超の人々が福を授かろうと島内外から訪れる島内随一の祭典です。また、弁天まつり最終日の23日には、白装束となった100人超の奉仕隊が白布に包まれた御神体を担いで、背中をぶつけ合いながら「チョーサジャ」と声を出して練り歩く「御神幸(ごしんこう)」があります。弁天まつりのメインイベントです。古くから続く、神様が年に一度だけ、街に見回りに出て家内安全や商売繁盛などの福を授けるという伝統行事です。日本の奇祭の一つにあげられています。

秋の例大祭(弁天まつり)の詳細情報

  • 開催場所:厳島神社
  • 開催期間:毎年11月21日~23日
  • 開催住所:〒656-0025 兵庫県洲本市本町4-1-27
  • 電話番号:0799-22-0049

秋の例大祭(弁天まつり)の祭典・行事予定

11月21日(火)宵祭

  • 10:00祭典
  • 10:00方円流 呈茶
  • 12:30献茶
  • 18:00尺八・琴奉納
  • 19:00詩吟・詩舞・舞踊奉納
    ※福餅まき随時(引換券が必要です)

11月22日(水)本祭

  • 10:00祭典
  • 13:00生間流式包丁之儀
  • 15:00稲基神社祭・お登勢祭
  • 18:00カラオケ 歌謡ショー
    ※福餅まき随時(引換券が必要です)

11月23日(木・祝)残り福・御神幸

  • 10:00祭典(御神幸・七福神行列:厳島神社青年奉賛会)
  • 13:00頃出発
  • 17:30頃還御
  • 16:00和太鼓奉納
  • 18:30大正琴奉納・葵連踊奉納
    ※景品付大もちまき(夜)

淡路島洲本市の厳島神社とは

厳島神社は淡路島の洲本市の中央に鎮座する通称「弁天さん」と島民に親しまれている神社です。御祭神は「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」です。もともと水・海の神様ですが、子の神様が弁財天と習合(もとは別々の神様が、一つの信仰対象として再構成されること)していたことから、「淡路島弁財天」として地元では「弁天さん」と呼ばれています。また、御祭神が水・海の神様であることから、航海と積荷の安全を守る燈台の役目を果たす商売繁盛、智恵開運、伎芸上達に御神徳の高い神様として尊ばれてきました。その後、海→うみ→生→産→むすびと言葉が転じて「縁結び」や「学業成就」や「安産」の神様としても有名となり、現在では「招福の神」として「弁天さん」となっています。

淡路島伝説の屋台 池田商店「池田のピンス焼き」

お祭りや初詣などで出店される屋台ですが、淡路島の島民の誰もが知っているほど超有名で、島民の誰もが一度は食べたいと思うほど超人気で、もはや伝説と化した屋台といえば「池田商店さんのピンス焼き」です。通称「池田のピンス焼き」です。「ピンス焼き」とは、俗に言うと「ベビーカステラ」っぽいものといえばわかりやすいかもしれません。ただ、決定的な違いは表面だけ焼いて中身は半熟の状態で提供されるところです。ベビーカステラをただ半熟にしただけとはわけが違うのかもしれません。昔から池田人気にあやかって他店も中身を半熟にして追随しますが、池田のピンス焼きだけが半熟の状態で独特の風味と甘みを持ち、誰もが癖になる味となることから毎回毎回長蛇の列は変わらず今も昔も不動のトップです。もし、初詣で列の人数が少なければ迷わず並ぶそんな出店です。

関連記事