スポンサーリンク

カモミールが見頃 パルシェ香りの館で摘み取り体験

淡路島でカモミールが見頃です。パルシェ香りの館で、約5000株のカモミールが満開となっています。敷地面積1250平方メートルの大農園で、カモミールのリンゴのような甘い香りが漂っています。パルシェ香りの館では、カモミールの満開となる時期に合わせて摘み取り体験を開催しています。開催期間は、4月28日(土)から5月31日(木)までとなります。参加料100円で1人小袋1杯まで摘み取り体験を楽しめます。摘み取ったお花は持ち帰ることもできます。

カモミールは、コギクに似た可愛い花を咲かせて、リンゴのような甘い香りがする花です。最近では、ハーブティーやハーブバスなどに使用されて人気となっています。アレルギーの方や妊婦の方は使用に注意が必要ですが、リラックス効果や炎症抑止効果などで注目されています。

パルシェ香りの館で咲くカモミールは、ジャーマンカモミールと呼ばれる品種で一年草のハーブとなります。和名ではカミツレと呼ばれています。ヨーロッパ原産で世界の様々な地方で栽培されており、温暖な地域では野生でも育ちます。草丈は細長くて柔らかく60センチくらいになります。

春から夏にかけて、成熟するにつれて黄色の中心部が盛り上がり、白い花が反り返った形に広がり、直径3センチほどの花を咲かせます。中央の黄色の部分は甘酸っぱいフルーティーな香りがします。リンゴに似た特有の香りを漂わせます。

この他、パルシェ香りの館では、香りの体験メニューがたくさんあります。天然のエッセンシャルオイルから好きな香りを選んで作るオリジナル香水作り、天然素材とハーブを使って作る石けん作り、色とりどりの砂や好きなガラス小物で作るオリジナルキャンドル作り、鑑賞用として特殊なオイルで植物を閉じ込めるハーバリウム作りなど、香りを活かした美容と健康に良いメニューが用意されています。

カモミールが見頃の基本情報

パルシェ香りの館 淡路島淡路市の香のテーマパーク
パルシェ香りの館は、淡路島淡路市にある「香のテーマパーク」です。淡路島北中部の瀬戸内海が一望できる高台にあります。パルシェ香りの館では、花畑で花を楽しみ、体験で香を楽しみ、温泉で湯を楽しみ、カフェレストランで食を楽しめます。線香の生産量が全...
  • 開催期間:4月28日(土)~5月31日(木)
  • 開催場所:パルシェ香りの館 大農園
  • 体験料金:100円
  • 本数制限:1人小袋1杯まで
  • 開催住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話番号:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの湯)
  • 営業時間:9:00~17:00(受付終了16:00)
  • 入館料:無料(香りの湯:大人700円、小人400円)
  • 休館日:1月、5月、8月以外の第1火曜日(祝日は営業)
  • ベビーカー貸出し:無
  • 車椅子の貸出し:有(無料)
  • 弁当の持込み:不可
  • ペットの入園:不可
  • 駐車場:無料(普通車約200台)
  • アクセス:神戸淡路鳴門道津名一宮ICから車で約15分、北淡ICから車で約15分

カモミール約5000株が見頃

パルシェ香りの館にある大農園でジャーマンカモミール約5000株が見頃です。コギクに似た愛らしい花が咲きます。中央の黄色い部分は甘酸っぱい香りがします。ヨーロッパではリンゴのような甘い香りがすることから「大地のリンゴ」とも呼ばれています。

ハーブティーやハーブバスにしても楽むことできます。一般的にカモミールまたは和名のカミツレといえば一年草のジャーマンカモミールのことを指します。よく似た一回り大きめの花とカーペット状に広がる葉をもつ多年草をローマンカモミールといいます。

ジャーマンカモミール名前の由来

古代ギリシャ人が「カマイメロン」(大地のリンゴ)と呼んだことから、英語名「カモマイル」となっています。スペイン語名も「マンサニージャ」(リンゴのようなもの)となっています。ヨーロッパでの呼び名の大半が「大地のリンゴ」に由来しています。

ジャーマンカモミールの花言葉

花言葉は「逆境に耐える力」「苦難に立ち向かう力」「ピンチで生まれる力」などがあり、カモミールが地面を這うように生えて、踏みつけられる丈夫に育つことに由来しています。中世ヨーロッパでは、カモミールは謙虚さと忍耐の象徴とされていました。

ジャーマンカモミールの歴史

ジャーマンカモミールは、4000年以上前の古代バビロニアで薬草として用いられていたといわれています。古代エジプトでローマンカモミールを太陽神への捧げ物として、最高の薬草・最高のハーブとたたえられていました。古代ギリシャでは、ローマンカモミールを熱病や婦人病の治療薬として使われていました。

