鱧(はも)料理「IKOI japanese Cuisine」

ジャンル

IKOI japanese Cuisineの鱧料理のメニューは「鱧(ハモ)フルコース」がおすすめです。淡路特産の「淡路島のベッピン鱧」の全8品のフルコースとなります。6月から11月までの期間限定です。

全8品のフルコースは、前菜、お造り、椀物、鱧寿司、揚げ物、鍋、雑炊、デザートです。コース料理は月替わりです。旬の味覚として「ベッピン料理」が食べられます。

「ベッピン鱧・黄金鱧」は淡路島のブランド食材です。安土桃山時代から大坂に積み出されていた逸品です。古来より、京都の祇園祭、大阪の天神祭には、欠かせない魚として重宝されてきました。

淡路島の鱧は、頭が小さく胴が太いことが特徴です。スタイルが美しい理由から「べっぴん」と呼ばれています。はも延縄の漁法で、一匹一匹丁寧に釣り上げられることから傷つきません。

淡路島で収穫された鱧は、金色の美しい魚体を保ち「べっぴん鱧」や「黄金鱧」と呼ばれています。

鱧料理のメニュー

  • 鱧(ハモ)フルコース:8,250円

淡路島で鱧料理のおすすめ店は「淡路島 鱧(はも)料理おすすめ9選」の記事をご参照ください。

なお、IKOI japanese Cuisine(いこい ジャパニーズ キュイジーヌ)は、日本料理店です。淡路島北西部で親子2代で営んだ定食屋「いこい」を、3代目が和食レストランとしてリニューアルしました。

カリフォルニアの和食レストランでシェフとして腕をふるい地元の淡路島にオープンしました。建物は、白壁でシックな2階建てです。店内は、和洋折衷の和風モダンです。座席は全部で36席です。

料理は、淡路島の旬の食材を使用した新感覚の日本料理です。日本伝統の懐石料理と和洋折衷を取り入れたモダンジャパニーズな懐石風の和食です。落ち着いた雰囲気で目も舌も楽しませてくれます。

淡路ビーフ、ベッピン鱧、淡路島3年とらふぐなどの食材が、京焼、信楽焼、備前焼、伊万里焼などの名作陶磁器で登場します。歴史に名立たる名品とモダンな和食が融合した会席料理となります。

IKOI japanese Cuisineの基本情報は以下のとおりです。

  • 住所:〒656-1602 兵庫県淡路市育波569-3
  • 電話 :0799-75-2222(要予約)
  • 公式ホームページ:https://www.ikoi-sugamura.com/
  • 営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00
  • 定休日:不定休
  • 座席数:36席(カウンター席、テーブル席、半個室席)
  • 駐車場:10台
  • 駐車料金:無料
  • アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 北淡ICから車で3分

SNSは以下のとおりです。

この記事をお届けした
アワタビの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
淡路島観光アワタビ
タイトルとURLをコピーしました