婦人病の治療薬として広く使われていたことからヨーロッパで「母の薬草(マザーハーブ)」と呼ばれていました。このように、ヨーロッパでは最も歴史が古い民間薬とされています。日本には1900年台初頭にオランダから渡来して、鳥取県や岡山県などで盛んに栽培されました。現在では、ハーブティーやハーブバスなどにも使用されます。ただ、キク科アレルギーの方や妊婦の方は使用を避ける必要があります。

ジャーマンカモミールの効能

ジャーマンカモミールのハーブティは、ヨーロッパではカモミールティーと呼ばれるほど有名で、ピーターラビットでお母さんウサギが良く入れているお茶がカモミールティーです。カモミールは、ポリフェノールのうちアピゲニンが含まれています。カモミールティーの効能として、神経を鎮める鎮静効果、心身を安らげるリラックス効果があります。

カモミールは、消化を助けるマトリシンなどが含まれています。カモミールティーの効能として、胃炎の炎症を鎮める効果、胃腸の粘膜を修復・強化する効果があります。カモミールは、炎症を抑えるルテオリンなどが含まれています。カモミールティーの効能として、アトピーなどの皮膚疾患や花粉症などのアレルギーの緩和に効果があります。

カモミールティーの作り方

カモミールティーの作り方は、日が当たって開花した状態(日が当たらないと花は閉じたままです)の花を摘み取ります。摘み取ったカモミールを1週間程度干して乾かします。乾燥させたカモミールは早めに使用します。

ティーカップ1杯に対して、カモミールの花5輪から8輪程度を目安に入れます。熱湯を注いで5分程度蒸らします。牛乳やハチミツなどをトッピングに加えても楽しめます。カモミールティーは1日2~3杯程度が適量です。また、キク科アレルギーの方や妊婦の方は使用を避ける必要があります。

その他の花の見頃情報

フクシア 約25品種

パルシェ香りの館にある大温室でフクシアが見頃です。和名は釣浮草と呼ばれています。25品種のフクシアを楽しむことができます。「女王の耳飾り」の異名を持っています。イヤリングのように垂れ下がった形が特徴です。天井から約50鉢がつり下げられています。鮮やかな赤や紫、ピンクの淡い色合いの愛らしい花を咲かせます。4月~6月は特に見頃です。

ストレプトカーパス 多年草で年中開花

パルシェ香りの館にある大温室でストレプトカーパスが見頃です。毎年花を咲かせる多年草で、紫色のかれんな花を咲かせます。釣り鉢からあふれんばかりに咲き誇っています。

カモミールが見頃のアクセス

カモミールが見頃となっているパルシェ香りの館へのアクセスは、自動車のみとなります。神戸方面からお越しの場合と徳島方面からお越しの場合で、高速道路の最寄りとなるインターチェンジが異なります。

  • 住所:〒656-1501 兵庫県淡路市尾崎3025-1
  • 電話:0799-85-1162(香りの館)、0799-85-1126(香りの湯)

神戸方面からお越しの場合

神戸方面からお越しの場合は、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道で北淡インターチェンジから下ります。車で約15分でパルシェ香りの館に到着します。駐車場は無料で普通車約200台が駐車可能です。

徳島方面からお越しの場合

徳島方面からお越しの場合は、高速道路の神戸淡路鳴門自動車道で津名一宮インターチェンジから下ります。車で約15分でパルシェ香りの館に到着します。駐車場は無料で普通車約200台が駐車可能です。

パルシェ香りの館の概要

パルシェ香りの館は、淡路島の淡路市の山間にある香りのテーマパークです。アロマキャンドル作り、石けん、フラワーアレジメント、香水、ハーバリウム、エッセンシャルオイルの抽出など香りの体験が楽しめます。大農園では、四季折々の花々が咲き誇ります。摘み取り体験が開催されます。

パルシェ香りの館 淡路島淡路市の香のテーマパーク
パルシェ香りの館は、淡路島淡路市にある「香のテーマパーク」です。淡路島北中部の瀬戸内海が一望できる高台にあります。パルシェ香りの館では、花畑で花を楽しみ、体験で香を楽しみ、温泉で湯を楽しみ、カフェレストランで食を楽しめます。線香の生産量が全...

香りの湯では、露天風呂にラベンダー、ローズマリーなどのハーブを浮かべて香りの温泉を楽しめます。この他、カフェレストランやお土産店、産直所があります。ラベンダーソフトクリームが人気です。

パルシェ香りの館
スポンサーリンク
記事をシェアする
あわじしま観光ナビをフォローする
あわじしま観光ナビ
error:Content is protected !!